藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 27日

ジャズライフの取材

最近はソプラノ・サックスもカドソン社の製品を愛用しています。
今回のアルバムにも2曲、このソプラノで吹き込みました。
b0094826_11294064.jpg

ソプラノに関しての僕の考え方を、小一時間ほどお話ししました。
写真はライターの西之原薫氏。
いつも飛び散った僕の話をまとめてくれます。
ジャズライフ編集部の大伴さんも、好意的に僕の話を聞いてくれて感謝しています。

by sunrisek6 | 2007-02-27 11:35
2007年 02月 27日

新宿・パークハイアット

昨夜のベイシーバンドの興奮が覚めやらぬ間に、早くから新宿に出かけました。
今日は大澤香織トリオでのパーティーギグ。
この何日間かフルバンドのリードアルトに徹してきましたが、今日はカルテット。
都合が良いことに、いつもよりもたくさん吹きました。

久しぶりに多くのスタンダードを演奏して、大いに勘が戻ったようです。

by sunrisek6 | 2007-02-27 11:26
2007年 02月 25日

小林正弘ビッグバンド

今月はビッグバンドのステージが多かったのですが、これが最後。
新橋サムデイでした。
開演前からたくさんのお客さま方が行列。
b0094826_9321285.jpg

今日はカウント・ベイシーの特集です。
学生の方々を中心に店内は満席。
多分、新橋サムデイでの新記録でしょう。
b0094826_9342048.jpg


lこのバンドの実現にあたっては、たくさんの人たちの努力と協力がありました。
感謝いたします。

正直言って、こんなにも心からステージを楽しんだのは久しぶり。
若いころ、さんざんベイシーのバンドを研究したことを思い出します。
このステージに際しても、かなりの時間を割いて勉強し直しました。
ぼくの大きなアイドルの一人である、マーシャル・ロイヤル氏の演奏技法を参考にしました。
このバンドは続けたい!
b0094826_940478.jpg


by sunrisek6 | 2007-02-25 09:40
2007年 02月 23日

バンドクリニック

このブログにも度々登場する広島県福山市を中心に活動する、ニュースイング・ドルフィンズのバンドクリニックでした。
指導していて最も嬉しいことは、バンドのサウンドが確実に変わっていくことです。
ここのところ、このバンドは調子が良いですね。
b0094826_1731341.jpg

写真はこのバンドのトロンボーン担当の「みぎあき」さんに送っていただきました。
ありがとうございます。
なかなか楽しいブログをお持ちです。
よかったらどうぞ!
http://fine.ap.teacup.com/migiaki/

by sunrisek6 | 2007-02-23 17:34
2007年 02月 23日

赤羽則武氏、古希を祝う会

昼間は横浜でのコンサート。
とはいっても、個人の自宅の中でのライブです。
30~40人のジャズ愛好家を集めての会でした。
初めて競演するドラムの大隅寿男氏のトリオに、僕とテナーの右近茂が加わってのクインテットです。
大隅さんはオーソドックスなスタイルの落としどころを熟知された演奏家です。
非常に楽しく演奏できました。
このユニットの演奏会は5月の末の日曜日に決まりました。
近くなったら、ご案内させていただきます。

コンサート終了後に有楽町の東京會舘へ。
いろんな場面で僕を励ましてくださる、慈恵医大の赤羽先生の古希パーティーに出席するためです。
2時間遅れで到着すると、司会の方からすぐ演奏するようにとのこと。
とるものもとりあえず、ステージへ。
客席には原信夫夫妻、羽田孜元総理、フジTVの露木茂氏、僕は疎いのですが財界の有名人の方々でいっぱい。
b0094826_14545016.jpg

一曲終わって一息ついた後に、再度出動要請。
今度は日野皓正、北村英治,原田忠幸の三氏に加わっての演奏。
いや~、度胸がつきますね。

by sunrisek6 | 2007-02-23 14:23
2007年 02月 18日

新橋・サムデイ

サムデイのビッグバンドフェスティバルです。
例年この時期にたくさんのビッグバンドが演奏を競います。
僕は三つのバンドに参加します。
このうち二つのバンドが終了しました。

最初はマイク・プライス・ビッグバンド。
b0094826_1012822.jpg

このバンドの特色はアレンジメントです。
マイク・プライス氏はアメリカに知人が多く、また彼自身が長年の間にビッグバンドに係わっていたために素晴らしい編曲作品を多く所蔵しています。
エリントンのレパートリーのみならず、最近ではスタン・ケントンのものまで多彩です。
僕はクラリネットのソロを任されることも多いのですが、この日も興味深いスペースを与えられました。
次回は4/6に赤坂・ビーフラットでの演奏となります。

もう一つは東京リーダーズ・ビッグバンド。
 名前の通り、ソリストが集まっています。
レパートリーは一曲を除いて、メンバーの書き下ろし作品。
僕はレギュラーではないので、このバンドの複雑な譜面は大変。
しかも無理を言ってリードアルトを吹かせてもらっているので、重圧です。
けれど、まだまだ若手に道を譲る年齢ではありません。
完璧、とは言えませんが今まででは最も良い演奏になりました。
b0094826_10244644.jpg


両日とも満員御礼。
このビッグバンド・フェスティバル、まだ続きます。
僕は来週の24日(土)に小林正弘バンドで出演します。
サムデイ初の全曲カウント・ベイシー特集。
ベイシーの音楽でジャズに目覚めたプレイヤーが集合します。
みんな初心に帰って、ジャズの原点に心を寄せます。
ご期待ください!

by sunrisek6 | 2007-02-18 10:31
2007年 02月 15日

草加・シュガーヒル

今日はバレンタインデー。
しかも前日の天気予報では春の嵐。
お出かけはお控えください、なんて気象予報士のコメント。
こりゃ~だめだ。
僕たちは良いけど、応援してくれているお店に気の毒。

b0094826_1330316.jpg

ところがわからないもので、この日は満席。
来ていただいた方々には、深く感謝いたします。

また演奏前には雑誌「ザ・サックス」の取材も入りました。
ちょっと言い過ぎたかな~。
なんせ営業の仕事をしていないもので、そういった気遣いがありません。
あのまま記事になったら、また敵を増やしそうです。
まあ、そろそろ戦わねばならない年齢にはなりましたが。

西直樹との演奏は上手くいきました。
いつもこうだと良いのですが。

by sunrisek6 | 2007-02-15 13:36
2007年 02月 15日

ビッグバンド・フェスティバル

日比谷公会堂でのビッグバンド、フェスティバルでした。
毎年恒例の催しです。
いつもシャープス&フラッツは、出番の前に別の場所を借りて入念なリハーサルを行います。
コンサートでは四つのバンドが続けて演奏するために、会場でのリハーサルができないためです。
多くのバンドは飛び込みで仕事をしています。
ここが違う。
b0094826_1323670.jpg

この日は新曲も含めて、オーソドックスな演奏。
これが一番難しい。
このプログラムで観客の皆さんを納得させれるかどうか、これが僕の課題でもあります。
終了後にバンドのギタリスト、岩見淳三氏のファンの方々と会食。
楽しいひと時を過ごせました。

by sunrisek6 | 2007-02-15 13:27
2007年 02月 10日

アプリコ大ホール

昼過ぎから、プロモーションビデオの撮影でした。
大澤香織4です。
プロモーションといと大袈裟ですが、新宿パークハイアットホテルの宣伝材料です。
b0094826_18151114.jpg

監督付、カメラ3台。
けっこう本格的だったので驚きました。

新宿から蒲田へ移動。
大田区民ホール・アプリコで木管五重奏を聴くためです。
b0094826_18202078.jpg

キャパ1.600の奇麗なホールです。

音楽は素晴らしかった!みなさん、世界的なスペシャリストです。
団体名はレ・ヴァン・フランセ、フランスの風ですね。
b0094826_18303267.jpg

メンバーです。
フルート:エマニュエル・パユ
オーボエ:フランソワ・ルルー
クラリネット:ポール・メイエ
ホルン:ラドヴァン・ヴラトコヴィッチ
バソン:ジルベール・オダン
ピアノ:エリック・ル・サージュ

曲目も紹介しておきます。
・ジョン・ケージ: 管楽器のための音楽
・J.ハイドン: ロンドン・トリオ ト長調
・ティエリー・エスケシュ: レ・ヴァン・フランセのために書かれた新作(日本初演)
・ベートーヴェン: 五重奏曲 変ホ長調
・プーランク: 六重奏曲

心地よい上質な生の楽器の音は、何にも代えがたいですね。
頭で考えるのではなく、体が本能的に摂取します。
自然な食べ物と、自然な音。
共通して、僕たちにとって必要なものです。

by sunrisek6 | 2007-02-10 18:31
2007年 02月 09日

新橋・サムデイ

今日は久々のセクステット。
オリジナルを中心にステージを組み立てました。
b0094826_2341536.jpg

全員のレベルが高いし、アンサンブル力も申し分ありません。
お客さま方も熱心に聴いてくださって、感謝。
次回は5月、CD発売ライブとして演奏予定です。

by sunrisek6 | 2007-02-09 02:38