藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 25日

室蘭ジャズクルーズ

#&♭での室蘭ジャズクルーズ。
北海道室蘭市でのジャズフェスティバルです。
朝は5時起きで羽田空港へ~。
久々に早起きです。
室蘭は北海道でも有数の鉄の町。
この煙突は昔からの室蘭のイメージと重なります。
b0094826_1028072.jpg

この室蘭市は#&♭の名トランペット、故福島照之氏の故郷でもあります。
しばし氏の暖かく良く歌うソロと、優しい数多くのアドリブに関するアドヴァイスを思い出しました。

ホテルに到着したらすぐ練習。
これが原信夫氏のスタイル。
b0094826_1044729.jpg

2時間ほど、みっちりと演奏の確認とビートの位置の整理。

ピアノの西直樹とベースの佐瀬正の加入で、リズムセクションはかなりのレベルアップ。
これからも色々と軌道修正が行われるでしょう。

本番は久々に熱気に包まれた、夏のジャズフェスにふさわしいものとなりました。
このコンサートは埠頭に面した大きな倉庫で行われたのですが、外は大荒れの天気。
もう寒いぐらいで、上着なしには外へ出られません。
b0094826_10381558.jpg

PAチェックもできないままステージでしたが、会場の熱気と音楽を愛してくれる観客の皆さんのお陰で大変に楽しく音楽に集中できました。
この時間は僕らにとって至福の一瞬です。

終了以後は三々五々打ち上げ!
僕たちは近所の居酒屋に行き、北海道の海の幸を堪能しました。
b0094826_10393311.jpg


この後、近所のライブハウスに出演者が集い、ジャムセッションをやっているという情報。
かなり酔っていたのですが、顔を出すことにしました。
b0094826_10443439.jpg

ベースの名手、井上陽介氏やTOKU、色んな人達と旧交を温めました。
ここでの僕の演奏はひどいもので、お恥ずかしい限り。
酔って演奏するものではありませんね~!

by sunrisek6 | 2008-08-25 10:45 | コンサート


<< 上越市の三日間      麻布十番 >>