藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 30日

新宿ピットイン

休日の昼に新宿でのライブ。
山岸笙子4でした。
久々で忘れていたしかけなどもありましたが、最近の音楽に対する考え方は出すことができたように思います。
ジャズは相当スイングするか、集団即興演奏でしか出せない醍醐味を表現するか、とにかく漫然とやっていたら意味のない音楽だと、つくづく感じます。
b0094826_22202963.jpg

興味のあるのはソロの構成。
大きな流れですね。
まるで作ったような(もちろん良い意味で!)即興演奏ができれば・・・。
難しいけど、そこに何か隠されているような気がしています。

by sunrisek6 | 2007-01-30 22:24
2007年 01月 27日

レコーディング完了!!

新しいCDの録音が完了しました。
数段のランクアップ。
秀逸なリズムセクションの力が大です。
また今回は、僕の目指すサキソフォンの音に最も近い録音。
素晴らしいスキップレコードの社長をはじめ、優秀なスタッフに感謝します。
発売は4月中旬。
ご期待ください!
b0094826_22142372.jpg

b0094826_12381094.jpg


by sunrisek6 | 2007-01-27 12:39
2007年 01月 17日

渋谷・KOKO

今日の渋谷KOKOはトリオ。
高瀬裕と田鹿雅裕のレギュラーでした。
b0094826_1731399.jpg

レコーディングが近いので、録音の候補曲を中心に演奏。
ピアノが居ないと、ベースラインとサックスのメロデx-ラインとの絡み方が良くわかります。
この日はドラムの田鹿雅裕が好調!
もともと上手いドラマーですが、非常にクールに音楽的な展開を聴かせてくれました。
b0094826_1784317.jpg

来週のランドマーク・スタジオでのレコーディングが楽しみです。

by sunrisek6 | 2007-01-17 17:11
2007年 01月 14日

#&♭ウィズ渡辺真知子

今日は四谷のホテル・ニューオータニでのイヴェントコンサート。
ある団体の発足60周年のお祝いです。
#&♭はいつも通りのレパートリーを、日本の曲を取り混ぜながら披露。
特筆すべきはゲストの渡辺真知子さん。
b0094826_23284689.jpg

「かもめが飛んだ」、「ブルー」などのヒット曲を持つ彼女ですが、ジャズも上手!
歌唱力は本物です。
日本人の良いところが前面に出ています。
ある意味、これは理想です。
「NY,ステーツ・オブ・マインド」などは、興味深くオブリガードを入れられて僕にとっても勉強になりました。
音楽に対する発見は、まだまだ続きそうです。
b0094826_23332995.jpg


by sunrisek6 | 2007-01-14 23:40
2007年 01月 13日

原信夫と#&♭・新年会

#&♭の新年会でした。
久々に原さんやメンバーの皆さんとたくさんの話ができました。
やはりこのバンドは良いですね。
それぞれのメンバーの技量の高さだけではなく、それをまとめるリーダーが素晴らしい。
b0094826_13493011.jpg

原さんが咲きにお帰りになったので、写っていないのが残念です。
また酔っていたので、フラッシュを忘れてボケボケ。
けれどそのときは景色がこんな風に見えていました。
かえってリアルかも?

by sunrisek6 | 2007-01-13 13:52
2007年 01月 12日

草加・シュガーヒル

b0094826_1134319.jpg

草加のシュガーヒルでしたが、さすがに正月明け、連休明けで店内はガラガラ。
お客さん方もエネルギーを出し尽くしちゃったんですね~。

僕たちは転んでもタダでは起きません。
早速、今月のCD録音のための細かな打ち合わせ。
コードに対するスケールを絞り込みます。
二つ以上、全く異なる解釈が存在する部分は意見を合わせます。
また常識的な方法論を敢えて変えたりもしました。
西直樹とのこのような討論は、まるで新しいオモチャを持って友達の家に遊びに行っているような感じです。
b0094826_11101731.jpg

そこで実際に音も出して、効果を確かめ合いました。
作曲者が眉を顰めるかもしれないやり方でも、もしかしたら成功するかもしれません。
最近はクラシックのオーケストラを聴いている時間が長いのですが、指揮者によって全く異なった解釈が存在します。
ジャズも同じでしょう。
しかも僕たちは作曲家としての部分も持っています。
これは「音楽に対する贅沢の極みだ~!」ということで、意見の一致した二人でした。

by sunrisek6 | 2007-01-12 11:16
2007年 01月 07日

厚木文化会館

#&♭と東京キューバンボーイズのジョイントコンサートの本番です。
リハーサルは入念にやりましたが、本番は広いステージです。
それぞれのバンドの音が聴き取れないと、アンサンブルできません。
いつも確実に全ての音を聞き分けることできる訓練を積んでいないと、上手くは行きません。
それぞれが自分の都合のよいようにモニタースピーカーの音量をリクエストすると、目茶苦茶になります。
なんせ、総勢で40人!
しかしベテランの優れたフルバンドのエキスパートが揃いました。
さすがですね!完璧。
b0094826_11455078.jpg

一部はキューバンのステージです。
ノリノリの明るいラテンで会場を沸かせます。
やはりラテンはこの切ないメロディーが、強力な打楽器群に乗ったときに初めて爆発します。
最近のしゃれたラテンは余り好きではありません。
大体ジャズとラテンが両方できるわけがない。
その点、このバンドは立派です。

実はこの日、天気は大荒れ。
b0094826_1150739.jpg

本番前のあわただしい中も、お客はいるのかな?と珍しく心配したりもして。
けれど幕が上がってみると、大入り。
お客さんもおおいに喜んでくれて大成功。
大きなバンドは大味になりがちですが、これは素晴らしいパフォーマンスです。
またの機会を心待ちにしています。

by sunrisek6 | 2007-01-07 11:54
2007年 01月 07日

仕事始め

今日、5日は仕事始めでした。
最初から、なかなかハード!
昼間から、明日のためのリハーサルです。
b0094826_1128466.jpg

#&♭と東京キューバンボーイズのジョイント・コンサート。
久しぶりの仲間と新年のご挨拶。
いつも以上にみっちやって、終わったらヘトヘト。

しかし今度は六本木・サテンドールへ急行。
この夜は日本のトロンボーンのナンバーワン、向井滋春さんとのセッション。
b0094826_11323461.jpg

素晴らしいプレイでした。
音楽的な深みを感じます。
実は向井さんと正式に仕事をしたのは始めて。
このサテンドールのセッションでは、日本の優れた演奏家との接触が嬉しい。
市川秀男さんのピアノ、桜井郁夫さんのベースは巨匠の域に。
関根さんのドラミングは、最後までバンドを支えます。
佐藤達哉氏の流暢な喋りと、パワフルな吹奏でお店はほぼ満席。
ありがたいことです。

by sunrisek6 | 2007-01-07 11:37
2007年 01月 01日

謹賀新年☆

明けまして、おめでとうございます。
b0094826_311330.jpg

今年は亥の年ですね。
猪突猛進すべきときかもしれません。
早速、靖国神社に参拝に行ってきました。
b0094826_3133432.jpg

皆さん、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
b0094826_314413.jpg


by sunrisek6 | 2007-01-01 03:16