藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 17日

新宿・サムデイ

本年初のセクステットは、多くの方に来て頂き、また演奏のヴォルテージも高く、最高の滑り出しとなりました。
b0094826_14543213.jpg


素晴らしいリズムセクションで、殆どの曲は演奏中に自由さを感じ、恰も物語を伝えているような構成を感じながら演奏できました。
10曲中に3曲はそこまで至りませんでしたが、それは僕の至らなさゆえです。
今年の課題はこのようなミスをせずに、どの曲も考えたように展開させることは重要な目標のひとつとすることです。
フルトヴェングラー曰く、「全ての演奏は即興的に聴衆の耳に届かねばならない。」
ビル・エヴァンス曰く、「即興演奏とは1分間の楽曲を1分間で作曲することである。」
この二つの音楽の本質に言及するメッセージは、僕にとっとてアドリブソロの基盤であり、ジャズそのもの多くの部分を占めるものです。

b0094826_153569.jpg

今回は僕が管楽器の真ん中に位置してアンサンブルを行いましたが、想像以上に効果があって驚いています。
音楽の方向や楽句のニュアンスを敏感に対応できる素晴らしい仲間です。

真のミュージシャンが集まれば、何らかの音楽的結果が残せるものですね。

次回は同じく新宿サムデイにおいて、4/10に同じメンバーで再演します。

by sunrisek6 | 2013-01-17 15:10 | ライブ


<< 浅草・スマイル      大谷公民館 >>