藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 14日

新宿・サムデイ

サムデイのマスター、森氏から
「このバンドは、少なくとも2カ月に一度はやりたい!」
と言われて気を良くしております。
マスターに気に入られることは、演奏者にとって非常に嬉しいことなのです。

b0094826_1157515.jpg


今夜も6人の音楽は、自然な形で実を結びました。
トランペットのルイスは、丸みのある、それでいて迫力のハイノートを軽々と炸裂させます。
トロンボーンの片岡雄三は、その即興演奏の旋律を研究し進化していることがわかります。

b0094826_1212720.jpg


今日は代役だった、ピアノの今泉正明。
実は去年に、このバンドでの山形県鶴岡市でのコンサートに参加してくれました。
とは言え、今夜は殆どが初見。
しかし、さすがな演奏でソロにサポートに大活躍です。

ベースの高瀬裕は、いつもよりスピードのあるビートの位置に切り替えてきました。
このようなトライと研究が、結果的に前に進む結果を呼ぶことでしょう。

b0094826_1271817.jpg
ドラムは広瀬潤次。
このスタイルでの勝負は、誰も敵わないのではないでしょうか。
始まりから終わりまで、その集中力は途切れることがありません。




フレディー・ハバードの「CRISIS」と、僕の作品「TOP END」のニューアレンジ。
この二曲もたいへん成功しました。

次回は多忙なメンバーのスケジュールが合わないため、来年一月にこのサムデイで演奏します。
また新作を加え、それほど多くはない「非常に楽しい夜」を過ごしたいと思います。

by sunrisek6 | 2009-10-14 12:13 | ライブ


<< 同窓会      二つのジャズフェス >>