藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 31日

新宿・サムデイ

マイク・プライス・ジャズオーケストラ。
新宿・サムデイでのライブです。
前回の赤坂・ビーフラットと同じ演目だっただけに、前回よりもこなれてきました。
やはりある程度、同じ曲を多数回演奏することは非常に重要です。
その曲の深い解釈も可能になり、そのことが音楽の本質であるからです。
b0094826_10122629.jpg

初参加のベースの山下弘治が力強いビートを寄与。
山下、上手くなったな~!

僕は超難曲、「PASSION FLOWER」でソロを任されています。
これが中々思うようにはいきません。
そもそもジョニー・ホッジスの、この世のものとは思われないほどの名演の再現なのです。
再現音楽には基本的に敵対する立場を取っていますが、ベイシーやエリントンなどのアンサンブルに関してはこの範囲ではありません。
これはクラシック音楽の、モーツァルトやベートーベンに比肩しうる作品だからです。
だからこの曲は何とか完成させたい。
しかし最近はリードを変えたせいで、ますますホッジスとは別の方向性を持っています。
いや、そのほうが良いかもしれません。
自分なりの方法で、考えてみる良い機会。
それにしても本物は凄まじい演奏です。
皆さんも一度お聴きになっては?

by sunrisek6 | 2009-05-31 10:20 | ライブ


<< 額賀氏、お別れの会      草加・シュガーヒル >>