藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

都ホテルでの打ち合わせ

目黒駅近くの白金にある、老舗の都ホテルでの打ち合わせ。
クラシック音楽の愛好家に、ジャズを理解していただこうというコンサートを考えています。
b0094826_2041279.jpg

企画は、たくさんのコンサートを提供していただいた上田宏子氏。(写真右)
これまでも僕のカルテットで日本橋、日暮里、すみだトリフォニーホールなどでもコンサートを行ってきました。
音楽ディレクターは春畑セロリ氏。
芸大の作曲科出身で、いろんな作品がおありです。
また多くの人々に音楽の楽しみを広げるお仕事にも、積極的に取り組んでいらっしゃいます。
場所は未定ですが、千葉県南房の別荘地でも有名な館山が濃厚です。
これから詳細を決定して、なるべく早い機会に実現させるつもりです。

by sunrisek6 | 2007-03-30 20:17
2007年 03月 30日

渋谷・koko

CD録音以来、レギュラーメンバーが揃ってのカルテット。
渋谷・kokoでした。
ありがたいことにほぼ満杯。
b0094826_194834.jpg

また演奏も快調。
たまにあるんです、こういうことが。
何か一つの壁を乗り越えて、昨日までとは少し違う世界が見えます。
この形が、僕の理想としている音楽に多少近い。
これも素晴らしいメンバーに負うところが多いですね。
b0094826_1951367.jpg

この日はオリジナルでは無いのですが、新曲を多めに演奏しました。
普段やりなれているスタンダードのコードも変えずに、スケールだけ変えてみたり。
しかしそのアイディアを具現化できました。
方向は間違っていない、後は質を高めて確実に演奏するべく練習することです。
まあ、これが一番大変かも!?

by sunrisek6 | 2007-03-30 19:56
2007年 03月 29日

神田・ステップ

始めて演奏するお店です。
神田駅北口からすぐ、「ステップ」。
ドラムの久米雅之のトリオでした。
b0094826_17463278.jpg

リーダーはドラムスなのですが、たくさんのオリジナルを持っています。
美しいメロディーが多く、構成し易い。
またスタンダードのアレンジメントも上手ですね。
ソロに素早く対応する技量は大したものです。
b0094826_1750020.jpg

ジャズの好きなお客さんがたの前で、こちらもリラックスして演奏できました。
マスターも紳士で、センスの良いオーディオでアナログレコードを聴くこともできます。
今度はオフの日に聴きに行ってみようかとも思いました。

by sunrisek6 | 2007-03-29 17:52
2007年 03月 26日

新宿・パークハイアットホテル

今日は演奏まで時間があったので、40Fの休憩所に行きました。
初めてだったのですが、眺望が良くてビックリ。
b0094826_11514013.jpg

新宿南口側の風景です。
右側のエンパイヤステートビル型の建物はDOCOMOのビル。
その奥は新宿御苑、左下は甲州街道です。
天気は良くなかったのですが、こんな感じも良いですね。

北を見ると都庁。
知事選はどうなるのでしょうか?
b0094826_11564680.jpg


カルテットの演奏で、リーダーがピアノの大澤香織。
香川裕史のベースに小島勉のドラムス。
パーティーなので音量は控えめです。
けれど最近はダイナミックレンジが拡がったので、このセットでも楽しく吹くことができました。
また皆も、このヴォリュームなのに速度感が落ちない。
さすがですね。

by sunrisek6 | 2007-03-26 12:04
2007年 03月 25日

菊川・ナージュ

ドラムスの原田イサムさんのバンドで演奏。
あまり行かない東京の東側。
しかしこの辺りは、非常に東京らしいところでもあります。
新国技館のある両国から、さらに東へ。
東京の中心までのアクセスは至便、けれど町並みにはゆとりがあります。
そんな場所に、この「ナージュ」はあります。
b0094826_23565499.jpg

今回は隙のない陣容でした。
ピアノの小池純子氏はビーバップの典型的な旋律の構築に精通していますが、それ以上の形式に発展しそうで楽しみです。トランペットの伊勢修一郎氏は、非常に正直な等身大の演奏。ベースの細川正道氏は美しい音色と、確実なリズムを寄与。
もちろんリーダーのイサムさんは、75歳とは思えない力強く積極的なドラミング。
b0094826_045581.jpg

これまでで最もたくさんのお客さんがいらしてくれて、ほぼ満席状態に。
仲宗根かおるのヴォーカルも、いつもより余裕を感じました。
次回は5月12日(土)に同じメンバーで予定しています。
都営新宿線・菊川駅から徒歩3分、どうぞいらしてください。

by sunrisek6 | 2007-03-25 00:09
2007年 03月 23日

横浜・KAMOME

始めて演奏する「KAMOME」です。
行ってみて驚いたのですが、老舗エアジンのすぐ近くなんですね。

この日は海野雅威(うんの・ただたか)君のトリオにゲスト出演です。
b0094826_125232.jpg

ほうぼうの有名バンドで引っ張りだこのピアニストだけあって、演奏は立派なものです。
メロディーの構築に迷いがありません。
非常に音楽的にまとまるために、ソロの構成が魅力的です。
またリズムも安定していて、そのアポロ的な音色は彼の濃いカラーとなっています。
若いころから知っているので、その成長ぶりに嬉しくなりました。
b0094826_129981.jpg

意外だったのは、昔よりもオーソドックスなスタイルをとっていたことです。
TPOをわきまえた演奏だったかもしれません。
ベースの吉田豊、ドラムの海野(うみの)両氏も優しい包容力のあるサポート。
このトリオは人と人との繋がりも良い関係を作っているようです。
レギュラーの強みですね。
再演を期待します!

by sunrisek6 | 2007-03-23 12:14
2007年 03月 20日

ラジオNIKKEIでのインタヴュー

スイングジャーナル誌の記事として、インタヴューを受けました。
ラジオNIKKEI(旧日本短波放送)のスタジオ。
溜池のアメリカ大使館前にあります。
インタヴュアーは小西勝明氏。
この会社の番組プロデューサーで、御自身でも会社を経営する社長さんです。
b0094826_22374966.jpg

さすがに音楽への造詣の深い方で、言葉の足りない僕の話も素早く理解されていたようです。
一時間以上もかかったインタヴューは、その内容が多岐にわたりました。
唐突ですが特に台湾論に関しては、僕のほうが色々と勉強になったほどです。
なぜ台湾か?というと、僕の父親は台湾で育ったからです。
台湾の高齢の方々の親日感情は、僕たちにはとてもありがたいことです。
小西さんも、良く台湾でお仕事をされているようです。
台湾製のカドソンを気に入って使っているのも、何かの縁ですね。
この模様はスイングジャーナル誌上でお読みいただけると幸いです。
撮影は同誌の大友洋氏、お世話になりました。

by sunrisek6 | 2007-03-20 22:48
2007年 03月 18日

自衛隊・北部航空音楽隊とのジョイントコンサート

朝5時起きで自衛隊入間基地へ。
北部音楽隊、青森県三沢基地まで輸送機で飛行するためです。
原信夫と#&♭の仕事。
考えてみたら原さんは海軍音楽隊のご出身ですから、現役最高齢の先輩ということに!?
b0094826_12583486.jpg


ひとつ告白します。
僕は飛行機が苦手です。
速いのと高いのがダメなんです。
揺れるとパニックになります。
新幹線や車ではどんなに揺れても平気なのに飛行機だとアウト!
b0094826_1430570.jpg

C-1という自衛隊の主力輸送機、20年ほど活躍している国産の名機です。
しかし僕としてはできれば新幹線で行きたい!直訴したのですが原さんから却下・・・。
b0094826_1441114.jpg


機内はこんな感じ・・・。飛行機が苦手ではない人も、若干不安なのでは?

ところがトランペットの菊池ナルちゃんから、良いことを聞きました。
飛行機は空気の壁の上に乗っている。
落ちようにも落ちない!!!?
目から鱗の瞬間でした!40年かかって、やっと飛行機の乗り方がわかりましたーっ!

こうなると多少揺れる方が楽しいくらいです。
音楽でも何でも、このイメージの発生の瞬間は感動的ですね。
b0094826_14435870.jpg

こんな状態はめったに経験できません。
b0094826_14452440.jpg

コックピットも見学させていただきました。
映ってはいないのですが、雪山が奇麗でした。
b0094826_1447352.jpg

右がナルちゃん、ありがと~!!。

飛行機に感動して本文が遅くなりました。
自衛隊北部音楽隊とのコンサートは、非常に楽しくかつ有意義に終了しました。
強行軍だったために演奏中の写真まで手が回らなくて残念です。
音楽隊による第一部の吹奏楽の演奏は素晴らしいものでした。
自衛隊の音楽的なレベルの高さがわかります。
また合同のステージでは、質の高いジャズやラテンを演奏してくれました。
終了後の慰労会で多くの自衛官の皆さんと交流できたことが、l心から嬉しく思います。
b0094826_1581467.jpg

僕は自衛隊の皆さんを尊敬しています。
多少は政治的な信条に触れるかもしれませんがお許しください。
日本の国民はもっと自衛隊を支えるべきでしょう。
憲法9条は早急な改正が必要です。
国際社会に対する日本の毅然とした、また文化的で平和的な立場を明確にすべきです。
日本や日本人を尊敬して愛することが、自分の生き方に自信を持つことに繋がります。
僕はそのようなことに関する様々な人々の本を良く読みます。
個人的にはアメリカで誕生したジャズを、日本人が演奏することへの答にもなるのです。

このような話は音楽家がするべきことではありません。
以降、気をつけます。
しかし、自衛隊に皆さんに直接触れ合い、その毅然とした態度に感謝の意を表さずには居られませんでした。
機会があれば、またこのような形で協力できればと切に願います。
今度は戦闘機に乗りたいな~。(調子に乗り過ぎ!)

by sunrisek6 | 2007-03-18 15:18
2007年 03月 18日

草加・シュガーヒル

相変わらず面白い、草加シュガーヒルでの西直樹との演奏でした。
b0094826_12361394.jpg

毎回色んなアイディアを出すと、煮詰まるような不安があります。
しかしステージを終えてみると、そんなことは全くない。
一か月に一度のペースが良いのでしょうね。
今回はspeak no evil やwindowsなどもトライしてみました。
特に一年半ぶりのwindowsが吹けるようになっていた自分に、少し驚き。
幾つになっても諦めさえしなければ、進歩はあります。
これだから止められない!

演奏が終わって、オーナーも交えて歓談。
楽しい瞬間ですが、明日は5時起き。
僕にとっては最大の恐怖のXデー、自衛隊の輸送機への搭乗です。

by sunrisek6 | 2007-03-18 12:53
2007年 03月 15日

藤沢・ベック

最近の藤沢ベックは若手との取り合わせが多いです。
b0094826_12152716.jpg


久々のピアニスト。
怪人、田村博。
b0094826_12193396.jpg

素晴らしい、継続する力と自然体な生きざまはこれほどの芸術を生むものなのですね。
ストライドからフリーまで、このレベルまで理解して技量の伴ったピアニストは稀です。

by sunrisek6 | 2007-03-15 12:29