藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 20日

前橋・中島楽器

今回はトランペットのルイス・パジェを連れて行きました。

b0094826_1845489.jpg
彼のトランペット音は素晴らしい。
僕のセクステットにもレギュラーで参加してもらっています。
カドソンを吹かせると、どのような反応になるのか楽しみでした。
b0094826_1862387.jpg


中島社長もルイスの音にはぞっこんです。
中島さんは昔自衛隊音楽隊でトランペッターだったのです。

僕が2階で楽器選定や調整をやっている間、あれこれと楽器のマイナーチェンジをしていたようです。
たとえばピストンのゴムをコルクに変えたり、とかそのようなものです。

b0094826_18115229.jpg

数時間後に仕事が終了して降りて行くと、一本のトランペットがありました。
この楽器をルイスは使ってみるそうです。
彼によると、
「いや~、久々にガツンと来た!」
自分で言うのも何なのですが、僕とルイスの音は同じ傾向にあります。
だからカドソンの良さが分かると思ったのです。
人が楽器を選んでいるのですが、良い楽器は人を選びます。

ところで先々週も僕はここに選定に来ましたが、アルトサックスの20本ほどに満足のできないものがありました。
台湾本社の仕上がりへの多少の不満が原因。
しかしこの間にリペアスタッフは問題を解決します。
また中島さんの、あるアイディアも有効に働きました。
そのような厳重な検品と、いやな顔をせずに僕の意見を信じてくれる会社に大きな信頼を感じています。

最後は二人のトランペッターの幸せそうな顔を貼っておきましょう。
b0094826_18175160.jpg


by sunrisek6 | 2009-08-20 18:24 | 楽器


<< 上野・壺屋      定期演奏会の打ち上げ >>