藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 01日

五十嵐明要氏

五十嵐明要(あきとし)氏は、日本のアルト奏者の至宝です。国宝にしても良いくらいで、冗談めいて聞えるかもしれませんが本気です。
シャープス・アンド・フラッツのリーダー、原信夫さんの90歳記念コンサート〔未定)で発起人を要請されたそうで、そのことについて色々と聞きたいことがあるとの旨。飲みながらゆっくり話そう、ということになりました。
秋葉原で会い、最初はコンサートのことを色々話し合いました。一時間少し経ったところで「よし解った。事務的な話は終わり!ところで〔ジャズのほうは)最近はどうだい?」
b0094826_10283488.png


ここからはジャズに関しての、サキソフォンについての貴重なお話をたっぷりと聞くことができました。
即興演奏の構築についても言及され、学生のころに戻り久々にレッスンを受けたような爽快な気持ちになりました。
今現在において僕が考えている様々な音楽的事象にはそれほどの誤りがなく、これを実行に移す鍛錬こそが必要であることを改めて考えた次第です。
五十嵐さんは昭和7年のお生まれ。未だに上手く行かなかったライブの後にはかなり落ち込まれるそうです。この前は「俺はイモだ!」とおっしゃって、周囲を戸惑わせたそうですが、それはそうでしょう。五十嵐さんがイモなら、僕らの立つ瀬はまったくありません。
次回はライブを聴きに行って、できればお手合わせをお願いしたいと思っています。

by sunrisek6 | 2016-02-01 10:19 | 友人


<< 蕨・Our Delight      六本木・サテンドール >>