藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 05日

お詫び

5月2日の新宿・サムデイ、マイク・プライス・オーケストラは満員の観客の皆様の中、大盛況で終わりました。
メンバー一人、一人の技量も素晴らしかったのですが、リーダーのマイク・プライス氏は積極的に新しいレパートリーを導入。
また、リハーサルを含め、バンドへの方向性の指示などに大きなリーダーシップを発揮しました。
僕もこのバンドにおいては久々のリードアルトとして、演奏を楽しみました。


しかし僕はこの演奏を、体調的にギリギリの状態で演奏しました。
過去にもあったのですが、アキレス腱の炎症です。
知人に強い鎮痛剤を貰って、なんとか凌ぎました。

帰宅は立ち上がることもできなく、翌日の「高槻ジャズストリート」への参加を断念しました。
このような形で仕事ができなかったことは、30年間一度もありません。
韓国からの優れた音楽家である友人たちとの共演が叶わなかったことを、非常に残念に思います。
また実行委員の方々には多大なご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫びいたします。
この状態を理解され、また優しい言葉をいただきましたことに心から感謝いたします。

連休明けに「埼玉県立総合リハビリテーションセンター」に行きます。


2,3日で治るのですが、再発を考えると非常に不安です。
今回は原因を究明したいと思っております。

たいしたことはありません、どうぞご心配なく!
b0094826_1214212.jpg


by sunrisek6 | 2008-05-05 12:15 | 社会


<< 草加・シュガーヒル      銀座・スイング >>