藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 28日

石和ジャズフェスティバル

山梨県の甲府市近くにある石和温泉郷。
ここにある旅館やホテルが協力して行われる、石和ジャズフェスティバルに参加しました。
20以上のバンドが、三日間にわたり多くの会場で演奏を繰り広げます。

僕のカルテットは、石和駅近くの「ホテル千石」でライブ。
演奏開始時はまばらだったお客さんも、中盤にはほぼ一杯になりました。
b0094826_12322182.jpg

いつものように僕の現在興味がある、チック・コリアやジョー・ヘンダーソンのナンバーも含めて演奏。
日ごろジャズのライブを聴かない方々も、非常に楽しんでいただきました。
やはり音楽は分かりやすい曲を並べることが重要ではなく、いかにその曲の魅力を伝え得るかにかかっていることが実感されます。

今日のメンバーは初共演のギター、宮崎カポネ信義さんを始め新鮮な顔触れ。
小井政都志、藤井学は前からの付き合いですが、この取り合わせは初めてです。
b0094826_12393462.jpg

しかしさすがにベテラン。
あっという間にアンサンブルを作ってしまいました。
終了後はホテル千石さんのはからいで、豪華な食事と温泉。
明日が岩手じゃなかったら泊って行きたいぐらいでした。

おかみさんを始め、ホテルの仲居さんがたには良くしていただきありがたかったです。
また実行委員会の皆さん、お世話になりました。
また来年もやりたいですね~。
今度は泊りで。

by sunrisek6 | 2009-06-28 12:45 | コンサート
2009年 06月 25日

ファイナルコンサート

今回のファイナルコンサートは新潟市総合文化会館、りゅーとぴあでした。
ミューザ川崎のような遊び心のある客席は、新潟のファンで満杯。
b0094826_172694.jpg

半分がシューボックスタイプ(靴箱のような直方体)で後ろの部分はサントリーホールのような設計です。
ですからいつもより音は響きます。
僕は響きのあるホールが好きです。
ある程度響きのある場所でこそ、生音の価値がわかります。
特にフルートにとっては、良い経験とこれからの修正につながります。
さて、今週末は岩手県花巻市を訪れる予定です。

by sunrisek6 | 2009-06-25 01:12 | コンサート
2009年 06月 22日

マイク・プライス・ビッグバンド

マイク・プライス・ジャズオーケストラ。
今日は珍しく学校公演。
大学と高校中学全てある、桐蔭学園。
2000人規模の立派なコンサトーホールがあります。
この日のために、二回もリハーサルへ出向きました。
b0094826_1545577.jpg

エリントンを中心に、かなりストレートな濃いビッグバンド・ジャズの選曲。
メンバーはゴージャス。
サックスセクションだけでも、宮本大路、アンディ・ウルフ、川村祐司、最近リーダーCDをリリース予定のサイモン・コスグローブ。
非常に素晴らしいセクションサウンドです。
これに進境著しい、トランペットの佐久間勲がリード。
ベースの山下弘治の進歩にも目を見張るものがあります。
生徒も喜んでくれたことでしょう。

by sunrisek6 | 2009-06-22 15:51 | コンサート
2009年 06月 22日

草加・シュガーヒル

草加・シュガーヒル、このお店で西直樹とデュオをやると、いつもホームグラウンドに帰ってきた気がします。
つまり、ここで二人でアイディアを出し合いながらの演奏が他の大きな編成、自己のカルテットからビッグバンドに至るまでのバックボーンになるのです。
b0094826_15405313.jpg

今日は久々にたくさんの新曲。
考えてみたら、一年に二回ほどこうなります。
それでも昔から比べて、一つの曲を掘り下げる時間は長くなってきています。
また、色んなことを試すこともできるようになりました。
このセッションは長く続けていきたいと思います。

by sunrisek6 | 2009-06-22 15:43 | ライブ
2009年 06月 19日

シリウス

b0094826_10501826.jpg

横浜ロイヤルパークホテルの最上階、70階にあるラウンジ、シリウス。
ここでヴォーカルグループ、『ブリーズ』との共演でした。
毎回、彼らの巧みなアンサンブルに感心します。努力の賜物ですね。
最近はオランダのジャズフェスティバルに招聘されて、実力を認められた『ブリーズ』。またの共演が楽しみです。

by sunrisek6 | 2009-06-19 10:50 | ライブ
2009年 06月 16日

ファイナルコンサート2DAYS

#&♭のファイナルコンサートも、いよいよ残り少なくなってきました。
今回は二日間連続。
一日目は群馬県の笠懸(かさがけ)です。
ここは太田市の近くで、遺跡でも有名な場所です。
浅草から東武線の特急で移動。
そこからタクシー、北関東のこの辺りは僕にとっても初めて訪れる場所です。

観客の皆さんは非常にストレートに感情を表現してくださいました。
その土地その土地で、非常にお国柄が異なっているのですね。

b0094826_8253590.jpg


フィーチャリングの「白夜のセレナーデ」は、回を重ねて少しずつ変わってきました。
ほとんど作りこんだソロを何度も演奏することは、大変に良い経験になっているようです。

終了後、友人と会食。
楽しいひと時を過ごすことができ、その日は高崎泊。

翌日は上越新幹線で東京へ、そこから東海道新幹線で静岡へ。
数ヶ月前に僕のセクステットで演奏した、静岡グランシップへと向かいます。

ここでは定期的にジャズのコンサートが開かれています。
元NHKの音楽番組のプロデューサーが担当されているため、質の高い音楽を提供。
そのため観客の皆様方も耳が肥えています。

非常に落ち着いたコンサートでしたが、僕は好きですね~。
口笛や掛け声の量と、観客の方々の音楽に対しての感動の度合いは比例するわけではありません。

個人的にはフルートソロの「すみ絵」で、より適切な音列を発見しました。
すでに知っていたことなのに、なぜ今まで気づかなかったか不思議です。
長くやっていれば、何か良いこともあるものです。

by sunrisek6 | 2009-06-16 08:38 | コンサート
2009年 06月 11日

藤沢・ベック

北海道ツアーの疲れが取れぬまま、昨日は昼間からリハーサル。
今日は昼間にホームレッスンを終えて、藤沢市へ。b0094826_23514298.jpg
助かったのは、スタート時刻が遅くなったこと。
理由はサッカーです。
しかし遠くから演奏を聴きに来ていただいたお客様には、ご迷惑をお掛けいたしました。
この場を借りて、深くお詫び申し上げます。

若手とのセッションはいつものことですが、最近は聴こえかたに変化がでてきました。
前よりも本質が見えます。

ただ今日は級友のピアニスト、元岡一英氏との久々の共演。
昔ながらの正確で正直な演奏にホッとしました。
特に初めて一緒に演奏した「LUSH LIFE」のルバートは、さすがに歌伴に定評のある元岡氏。
ピタリと決めてくれました。

by sunrisek6 | 2009-06-11 23:47 | ライブ
2009年 06月 09日

北海道ツアー

原信夫と#&♭のファイナル・コンサート。
今回は北海道ツアーで、三か所を廻ってきました。
午前中に中標津釧路空港へ。
中標津の会館へ。
北海道のお客さま方は熱い。
最初から多くの掛け声がかかります。
中標津は人口が決して多いとは言えないのですが、それでも満席。
これは、現地ボランティアの実行委員会の皆様のおかげです。
演奏終了後、楽しく歓談。
b0094826_8395679.jpg

実行委員の中に、僕の「ザ・サックス」の連載講座を愛読されている方がいらっしゃいました。
ありがたいものです。
次回も、できるだけペンタトニックの方法を分かりやすくお伝えしようと思います。

ひとつ問題が発生!
濃霧注意報が発令。
つまり明日は飛行機が飛ばない可能性があるということです。
中標津から小樽までは450キロ。
陸路で移動すると飛行機の5~6倍の時間がかかります。
明日のフライトを祈って3時過ぎごろに寝ました。

ところが早朝にモーニングコール。
30分後に出発~!


b0094826_8463195.jpg
まずバスで釧路駅へ。

まずこれが2時間弱。
釧路駅でJRを待つこと一時間。
特急(とはいっても単線のディーゼル)で一路札幌へ。
b0094826_8483956.jpg

最初は太平洋を左手に見ながら西へ。
昔は蝦夷地と呼ばれていた時のころに思いが馳せます。
この根室本線は一時間強で内陸へと方向を変えます。
そこからは北海道の原生林の中を、ひたすら走行。b0094826_853541.jpg
途中で石勝線(石狩と十勝を結ぶ)に入り日高山地の多くのトンネルを抜けます。
3時間かけて、やっと札幌駅に到着。
b0094826_8564449.jpg

ここから再度バスに乗り換えて、高速道路で小樽へ移動。

集合から8時間ほどの行軍が終わり、リハーサルから本番。
しかし皆は疲れを見せず熱演。
この日も良いコンサートになりました。

小樽は海に近い落ち着いた良い街です。
ホテルのそばにある「レンガ横町」。
b0094826_911051.jpg
ここは8人ほどで満員のお店が連なっています。
この中のジンギスカンのお店に入りました。
とても良心的な値段で料理も美味しい。
皆、旅の疲れを癒しました。
b0094826_922916.jpg


今日は最終日の札幌厚生年金会館。
b0094826_933833.jpg
一番広い会館です。
ここでもおおいに盛り上がりました。
個人的には、北海道の気候のほうがリードが良く響くように感じます。
ですからサキソフォンを吹くこと自体は楽で、それがこの大変なツアーでは大きな助けとなりました。
最終日は、すすきのへ。
やっと味噌ラーメンにありつきました。
b0094826_972516.jpg


by sunrisek6 | 2009-06-09 09:08 | コンサート
2009年 06月 05日

北海道ツアー

b0094826_16541144.jpg

シャープス&フラットのファイナルツアー。今回は北海道シリーズです。
第一日は中標津。
実は濃霧のために中標津空港に着陸できない可能性がありました。その場合は千歳からバス。
そうすると中標津到着は午後八時になり、開演の一時間半後になるところでした。

明日もフライトできないかも。
すると予定よりも三時間ほど早く出発。
五時間かけて移動になります。
やはり北海道は広いですね~!
三日間上手く行くように頑張ります。
またみんなで飲み過ぎないようにしなくちゃ~。

by sunrisek6 | 2009-06-05 16:54 | コンサート
2009年 06月 03日

目黒・JJ'S Cafe

久々のカルテット。
目黒のJJ’Sカフェです。
今日は、ひとつ進歩しました。
ソロの展開に関して、これまで考えていたことを実行できるようになりました。
もちろん、このメンバーとの共演が大きな助けになっています。
b0094826_1013077.jpg

中でも「チェロキー」をアップテンポで演奏した時の広瀬潤次のスティックは、まるで流暢に語る台詞のごとく素晴らしい。
そのビートに同機できたことに、大きな喜びを感じます。

もちろん全てが良かったわけではなく、フルートで吹いた「WINDOWS」はまだまだ。
しかし第一歩は踏み出したわけで、これから修正と向上を重ねれば良い。

多くのお客さん方の、暖かい声援に感謝いたします。

by sunrisek6 | 2009-06-03 10:08 | ライブ