藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 29日

東京都交響楽団定期

高校大学の友人、コントラバス奏者の吉浦勝喜氏の演奏を聴きにサントリーホールへ行きました。
都響の定期公演です。
b0094826_2337189.jpg

このオケは少なくとも日本で3本指に入る名門。
世代交代もあり、若い団員を中心に雰囲気も良いようです。

今日のプロはブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」と、R・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」。
小泉和裕氏の指揮、ヴァイオリン独奏はエリック・シューマン氏。

シューマン氏のヴァイオリン協奏曲は勿論素晴らしい演奏。
しかし、この曲は協奏曲という側面よりも当時交響曲の作曲家として脂の乗り切ったブラームスの作品。
ヴァーチューゾとしての独奏楽器よりも、オーケストレーションを重視しています。
そのせいか、どうしてもソロよりもオケのアンサンブルに多くの魅力を感じました。

しかしアンコールで弾いたパガニーニのカプリスは、シューマン氏の面目躍如たる名演。
いかにオーケストラにヴァイオリン一本で立ち向かうことが困難かが分かりました。

リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」は、ブラームスと打って変わって近代的な大編成による総天然色の響き。
この難曲を素晴らしいアンサンブルで堪能しました。
終わってしまうのが勿体ない至福の時間です。
やはり交響楽団は生でなくちゃ、本当の音は味わえません。
当日券は完売、満員の聴衆を魅了した都響に拍手!

by sunrisek6 | 2009-04-29 23:55 | 文化芸術


<< 九州ツアー中      仙台でのクリニック >>