藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 29日

六本木・サテンドール

今日のサテンドール、3管セッションも幸せな時を過ごすことができました。
とは言っても、かなり精一杯演奏しています。
それが楽しさの原因です。

このセッションでは、普段共演しない優れた演奏家との出会いの場でもあります。
b0094826_9574639.jpg

佐藤達哉氏は、このセッションの進行を仕切っています。
彼とは#&♭での同僚なので、その演奏はよく知っています。
しかしスモールグループでの共演は、また非常に新鮮です。

b0094826_100122.jpg

日本のトロンボーン界の頂点と言える向井滋春氏。
氏の演奏は、直観的な素晴らしい物語に溢れています。
この音楽的な展開は、僕が最も興味を持つ部分です。
勉強になります!

b0094826_1051771.jpg


初対面のピアニスト、ユキ・アリマサ氏は噂通りに秀逸な演奏。
また久々の加藤真一氏は、こんなにも深いビートだったのか、と感心しました。

2回目の共演となるドラムスの村上寛氏は、なんとカドソンのシンバルを使用。
すごく良い感じのレガートで、吹いていて至福の瞬間が何度もありました。
この音楽性と、氏の人柄には惚れてしまいます。(変な意味ではありません~!)

by sunrisek6 | 2008-03-29 10:11 | ライブ
2008年 03月 26日

春ですね~

桜もちらほら咲き始めました、春ですね~♪

自宅の近くの木も、花を咲かせています。

b0094826_17502730.jpg


春といえば、卒業式!

今日は日本大学医学部の卒業パーティーに呼ばれました。
青山ブルーノートの近く、「VELOUR」というクラブです。
さすが青山って感じです。
b0094826_17592140.jpg

40分ほどのステージでしたが、さすが医学部ですね。
終始乱れることなく、演奏に聴き入ってくれました。
まるで学園祭に呼ばれた時のようです。

この演奏を支えてくれたのは、レギュラートリオにベースの小井政都志氏。
b0094826_1841031.jpg

田鹿氏のドラムもウケましたが、圧巻は西直樹。

今回は電気ピアノ、ロランドのRD600。
これは面白い!
特に彼はメカにめっぽう強い(RD400までは開発に関わっていた!?)ので、複雑かつ多岐にわたる機能を瞬時に把握できます。

人の声のようなスキャットヴォーカルは、まるでジャズのお手本のよう。
驚きますね・・・。
そんな調子で楽しい一夜でした。

by sunrisek6 | 2008-03-26 18:04 | 社会
2008年 03月 23日

ムーンライトジャズ

また新たな経験をしました。
ムーライト・ジャズ・クルーズと銘打った、東京湾クルージング。
b0094826_2342250.jpg

店員55名のクルーザー。
中には調理設備もあり、バーも完備。
b0094826_2352162.jpg

リハーサルの後、早速その場で調理されたチキンカツレツとパスタ。
船上で頂くと、また格別な味!
b0094826_237712.jpg

いよいよ黎明橋を後にして出港。
b0094826_238021.jpg

東京の遠景、東京タワーも見えます。
b0094826_2385912.jpg

今日の主役はヴォーカルの高橋エミさん。
東京は浅草の出身で、ちゃきちゃきの江戸娘。
明るい人柄で観客を和ませつつ、しっとりと歌い上げます。
b0094826_23115117.jpg

考えたら初めての共演だったのですが、不思議なことに僕は彼女の歌を知っていました。
正確に言えば、予想通りの歌い上げ方でした。
そのために、吹くべき音がはっきり分かる。
b0094826_23141539.jpg

ピアノの田村氏も電子ピアノで的確な演奏。
3人で記念撮影。
b0094826_231639.jpg

帰りにはレインボーブリッジの絶景ポイント。
この角度で見ることは、まずありません。

お客さんも素晴らしく、寒さと揺れも気にすることなくお台場の海上コンサートが終了。

このレノン号、船長ひでさんの写真をわすれましたあ~。
すみません!
この日、船長さんは娘さんが誕生。
おめでとうございます!

by sunrisek6 | 2008-03-23 23:22 | コンサート
2008年 03月 20日

銀座・スイング

実は毎回緊張して出かける銀座スイング。
その理由はレパートリーにあります。

クラリネットの北村英治さんのバンドは、トラディッショナル・ジャズの王道です。
もちろん僕にとっても大好きな音楽なのですが、なんせ吹いたことがない。
かなりの部分を現場で、耳で音を取っていくことになります。

b0094826_1023271.jpg


この日は予想される曲を、ある程度考えて練習したり譜面を用意したり。
前回より、少しは良かったようです。

ところで今日は2クラリネット。
若手クラリネットの第一人者、谷口英治氏。
さすがに北村さんの演奏に対し、的確な対旋律を即座に入れていきます。

思い起こせば谷口氏との初対面は、ここ銀座スイング。
しかも北村さんのバンド。
17年ほど前のことですが、谷口氏と僕は北村さんのバンドに遊びに来ていたのです。
そのころ谷口氏はまだ学生。
しかし素晴らしい演奏で、僕は相当落ち込まされたことを思い出しました。
当時に比べれば、楽しく演奏できるようになったようです。

それにしても北村さんは素晴らしい。
70代も後半の御歳ですが、それがすべて音楽的な深さとなってクラリネットから響いています。

多少の緊張からくる気の重さなど、この貴重な経験に比べれば些細なことです。
次回は来月30日に、銀座スイングでの演奏です。

by sunrisek6 | 2008-03-20 10:18 | ライブ
2008年 03月 18日

高石次郎展

朝から湘南新宿ラインに乗って横浜へ。
この電車ができてから、家から横浜までは乗り換えなし。
車窓を眺めながら一時間強でみなんとみらいに到着。
b0094826_1058454.jpg

こんなオブジェもあるランドマーク・スクエア。
中に入ると5階まで吹き抜けのショッピングモールです。
b0094826_1104487.jpg

この中にスキップ・レコードがあります。

今回のCD制作のお礼と、今後の展望をお話しするために出向きました。
竹下社長はいつもながら、音楽に対する熱い思いを語ってくださいました。
こんな方いらっしゃる限り、僕たち音楽家は勇気を持って活動することができます。
b0094826_10561743.jpg


みなとみらい線で渋谷を経由して京橋へ。
旧友で陶芸家の高石次郎氏の個展を見るためです。
b0094826_1152420.jpg


彼の作品のいくつかをご紹介いたします。
b0094826_1162154.jpg

b0094826_1164455.jpg

b0094826_117985.jpg

b0094826_1172768.jpg


いかがですか、陶芸とは言っても随分と印象の違うものでしょう。

東京近代美術館の陶芸部門を監督する先生や、高石氏の先輩陶芸家もいらっしゃっていました。
辛口な作品に対する評も飛び出すのですが、これが美術の世界の厳しさでしょう。
音楽の場合にこのようなことは、演奏する現場でのみしか発生しません。
美術の場合、合奏が最終形態ではないために、作品を前にした言葉での考えのやり取りが多く見受けられるのは当然のことなのでしょう。

お二方のおっしゃる内容は、僕にとっても非常に有益なことでした。

そして高石氏の作品の進歩には目を見張るものがあり、僕も大きな力をいただいた次第です。

高石氏の個展は京橋・SILVER SELLで3月28日(金)まで。
最終日以外は11:30~18:30(28日のみ17:00まで)
お問い合わせは03-3535-0677
興味のある方はどうぞ!

by sunrisek6 | 2008-03-18 11:21 | 文化芸術
2008年 03月 16日

菊川・ナージュ

半年振りほどです、菊川のナージュ。
ここは江東区と墨田区の境になります。
東京と言っても、あまり来ることが多い場所ではありません。
しかし都心へのアクセスは最高。
それでいて町並みは落ち着いていて、昔ながらの江戸の下町風情もあります。
最も江戸時代にこの街は無かったかもしれませんが。
b0094826_12104761.jpg

原田イサムさんのカルテット。
以外にヴォーカルなしのワンホーンは少ないのです。
それで今日は自分のレパートリーも何曲か演奏。

久々のピアニスト、野口久一は暖かいバッキング。
お互いに会話が成立し、彼の無邪気な愛すべき人柄が音楽に優しさを添えます。

b0094826_1214022.jpg


このバンドでは珍しく、ソプラノ・サックスも吹きました。
曲は「Up Jumped Spring」。
この曲の[Spring]は、「春」ではなくて「バネ」のことだという説を初めて聞きました。
ホントかな~?
どなたかご存知の方、お教えください。

by sunrisek6 | 2008-03-16 12:17 | ライブ
2008年 03月 14日

草加・シュガーヒル

今日のシュガーヒルは新曲をたくさん演奏。
ロン・カーターの「リトル・ワルツ」、ビル・エバンスの「ファンカレーロ」、ジェローム・カーンの「イエスタデイズ」など。
b0094826_14474981.jpg

これからの課題曲ともなります。

しかしお客さんは少なかった~。
やはり反応はあったほうが、演奏はし易いですね。

韓国では熱烈歓迎だったので、少しギャップに戸惑ったようです。

韓国と言えば、5月の3,4日に高槻ジャズストリート(高槻市で行われる市民の運営によるジャズフェスティバル)に出演が決定しました。

先日のサックス、洪淳達氏や朴羅温ちゃん、またピアニストも韓国から来日し共演します。
大阪近郊の方々、どうぞお越しください!

by sunrisek6 | 2008-03-14 14:54 | ライブ
2008年 03月 02日

新宿・パークハイアットホテル

久々の新宿・パークハイアットのパーティーギグ。
この場所はステージがバルコニーになっています。
音響が良いので、カルテットで気持ち良く演奏することができます。
b0094826_19115065.jpg

ステージからボールルームを見下ろす感じです。

今日は天気も良く、社員食堂からの眺めもきれいでした。
b0094826_19133770.jpg


さて、明日からしばらく韓国に行ってきます。
今回は単身でのツアー。
韓国の音楽家との共演や、若い人たちとの交流が楽しみです。
帰国後、その模様をご報告いたします。

by sunrisek6 | 2008-03-02 19:15 | コンサート