藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 29日

草加・シュガーヒル

今日の草加シュガーヒルは、久しぶりのオーナーズデイ。
このお店のオーナーは長谷部健一氏。
氏は現在会計士として事務所をお持ちになり成功していますが、若い頃はジャズドラマーだったのです。
今でもこのお店を中心に演奏されているので、腕は確かです。
b0094826_22244583.jpg

あとのメンバーはピアノに山岸笙子。
最近は2枚目のリーダーアルバムを吹き込んだばかりです。
彼女の選択するレパートリーは、僕も好きなロマンティックな曲想が多いようです。
How My Heart Singsなどは、これから僕もフルートのレパートリーに入れようかと思いました。

最近はマウスピースが吹き方だけにとどまらず、サキソフォンのヴォイスそのものにも影響を与えつつあります。
ここのところは毎回録音して、ひとりよがりにならぬように最新の注意深さでその声について考えています。
音楽は、その楽器の音色で大きく変化します。
僕は上唇も巻き込む、ダブルリップアンブシュアーという特殊な奏法を選んでいます。
気に入っているのですが、この吹き方は上唇の内側に常時傷跡が残ります。
これがフルートを吹くときに、乱気流を発生させている可能性があります。
かなり厳しいことですが、フルートを演奏すためにはアンブシュアの変更が必要かもしれません。
いや~、次から次へと問題が出てくるものですね。
ひとつひとつ解決して行くしかありません。

by sunrisek6 | 2009-11-29 22:35 | ライブ


<< 米子へ      六本木・サテンドール >>