藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 27日

東京コットンクラブ

友人の好意により、コットンクラブへ。
James Carter Organ Trioです。
ジェームス・カーターは自由奔放なスタイルで他の追従を許さないサキソフォン奏者ですが、好みが分かれることも事実です。
しかしながら、CDやDVDで見るのと、生演奏を観るのとでは大きく異なるミュージシャンンの一人。
つまり、食わず嫌いが多いということでもあります。

b0094826_1513582.jpg


そういう僕も、フリーキーな演奏を好むものではありません。
それは良くない演奏家を耳にするからです。
ところがジェームス・カーターはサキソフォンの特殊効果のオンパレードでありながら、そこに嘘や逃げは一切ありません。
その技術一つ一つは、かなり高度なテクニックに裏付けられています。
とにかく、一時間半ほどのあいだ、ブルースとトラディショナルに根ざした現代のジャズを堪能しました。
観客も満杯。
良い音楽に多くのオーディエンスが楽しむという、実に自然な形を目撃し安心した次第です。

by sunrisek6 | 2013-02-27 15:07 | 文化芸術


<< 銀座・スイング      銀座・シグナス >>