藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 07月 16日

大宮・アコースティックハウス・ジャム

最近はこのお店のブッキングで、若いミュージシャンと演奏しています。
非常に礼儀正しく、前向きです。
もちろん才能も感じますし、これからも大きく才能が華開いていくことでしょう。
しかし現実には問題があります。
その演奏を評価して、世の中に知らしめて行く機関が日本にはありません。
これは先進国中、わが国だけでしょう。
消費税と景気回復のみ議論される昨今ですが、重要なことを忘れています。
また機会があれば、このことは話題に取り上げるつもりです。

ところで、今日のピアニストはジェイコブ・コーラ。
Colaではありません、Kollerです。念のため。
彼はアリゾナ州フェニックスから日本へやってきました。
奥様は日本人。
この一週間は、ご両親がはるばるフェニックスからいらっしゃっていました。

大宮・アコースティックハウス・ジャム_b0094826_2349538.jpg


Mr.Jim Koller and Mrs.Marlow Koller.
お母さんのマーロウさんは、すごく話し好き。
たくさん、たくさん喋ってくれました。
かなり勘違いして聞き取った部分もありましたが・・・・。

お父さんのジムさんはニコニコして寡黙な方でしたが、最初に僕にこう尋ねました。
「ジェイクと演奏していて楽しいかね?」
僕は「もちろん!」と答えました。
洋の東西を問わず、親心は不変のものです。
今頃はフェニックスへ向かう飛行機の中でしょうか?
プチ・ホームステイを経験した感じがしました。

by sunrisek6 | 2010-07-16 23:58 | ライブ


<< キング関口台スタジオ      本川越・スイート・キャデラック >>