藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 01日

銀座・スイング

北村英治バンド、銀座・スイングです。
最近は考えることの多い音楽業界でしたが、少し対処する答えが見つかりつつあるようです。
答えは常に自己の内側にあるんですね。

さて今回も北村さんの素晴らしいクラリネットの歌心に接することができました。
これは何よりも勇気を与えてもらえるものです。

b0094826_1145026.jpg


僕自身も、未知の曲目に対して自然に接する用意が整ってきた傾向にあります。
知らない曲は、多分に音感と記憶力、数々の経験による和声進行の予測。
しかしできないことは、できません。
それをハッキリさせれば、余計な音は使わなくて済みます。
「知っているのか、知らないか」ということを知る。
このようなセッションでは、今更ながら教えられます。

また北村さんは、新しいベルをお使いでした。
補強の金属を外し、響きを自然にすることでより暖かい音を目指されていました。
しかも、今回のサウンドはまさしく進化していました。
驚異的です。
非常に考えさせられました。

by sunrisek6 | 2008-05-01 11:12 | ライブ


<< お詫び      草加・シュガーヒル >>