藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 03月 18日

自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート

朝5時起きで自衛隊入間基地へ。
北部音楽隊、青森県三沢基地まで輸送機で飛行するためです。
原信夫と#&♭の仕事。
考えてみたら原さんは海軍音楽隊のご出身ですから、現役最高齢の先輩ということに!?
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_12583486.jpg


ひとつ告白します。
僕は飛行機が苦手です。
速いのと高いのがダメなんです。
揺れるとパニックになります。
新幹線や車ではどんなに揺れても平気なのに飛行機だとアウト!
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_1430570.jpg

C-1という自衛隊の主力輸送機、20年ほど活躍している国産の名機です。
しかし僕としてはできれば新幹線で行きたい!直訴したのですが原さんから却下・・・。
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_1441114.jpg


機内はこんな感じ・・・。飛行機が苦手ではない人も、若干不安なのでは?

ところがトランペットの菊池ナルちゃんから、良いことを聞きました。
飛行機は空気の壁の上に乗っている。
落ちようにも落ちない!!!?
目から鱗の瞬間でした!40年かかって、やっと飛行機の乗り方がわかりましたーっ!

こうなると多少揺れる方が楽しいくらいです。
音楽でも何でも、このイメージの発生の瞬間は感動的ですね。
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_14435870.jpg

こんな状態はめったに経験できません。
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_14452440.jpg

コックピットも見学させていただきました。
映ってはいないのですが、雪山が奇麗でした。
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_1447352.jpg

右がナルちゃん、ありがと~!!。

飛行機に感動して本文が遅くなりました。
自衛隊北部音楽隊とのコンサートは、非常に楽しくかつ有意義に終了しました。
強行軍だったために演奏中の写真まで手が回らなくて残念です。
音楽隊による第一部の吹奏楽の演奏は素晴らしいものでした。
自衛隊の音楽的なレベルの高さがわかります。
また合同のステージでは、質の高いジャズやラテンを演奏してくれました。
終了後の慰労会で多くの自衛官の皆さんと交流できたことが、l心から嬉しく思います。
自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート_b0094826_1581467.jpg

僕は自衛隊の皆さんを尊敬しています。
多少は政治的な信条に触れるかもしれませんがお許しください。
日本の国民はもっと自衛隊を支えるべきでしょう。
憲法9条は早急な改正が必要です。
国際社会に対する日本の毅然とした、また文化的で平和的な立場を明確にすべきです。
日本や日本人を尊敬して愛することが、自分の生き方に自信を持つことに繋がります。
僕はそのようなことに関する様々な人々の本を良く読みます。
個人的にはアメリカで誕生したジャズを、日本人が演奏することへの答にもなるのです。

このような話は音楽家がするべきことではありません。
以降、気をつけます。
しかし、自衛隊に皆さんに直接触れ合い、その毅然とした態度に感謝の意を表さずには居られませんでした。
機会があれば、またこのような形で協力できればと切に願います。
今度は戦闘機に乗りたいな~。(調子に乗り過ぎ!)

by sunrisek6 | 2007-03-18 15:18


<< ラジオNIKKEIでのインタヴュー      草加・シュガーヒル >>