藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 16日

宇都宮での2日間

宇都宮市で活動するYSバンド。
リーダーはスパーソニック&キャラメルホーンズというビッグバンドもお持ちの佐藤康弘氏。
氏に労をお取りいただき、宇都宮で二日間のライブを行いました。
一日目は、「ブルーJ」というライブハウスです。
b0094826_13493273.jpg

中央でMC中の佐藤氏。
彼はサックス、クラリネット奏者ですが、この日は演奏に参加されずコーディネイトに徹してくださいました。
司会進行は一流です。
b0094826_13521269.jpg

二日間ともフルートのデュオも経験しました。
もう一人のフルーティストは、ウィーンの音楽院で研鑽を積んだ稲見郁恵。
その美しい音色は実に勉強になります。
リズムセクションは近隣から集められたミュージシャン。
関口建太郎(p)、瀬戸竜介(b)、青木孝之(ds)。
特にドラムの青木君は去年から更に大きく成長、良いドラマーになりました。
b0094826_13565670.jpg

演奏後に全員で記念撮影です。

二日目はインターパーク・スタジアムという郊外型の巨大なショッピングセンターの中でのコンサート。
b0094826_135835.jpg

開始前からお待ちになっていたお客さまもいらして、素通りするようなコンサートにならなかったのが嬉しいです。
この日は宇都宮の老舗ビッグバンドから3人が参加。
櫻井智則(p)、石岡宏朗(b)、吉原之人(ds)。
気心の知れたリズムセクションのまとまりも上々でした。
b0094826_14944.jpg

こちらからカルテットを連れて行くのが最も安定したサウンドを作ることができるのでしょうが、地元のミュージシャンとの共演は重要です。
宇都宮は渡辺貞夫氏の出身地でもあり、元来ジャズが非常に盛んな土地柄です。
その街での音楽的交流は意味があります。
これからも是非続けて行きたいイヴェントです。

by sunrisek6 | 2013-07-16 14:09 | ライブ


<< 前橋・中島楽器      草加・シュガーヒル >>