藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 30日

イイダ・ジャズスクール発表会

僕のアンサンブルクラスの発表会です。
今回はこのクラスの単独ライブ。
銀座・シグナスで行いました。
お客さんもたくさん、やはりこうでなきゃ。
仲間内の気安い発表会と違い、みなさん緊張感溢れる演奏。
これまで最も質の高い演奏になったことは間違えありません。
b0094826_10513928.jpg
b0094826_10515433.jpg

この会を成功させるにあたり、大変努力をしてくれた石田寛和君(上)と大滝敏子さん。
本当にご苦労様でした。
次回は少し役割分担しましょう。
お客さんの前でこそ、演奏するべきだという極々当たり前のことが判ったと思います。
b0094826_1052533.jpg

来年も続けていく価値はありそうですね。
また写真をご覧になりたい方は
   ↓
http://photos.yahoo.co.jp/ph/sunrisek6/lst?&.dir=/37d1&.src=ph&.
view=t&start=1&.rand=103023032504

by sunrisek6 | 2006-10-30 11:04
2006年 10月 29日

綾戸智絵コンサート

シャープス・アンド・フラッツでの綾戸智絵コンサートでした。
場所は大阪フェスティバル・ホール。
b0094826_1161877.jpg

強の綾戸さんは、いつもより調子が良かったようです。
歌い手として素晴らしかった。
相変わらずのトークも炸裂。
この広い会場が3階席の一番後ろまで、一つも空席がない!
凄い人気ですね。
b0094826_1185929.jpg

バンド演奏は3曲あったのですが、そのうち一曲は僕のフーチャーでバラード。
久々なので、細部まで思い出すのに時間が掛かります。
フルバンドの場合は、ソロのアウトラインを決めています。
このバラードのように、吹きっぱなしでカデンツァ付の場合は完全に吹き切るまで時間が掛かります。
しかし綾戸さんのお目当てのファンの方々も、シャープス・アンド・フラッツに熱い声援を送ってくださいました。
有難いことです。

by sunrisek6 | 2006-10-29 11:14
2006年 10月 26日

日暮里・La・ら・ら

2回目となった日暮里・La・ら・らのコンサート。
今回はレギュラーのカルテットでの出演です。
たくさんのお客さんが来てくださいました。
b0094826_9514829.jpg

いつものライブよりも、喋りを多めにしてステージを進行。
これはなかなか大変なんです。
スタンダードやオリジナルを取り混ぜました。
店員オーバーで音響はかなりデッドに!
難しい中での演奏になりました。
しかしお客さんは楽しんでいただけたようです。
b0094826_9564964.jpg
b0094826_957332.jpg

皆さんに深く感謝いたします。

by sunrisek6 | 2006-10-26 09:58
2006年 10月 23日

ジャズライフの取材

今回のカドソンに関する雑誌「ジャズ・ライフ」の取材は、テナー奏者の佐藤達哉氏との対談という形で行われました。
b0094826_2246815.jpg

僕はアルトで、佐藤氏が主にテナーのことを論じます。
対談は楽しい雰囲気の中で行われました。
しかし普段聞けない佐藤氏の意見などが興味深い。
この模様は次回の本誌見開き2ページで紹介されます。
ライターの西之原さん、編集部の大伴さん、お世話になりました。

by sunrisek6 | 2006-10-23 22:49
2006年 10月 22日

新宿ピットイン

土曜の昼のピットインも回数を重ねています。
山気笙子4での出演でした。
今日はリバーブ無しの感じでの演奏。
考えてみたら新しい楽器、カドソンンに変えてから初めてのピットインです。
普通はデッドな会場で、ノーリバーブはきついのですが今回は平気でした。
b0094826_12371175.jpg

アンサンブルもまとまり、演奏も無理なくできました。
写真は一曲サックス抜きのトリオの時に客席から撮影しました。

by sunrisek6 | 2006-10-22 12:46
2006年 10月 21日

藤沢・風音

今日はトリオ。
ピアノ抜きのライブです。
藤沢のカノンは3度目ですが、残念ながら今月で閉店。
最後のライブになりましたが、とてもよいパフォーマンスになりました。
b0094826_1182543.jpg

特にドラムスの久米雅之が素晴らしい。
こんなに楽に吹けるのは久しぶりです。
スタンダードだけでなく、アグレッシブな曲もお客さん方は楽しんでいらっしゃいました。
リズムが良ければ音楽は自然と体に入って行くのでしょう。
b0094826_1222069.jpg

素晴らしいソロの後、喝采に応える久米雅之氏。

11月からは新しいお店がオープンする予定です。
少し狭くなるのですが、佐藤ママはライブに意欲満々です。
また演奏できることを期待します。
お世話になりました!

by sunrisek6 | 2006-10-21 01:25
2006年 10月 20日

シュガーヒル

西直樹とのデュオ。
今日はほぼ満杯でした。
最近練習していたことの結果が出てきました。
b0094826_10291756.jpg

新しいフレーズと、これまでの経験したことが混ざり合ってきたようです。
終了後は記念撮影。
遠方から来てくれた人や、#&♭の菊池成浩君(右)と。
b0094826_10322661.jpg

久々に楽しかった!

by sunrisek6 | 2006-10-20 10:33
2006年 10月 18日

リハーサル風景

#&♭の山形でのコンサートのためのリハーサルです。
麻布の「つづきスタジオ」。
b0094826_9585097.jpg

急なリハだったので、かなり人数が集まりませんでした。
1/3が欠席。
けれど驚いたことに、それでもバンドはサウンドしています。
やはりシャープの音になっている!

しかし明後日の山形はなんと日帰り。
かなり早い出になりそうです。

by sunrisek6 | 2006-10-18 09:59
2006年 10月 13日

ランドマーク・スタジオ

僕のカルテットで新春にスタジオ録音することになりました。
もちろん新しいアルバム製作のためです。
横浜ランドマークタワー内のランドマーク・スタジオとスキップ・レコードの代表取締役(社長さんですね)、竹下修一氏です。
b0094826_1392154.jpg

こちらからお願いした懸案なのですが、快く引き受けていただきました。
大感謝!
ひとつだけ注文をお付けになりました。
「編集無しの一発録り、でいきましょう。」
望むところです、僕もジャズの録音はそうあるべきだと考えています。
色々とお話したのですが、すっかり意気投合。
録音が楽しみです。
右はチーフディレクターの高野さん。
回転が速そうな方で、頼りになります。

by sunrisek6 | 2006-10-13 13:17
2006年 10月 11日

渋谷koko

今日も渋谷のkoko。
山岸笙子4です。
有意義なステージでした。
先日の自分のバンドで何か足りない、と感じていたものが少し改善されたように思います。
b0094826_9273683.jpg

説明するのは難しいのですが、過去にできていたことでも新しい要素が加わることによってバランスが損なわれることもあるんです。
たまに重心の位置が偏ってズレが生じるわけですね。
だからこそ自分を客観的に見る平常心が重要になってきます。

そんなことで頭がいっぱい。
テレビも何も観ていなかったので、北朝鮮の核実験を知りませんでした。
あるお客さんから、日本中でそのことを知らないのは僕だけだと指摘されたりして。
これも重心の位置のズレ?

by sunrisek6 | 2006-10-11 09:35