藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 06日

【一日目、高槻JK Rush】

b0094826_12560668.jpg
ニューヨークから帰国後、すぐに西日本ツアーが開始です。今回は直前のツアー二日前にレギュラーのドラム奏者、広瀬潤次から戦線離脱の連絡が入りました。僕のカルテットにとってこれ以上の打撃はないのですが、広瀬潤次本人の不幸は僕に比べられないほど大きなものです。自分のバンドよりも、彼の状態が非常に心配でした。
 とは言え、ツアーはキャンセルできません。最初に福山を中心に活躍する佐藤政徳氏に打診。自分はとてもその技量には至らないと辞退されました。最悪の場合はトリオでの演奏を覚悟しましたが、奇跡が起こりました。同じようにトラブルで9月前半の仕事をキャンセルを余儀なくされたドラマーの藤山英一郎が捕まったのです。演奏ラインナップに少し手を入れて、一時間のリハーサルのみで高槻JK Rush。僕は彼を30年近く前から知っており、僕の中での高い評価は変わるどころか益々進化した彼の演奏を目の当たりにしました。これで何の心配もいりません。後は毎日集中して自分の音楽をやるだけです。
 個人的には昨年よりも良い出来となり、JKの真奈美さん、オーナーの北川潤一郎氏などと旧交を温めました。

by sunrisek6 | 2017-09-06 12:54 | ライブ


<< 【二日目 リハーサルとクリニック】      西日本ツアー >>