藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 04日

アンサンブル・ウィーン=ベルリン

現在頭の中はジャズなのだが、前々から予定していたコンサートに行ってきた。2年前も鑑賞したアンサンブル・ウィーン=ベルリンのメンバーによる各楽器の協奏曲の演奏会である。少し説明が要るかもしれない。このアンサンブルは世界最高の交響楽団である、ベルリンフィルとウィーンフィルの首席奏者によって結成されたもの。初代はシュルツ(fl)、シェレンベルガー(ob)、ライスター(cl)、トルコヴィッチ(fg)、ヘーグナー(hr)という伝説の巨人たち。しかし現在の若手のソリスト達も同じく世界の頂点に立つ顔ぶれだ。
一曲目はファゴット、リヒャルト・ガラー。ウェイバーのコンチェルトを演奏。この楽器の表現力を遥かに超えたステージに、早くも一曲目から場内にため息が漏れるほど。
2曲目はクラリネットのアンドレアス・オッテンザマーによるシュターミッツのコンチェルト。ヴィブラートを一切掛けないクラリネットの音が、まるで天上の音楽のように会場に響く。音色の本質はヴィブラートにはあらず。
3曲目はオーボエのジョナサン・ケリーによるR・シュトラウスのオーボエ協奏曲。打って変わって何と美しいヴィブラートを伴った音だろう。天使が歌っているような錯覚さえ覚える。前言を翻すようだが、このヴィブラートは既に音の中に溶け切っている。
4曲目は僕にとってのハイライト。フルートのカール=ハインツ・シュッツによる前々から聴きたかったニールセンのフルート協奏曲。2年ぶりに聴いた彼の先鋭的な音は色あせないどころか、年齢と共に深みを増していた。フルートがかくも幅広いダイナミクスを所持するとは驚愕である。
最後の5曲目は唯一の金管楽器ホルンによるR・シュトラウスの協奏曲。超絶的技巧を用いながら、あくまでも高い音楽性を感じさせる実に暖かい旋律の歌い方であった。
世界のトップレベルで活躍する管楽器奏者を生で聴くことができたことは当たり前だが実に有意義であった。5種類の楽器に共通したことは、広いダイナミクスと気品のある音色。これは何もクラシックの世界だけに言えることではない。色合いは異なっていようが、ジャズのサキソフォンの音色にも気品は必要である。これは繊細な吹奏をするという表面的なことでは断じてなく、ブルースを感じていれば自ずとそうせねばならぬ音楽的普遍性の問題であろう。
お陰でまた頭の中がリセット(この言葉はこういう場合に使用するものだ)できた。明日からまた理想の音に向かって進んで行こう。
b0094826_00330018.jpg


# by sunrisek6 | 2017-10-04 00:33 | 文化芸術
2017年 10月 03日

このところの雑感

9月はニューヨークから帰国してすぐに西日本ツアー。その時には身体の内部や頭の中での変化に気付きませんでした。しかしその後、徐々に新たなイメージが自然と浮かび上がりました。
具体的に説明することは困難ですが、まずサキソフォンに関して。楽器は天井から見えない糸で吊り下げられている感覚。ストラップにぶら下がっているのではありません。楽器は中空に浮遊している感覚。この時点でストラップなど何を使おうが同じ。
即興演奏はこれまでよりも心に浮かぶメロディーを聴く。歌と理論の比率を変え、できれば階名さえ使わず、直接音を指に伝える。リズムは回転する軸の上で、自由にテンポを変える。
このところの6連戦での星は、3勝2敗1分けの成績でした。今後も勝ち越しを目指して行きます。
写真は新宿サムデイ(この日は敗北)と栗原市で行われた「ミュージックコラボ2017」のコンサート前に、生徒のクリニックです。
b0094826_14024959.jpg
b0094826_14031140.jpg
b0094826_14040388.jpg


# by sunrisek6 | 2017-10-03 14:04 | ライブ
2017年 09月 12日

【七日目 最終日 博多・ニューコンボ】

ツアーもいよいよ最終日。大変に良くしていただいた国貞さんご一家と名残を惜しみつつ、防府駅から山陽本線で新山口駅、新幹線で九州に入り終点の博多駅で下車。僕の生まれ故郷です。しかも今日の会場「ニュー・コンボ」は僕の生まれた家から徒歩5分も掛からないところにあります。中学高校時代は先代の「コンボ」で日曜日など半日もコーヒー一杯でジャズのレコードを聴き続けた記憶が鮮明です。
 中学の友達、高校の同級生や先輩方も多く駆けつけてくれました。そして演奏もツアー最後の夜にふさわしいものとなりました。今晩は特別にお客さんも交えて、この場所で打ち上げ。非常に良い条件で演奏させて頂いたマスターの有田幹治さんが調理するもつ鍋を頂きながら別れを惜しみます。
 広瀬潤次の病状が気になるところですが、僕のバンドは今回も成功裏に終了しました。しかし年々疲れは出ます。練習も大事だけど、健康にも気をつけねばなりません。
 このツアーでお世話になった多くの方々のお顔を思い出すと、僕は非常に助けられて存在していることを今更ながら痛感します。そのお気持ちにお答えするには、今後も前を見て努力することだと考えています。皆様、ありがとうございました。
b0094826_13121223.jpg


# by sunrisek6 | 2017-09-12 13:10 | ライブ
2017年 09月 11日

【六日目 防府市・オーパス】

山口県防府市には「ジャズ屋」という多くの人々から愛されたライブハウスがありました。ここを経営されていたのが国貞さんご夫妻です。今はこのお店がないのですが、オーパスという会場を借りてライブを開催してくださいました。国貞さんの人望は厚く、会場は満席で補助席を出したほどです。これで演奏のモチベーションが上がらない訳はありません。椎名豊(p)、本川悠平(b)、藤山英一郎(ds)みんなが個性豊かに自分の音楽を展開しつつ音楽的な会話を成立させていました。
ここで今回のツアーのラインナップをご紹介します。

1st セット
I Remember You
Summer Time
Giant Steps
Naima
Ezz-Thetics

2nd セット
Blue Montreux ( Mike Mainieri )
Goin' Out To Sea ( Hideo Oyama )
Speak Low
The Midnight Sun Will Never Set
Work Song

b0094826_13095664.jpg
b0094826_13095825.jpg



# by sunrisek6 | 2017-09-11 13:08 | ライブ
2017年 09月 10日

【五日目 尾道テアトロセルネ・大ホール】

 今日はニュースイングドルフィンズのリサイタル。リーダーの宮澤さんはホールでのリサイタルを続けておられます。この日は3部構成で、僕のカルテットはその全てに出演します。全曲ではないものの、拘束時間はリハーサルを含めて8時間の長丁場。
 1部は福山市中学高等学校とNica's Dreamを共演。特にトロンボーンのロングソロを見事に吹き切った女子生徒に驚きます。2部は僕らのカルテットで三曲ほど演奏。そして3部のメインステージはドルフィンズの登場。このバンドは年々その水準を上げ続けており、今や備後地区を代表するバンドといっても過言ではないでしょう。継続は最も大きな力なのです。共演したYa Gotta Try Harderも藤山英一郎の奮闘などで上手くいきました。
b0094826_13073453.jpg
b0094826_13073292.jpg
b0094826_13073094.jpg
b0094826_13072860.jpg
b0094826_13072552.jpg


# by sunrisek6 | 2017-09-10 13:05 | コンサート
2017年 09月 09日

【四日目 尾道・ジョンバーガー】

福山市から更に東へ車で一時間ほどの観光名所でもある尾道市。志賀直哉の「暗夜行路」や小津安二郎の「東京物語」など、数々の名作の舞台にもなった場所です。ここのライブハウスは非常にデッド(響きがない)音響で、サックス吹きには最も過酷な環境です。致し方なく、マイクロフォンを使用して少しリバーブをかけざるを得ません。しかし響きがない自分のモチベーションは上がらないものの、丁寧に吹くことでお客様も楽しんで頂けたようです。
 昨夜と今日、二日連続で来てくれた友人のヴォーカリスト梅世津子さんにもステージに上がってもらい久々に共演できました。
b0094826_13040637.jpg
b0094826_13041046.jpg


# by sunrisek6 | 2017-09-09 13:02 | ライブ
2017年 09月 08日

【三日目 福山ニューキャッスルホテル・セラヴィ】

年ごとにお客様が増えていくセラヴィでの演奏も15回目ぐらいになったでしょうか。集客の労を中心になって取っていただいた宮澤さんに感謝です。いつものように大きなアンコールの拍手も湧き、やはり自分の音楽を優先させてるとは言え、正直安心します。
 終了後に観客の皆さんと打ち上げ。そして福山市のジャズミュージシャンのホームグラウンド「Live Spot Duo」へ行き、地元のミュージシャンも交えてジャムセッションです。
b0094826_13013523.jpg
b0094826_13014108.jpg
b0094826_13014414.jpg


# by sunrisek6 | 2017-09-08 13:00 | ライブ
2017年 09月 07日

【二日目 リハーサルとクリニック】

 高槻市から新大阪、新幹線に乗り継いで第二の故郷のような福山市に到着。ここでは前述のドラマー佐藤政徳が宿泊所を提供してくれます。彼の自宅は木造3階建てで部屋数が多く、カルテット一人一人が個室を使えます。夜はキッチンでパーティー、まるで合宿所のような風情です。東京ではミュージシャンが集まってゆっくり飲むことなどありませんから、ついつい夜更かしで飲み過ぎ。これが唯一困ることですね。
 昼間に到着して、まず福山市立中学高等学校で生徒たちに始動。今回はHorace Silver のNica's Dreamです。いったん佐藤宅に戻り夜は社会人ビッグバンド、New Swing Dolphinsとのリハーサルとクリニック。この日に初見のYa Gotta Try Harder。これは大変です。
 終了後にバンドリーダーであり、20年近くお世話になっている宮澤兌郎氏とお気に入りの台湾料理店へ。氏は多くのビッグバンドが活動する備後地区の会長でもあります。音楽に対する執念とも言える情熱と、ミュージシャンを大切にする姿勢にはいつも敬服しています。 
b0094826_12591527.jpg


# by sunrisek6 | 2017-09-07 12:57 | クリニック・レッスン
2017年 09月 06日

【一日目、高槻JK Rush】

b0094826_12560668.jpg
ニューヨークから帰国後、すぐに西日本ツアーが開始です。今回は直前のツアー二日前にレギュラーのドラム奏者、広瀬潤次から戦線離脱の連絡が入りました。僕のカルテットにとってこれ以上の打撃はないのですが、広瀬潤次本人の不幸は僕に比べられないほど大きなものです。自分のバンドよりも、彼の状態が非常に心配でした。
 とは言え、ツアーはキャンセルできません。最初に福山を中心に活躍する佐藤政徳氏に打診。自分はとてもその技量には至らないと辞退されました。最悪の場合はトリオでの演奏を覚悟しましたが、奇跡が起こりました。同じようにトラブルで9月前半の仕事をキャンセルを余儀なくされたドラマーの藤山英一郎が捕まったのです。演奏ラインナップに少し手を入れて、一時間のリハーサルのみで高槻JK Rush。僕は彼を30年近く前から知っており、僕の中での高い評価は変わるどころか益々進化した彼の演奏を目の当たりにしました。これで何の心配もいりません。後は毎日集中して自分の音楽をやるだけです。
 個人的には昨年よりも良い出来となり、JKの真奈美さん、オーナーの北川潤一郎氏などと旧交を温めました。

# by sunrisek6 | 2017-09-06 12:54 | ライブ
2017年 09月 04日

西日本ツアー

b0094826_12515445.jpg
広瀬潤次(ds)の体調不良による不参加は実に残念で、僕はカルテットの操舵手を失ったようなものです。
しかしながら一種の奇跡が起こりました。藤山英一郎は古くからの知り合いで、彼が東京在住なら是非とも共演したいドラマーの一人です。バイオグラフィーは記事中にあります。
実は彼は先月怪我をして、9月の仕事を大方キャンセルしたところ予想よりも早く完治。僕のカルテットの全日程をドラマーとして引き受けてくれる運びとなりました。日本には数少ないロングリーチの大きなビートをお楽しみください。

# by sunrisek6 | 2017-09-04 12:47 | ライブ