藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 29日

宮城県利府町

宮城県の利府町は仙台の東に位置するベッドタウンです。
東京オリンピックのサッカー決勝は、ここ利府町の競技場での開催が決定しています。
さて今日はいつもの7人で利府町スクールバンド・フェスティバルに出演しました。
b0094826_0212577.jpg


まずは僕のセプテット(高瀬龍一、片岡雄三、宮崎信義、椎名豊、佐瀬正、稲垣貴庸)でサウンドチェック。
生徒たちにも見学してもらいます。
b0094826_0241769.jpg


そして各パートでのクリニック。
この利府町の生徒たちは、非常に素直で明るい。
ひとつには先生方の指導が良いこと、そして教育長をはじめ町ぐるみで子供たちを大事に育ていることなどが原因ではないでしょうか。
b0094826_0255420.jpg
b0094826_0261130.jpg


2曲ほど合同演奏を行いますが、全体での合同演奏。
3年生が引退して1.2年生だけの演奏ですから色々と問題はあります。
しかしアドバイスに素早く反応する姿勢は特筆に値します。
見違えるように良くなっていきます。
生徒たちの音楽的吸収力には、いつもながら驚かされます。
b0094826_0305114.jpg


さて本番が始まり、僕たちの出番です。
b0094826_0313187.jpg


体育館でのコンサートは若干響きすぎるのですが、PAに助けられて良い演奏になりました。
b0094826_0324480.jpg

いよいよ合同演奏。
練習よりもさらに本番は楽しい演奏となりました。
b0094826_033542.jpg

生徒たちのソロの場面では、全員で手拍子でサポートするシーンも。
b0094826_0425322.jpg

バンドは仲間のソロを祝福せねばなりません。
寄せ集めの仕事バンドは、その重要な連帯性が欠損しているのです。
僕らには生徒から学ぶこともあるのです。
b0094826_0363970.jpg

企画、運営、全面的に資金提供してくださった奥田会長に感謝いたします。
今年は宮城の生徒たちとの演奏は終了。
しかし講評につき、来年も2回のコンサートが決まっています。
利府町の町長、教育長、教育委員会、そして顧問の先生方、ありがとうございました。

by sunrisek6 | 2013-10-29 00:43 | コンサート


<< 宇都宮ジャズクルージング      草加・シュガーヒル >>