藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 23日

新宿・サムデイ

高瀬龍一のセクステット。
今回も新宿サムデイでの演奏。
目玉はジャズの帝王と呼ばれるマイルス・デイヴィスの名作「Kind Of Blue」の全曲演奏。
その中の一曲「Blue In Gree 」は高瀬龍一自らカルテットでの演奏。
b0094826_14135491.jpg


彼の音楽に対する思いが伝わってきます。

初顔合わせのテナー・サックス、服部義満君の演奏も好感が持てました。
彼の人柄にもよるのでしょう。
まったく音楽というものは、その人となりで決まるものです。

最近は推定30年前の古いリードを使用しています。
これは金沢へ出向いたときに、同僚の佐藤達哉氏が探してきてくれたもの。
リコの4番ですが、ほぼ3番の硬さです。

充実してきたサムデイの録音設備で聴いてみると、これが悪くありません。
古い、新しいはともかく、リードを硬めにしたことは良い結果をもたらしているようです。

ところで来週の月曜、27日は僕のセクステットで演奏します。
場所は同じく、新宿サムデイ。
ご期待下さい、お運びを待っております!

by sunrisek6 | 2009-07-23 14:21 | ライブ


<< 六本木・サテンドール      ファイナルのリハーサル。 >>