藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 25日

ジャズとラテン

シャープVSキューバンの「ジャズとラテン」のコンサートも回を重ねています。
もとは30年ほど前に全国縦断コンサートをして、大人気を博したコンサート。
最近、復活させたわけですが、人気は相変わらずです。

まず前日には恒例の厳しいリハーサル。
この日はドラムスが伝説的な海老沢さん。
リハーサルのみ付き合ってくださいましたが、メチャクチャ凄い!
足の痛みも吹っ飛ぶほど元気になりました。

b0094826_03373.jpg


さて本番はめぐろパーシモンホール。
目黒区民キャンパスという、区民の憩いの場にあります。
綺麗で、音響も良いホール。

一部はキューバンの単独演奏。
ここから3枚は写真家の丸山尚之氏の手によるものです。
美しい写真をお楽しみください。(被写体は別・・・)

b0094826_082466.jpg


ラテンだって、メロディーが重要です。
このバンドは強力なラテンのリズム陣に、心に沁みるメロディーの数々を演奏。
だからお客さま方も大満足です。

2部はシャープスの演奏。
数原晋、片岡雄三、佐藤達哉、西直樹などの看板ソリスト達が演奏に華を添えます。
僕は久々に「SUMMER TIME」でフューチャーされました。
楽器の調整は成功したようで、吹奏感が楽になりました。

b0094826_014628.jpg


いよいよお楽しみの第3部。
二つのバンドがステージ狭しと並んで、これだけでも圧巻!

b0094826_022277.jpg


ラテンビートとスイングビートが交互に演奏されるアレンジは、僕も客席で楽しみたいと思うほど。
特に「マラゲーニャ」の西直樹と平田フミトのピアノバトルは聴きごたえがあります。
大きな拍手が会場から聴こえていました。

終了後はもちろんアンコール。
年配のお客さま方がスタンディングオベーションをしてくれたのには驚きでした。

今日も大きなエネルギーを頂けたことを感謝したいと思います。

by sunrisek6 | 2008-05-25 00:24 | コンサート


<< 宮城県民会館      前橋・中島楽器 >>