藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 24日

六本木・サテンドール

今日のサテンドール・スペシャルセッションは、これまでの演奏の中でも非常に印象的でした。
初めて司会進行役を任されたことも、そのひとつ。
決してリーダーではなく単に進行役ですが、それでもバンド全体を見渡すことになります。
すると、何かが違って見えるものです。

b0094826_2093818.jpg


また僕の相方、西直樹がピアノを弾いていることもリラックスできる要因。
ベースの納浩一は、スモールで共演してそのずば抜けた力量がわかります。

トランペットの松島啓之のジャズフィーリングは素晴らしい。
彼と吹いた「SPEAK NO EVIL」は、なかなかの完成度だったと思います。

テナーの三木俊雄は、ずいぶん良い音になりました。
バラードで音楽を美しく表現できるのは、本当のサウンドを持っているからでしょう。

ドラムの関根英雄さんにも、頭が下がります。
このサポートは純粋な心と、高い芸術性が必要でしょう。

ハンディ・レコーダで初めて録音したことも、付け加えねばなりません。
最近は、自分の客観的評価に重要性を感じています。

来月のこのセッション。
なんと、山口真文さんと共演します。
またトランペットには原朋直。
お勧めです。
真文さんとの共演は緊張すると思いますが・・・。

by sunrisek6 | 2009-10-24 20:22 | ライブ


<< 九州ツアー中      前橋・中島楽器 >>