藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

草加・シュガーヒル

ずっと#&♭のファイナルで忙しかったので、草加・シュガーヒルの西直樹とのデュオが久しぶりに感じられます。
それだけ新鮮な気分でしたが、曲目も新しいものを試しています。
「Nefertiti」は本格的にソロを構成するつもりです。
また「Seven Steps To Heaven」もやり方が分かってきました。
今日初めての「Isfahan」は、非常に興味深い題材。
これからどのように展開するか楽しみです。
また最近フルートでのレパートリー、「Friends」「Windows」(どちらもチック・コリアのナンバー)は、無理せずマイクロフォンを使用することで目鼻が付いてきました。
b0094826_11375385.jpg

大雨注意報がでたせいかお客さんは少なめでした。
しかしいつものように、来ていただいた方々には熱心に聴いていただけて感謝しています。

#&♭のトランペッター、菊池成浩君が聴きにきてくれました。
終了後に3人で。
しかし同僚が聴いているのは、さすがにやり難い。
ナルちゃん、今度は楽器を持ってきて~!

by sunrisek6 | 2009-07-31 11:44 | ライブ
2009年 07月 28日

新宿・サムデイ

ファイナルコンサートが終了して、ホッとする間もなく僕のセクステット。
新宿・サムデイでした。
b0094826_1331124.jpg

今日のフロントはトロンボーンにフレッド・シモンズが加わりました。
彼はロサンゼルスから来たジャズミュージシャンです。
滑らかな安定した音と、繊細で正確な演奏が持ち味です。
トランペットのルイス・パジェも、アンサンブルが楽だと言っていました。

またリズムセクションはレギュラーの三人。
b0094826_13342410.jpg

西直樹とは、ここのところず~っと一緒。
しかし今日は彼のスタイルが随所で炸裂。
ビッグバンドでは制限がありますから。
まあ、それは僕も同じですが・・・。
広瀬潤次の強烈なサポートと音楽の展開。
高瀬裕の堅実なビート。
やはり気持ちが良い。

サムデイのマスターである森さんは、このバンドを気に入ってくれています。
次回は10月に再演します。
雑誌の取材が入るかもしれません。
さて、そろそろ一段落したところで新作に取りかかるとしましょうか。
もう少し休んでから・・・・。

by sunrisek6 | 2009-07-28 13:40 | ライブ
2009年 07月 27日

原信夫とシャープス&フラッツ

ついにファイナルの最後。
二日間のコンサートです。
一日目はNHKホール。
b0094826_9543867.jpg

3000人を超える会場に、豪華なゲストヴォーカリスト。
この方がたが、たった一曲ののために駆けつけてくださいました。
出演者の顔触れは先日のリハーサル風景でお知らせいたしました。

原さんの凄いところは、この素晴らしいゲストでコンサートを締めないところです。
最後はあくまでシャーププスの演奏で、観客の皆さんの拍手をさらいます。
だからメンバーも、モチベーションが下がることがないのです。
ジャズミュージシャンである限り、どんなに大きなコンサートであろうが、またどんなに高額な報酬を得ようが、そんなことは関係ありません。
今日の場合はビッグバンドとして、決して伴奏ではなく存在することにこそ意義があります。

プログラム最後の方に「サマータイム」でフューチャーされました。
b0094826_1024272.jpg

HNKホールは若い頃から親しみのある会場。
平常心でこの名曲を表現できたことを嬉しく思います。

さていよいよ大詰め。
神奈川県民ホール。

b0094826_103315.jpg


真夏の暑い日になりました。
このところの雨模様や曇天を吹き飛ばすような夏日。
原さんの最後を祝福するかのようです。

今日は日本の代表的なジャズの器楽奏者が集合。
皆さん素晴らしいことは、あえて申すまでもありません。
特に僕と同じ楽器である渡辺貞夫氏の演奏には感激しました。
また北村英治氏の暖かい「Memorys Of You」には原さんへの思いが伝わってきました。

僕個人的には、一部で演奏した「墨絵(すみえ)」が印象に残りました。
この曲をファイナルのレパートリーとして決定後に、フルートを毎日本格的に練習しました。
一年半ほどでしょうか。
楽器も米国製のヘインズに買い替え(サックスの持ち替え奏者には難しい楽器だよ・・と言われつつ)、二冊のエチュードとスケールを続けました。
昨夜の演奏は勿論まだまだですが、やっと一つの形を作ることができました。

b0094826_10153135.jpg

打ち上げでのスナップ。
皆さん楽しそうでした。
b0094826_10162075.jpg

涙もろい原さんは、途中で泣き出すのではないかと心配しましたが何とか持ったようです。
立派でしたね~、と褒めさせていただきました。(後で怒られるかも・・・)

しかし、これで終わったわけではありません。
最後ということで、高い入場料でわざわざ聴きに来ていただいたお曲さま方には大変に申し訳ありません!
けれど公演の要請が後を絶たないのです。
まず次は陛下の御前での演奏会。
宮中でのジャズの演奏は、日本初となります。

また東京JAZZ、お茶の水ジャズ祭、九州と沖縄からの追加要請に応じます。
まあ、FAINAL FOREVER!ということで、皆様ご理解を~!

by sunrisek6 | 2009-07-27 10:24 | コンサート
2009年 07月 27日

六本木・サテンドール

今日の六本木サテンドール、スペシャルセッションも色んな意味で刺激になりました。
まず僕の大尊敬する、村上寛氏。
b0094826_934108.jpg

非常に大きなうねりのあるビート、かといって速度感や俊敏さは全く失われない。
何よりも音楽的な方向を決定する洞察力には頭が下がります。

もうひとlりのベテラン、向井滋春氏。
この方の音楽と人間的な魅力は書き表すことが難しい。
とにかく、僕もそうありたいと思うことが数限りなくあります。

シャープで同僚の佐藤達哉の進行、また秀逸なソロでライブは進みました。
b0094826_9394739.jpg


ここで突然のゲスト。
100ゴールデンフィンガーズや、多くのCDで日本にもお馴染みの名ピアニスト。
サイラス・テェスナットの登場です。
b0094826_9445040.jpg
2曲ほど共演しました。
さすがに安定感のある、深いソロです。
またバッキングのリズムが素晴らしい。
ピアニストのリズムにおける影響力を改めて痛感しました。
一度にたくさんの経験をしましたが、明日からのラストファイナルにつながりそうです。

by sunrisek6 | 2009-07-27 09:45 | ライブ
2009年 07月 23日

新宿・サムデイ

高瀬龍一のセクステット。
今回も新宿サムデイでの演奏。
目玉はジャズの帝王と呼ばれるマイルス・デイヴィスの名作「Kind Of Blue」の全曲演奏。
その中の一曲「Blue In Gree 」は高瀬龍一自らカルテットでの演奏。
b0094826_14135491.jpg


彼の音楽に対する思いが伝わってきます。

初顔合わせのテナー・サックス、服部義満君の演奏も好感が持てました。
彼の人柄にもよるのでしょう。
まったく音楽というものは、その人となりで決まるものです。

最近は推定30年前の古いリードを使用しています。
これは金沢へ出向いたときに、同僚の佐藤達哉氏が探してきてくれたもの。
リコの4番ですが、ほぼ3番の硬さです。

充実してきたサムデイの録音設備で聴いてみると、これが悪くありません。
古い、新しいはともかく、リードを硬めにしたことは良い結果をもたらしているようです。

ところで来週の月曜、27日は僕のセクステットで演奏します。
場所は同じく、新宿サムデイ。
ご期待下さい、お運びを待っております!

by sunrisek6 | 2009-07-23 14:21 | ライブ
2009年 07月 23日

ファイナルのリハーサル。

何度目かになる、NHKホールと神奈川県民ホール用のリハーサル。
お馴染みの麻布十番、つづきスタジオ。
二日間で総勢10名のゲストとの音合わせ。
順不同でご紹介。
b0094826_13135337.jpg
水谷八重子さん。
名女優でもあります。
曲はキャバレー。
これをミュージカル仕立てで披露されます。

b0094826_13162930.jpg
寺井尚子さん。
曲はエリントンの「In A Sentimental Mood」
このナンバーはバイオリンに適しています。


b0094826_13182436.jpg

美空ひばり、江利チエミと共に日本の元祖三人娘だった雪村いづみさん。
この体型を維持し、また相変わらず女性らしく可愛い方です。
やはりスターですね。

b0094826_13212650.jpg

人間国宝の山本邦山さん。
尺八の表現力の豊かさに圧倒されます。
バックで演奏するフルートにも熱が入ります。

b0094826_13261086.jpg

ペギー葉山さん。
実は僕の父はペギーさんと同じ青山学院の出身だったので、何かと応援していました。
ペギーさんにお伝えしたら、喜んでくださいました。
現在日本の女性ジャズヴォーカルの中でも、最高峰ではないでしょうか。
曲はコール・ポーターの「Bigin The Biguin」です。

b0094826_13303632.jpg

考えてみたら、僕が生まれて初めてアルトサックスの生音を聴いたのは、この方の音。
気が付いてみたら、僕の使用する楽器はアルト・サクックス、ソプラニーノ・サックス、フルート。
これは全て渡辺貞夫さんにかぶっています。
自覚していないのに、やはり影響を受けていたわけですね。
目の前で聴く生の音に、感慨深いものがあります。
やはり非常に魅力的な音色。
これは理屈ではありません。
名演奏家の条件の何かを垣間見た気がします。

この他にも、綾戸智恵さん、日野皓正さん、北村英治さん、前田憲男さんなどが共演。
皆さん一曲のために当日来てくれます。

by sunrisek6 | 2009-07-23 13:38 | リハーサル
2009年 07月 23日

関西シリーズパート2

個人的にはクリニックなどで備後方面を経由して、#&♭に合流。
六日間の旅になりました。
昼間はお世話になっている方の車を借りてレンタルスタジオで練習したり、色々と充実した三日間でした。

18日の土曜から大阪入り。
今年になって何回来たでしょうか?
b0094826_12244047.jpg

初日は大阪厚生年金会館。
2300人のホールが満杯。
このところ「白夜のセレナ^デ」のカデンツァ部分を加筆修正していたのですが、演奏直前にリーダーの原さんから急遽曲目変更。
「サマータイム」のアレンジメントを、数十分で思い出すことを余儀なくされました。
やはり名曲は難しいですが、やりがいもありますね。

終了後にファイナルコンサートへ6,7回も聴きに来て下さったファンの方と会食。
僕らはリーガロイヤルホテルに連泊していたのですが、その地下のレストラン街でバリトンサックスの森川さん、司会の石尾さんも交えて楽しく会食。

翌日はサンシティ・塚口。
ここは高齢者の超高級マンション。
1000人ほどの方がつめかけて、熱いコンサートになりました。
皆さんのエネルギーには感服いたします。

今回泊ったリーガロイヤルホテル大阪。
b0094826_124605.jpg

若い頃は寝られさえすれば、どんなところでも平気でした。
しかし、このようなホテルの部屋にいると癒されますね~。
まあ、自腹で宿泊することはまず無いと思いますが・・・・。

終了後は、出雲地方の名士である松永先生のお誘いで原さん、原さんの海軍時代の同期生のかた、また先生の奥様と娘さんと会食。
名アルトで#&♭で、長年リードアルトの席におられた故前川元氏の昔話など興味深い話が満載。
最後はホテルのバーでドライマティニ。
今晩は飲み過ぎですね。
まあ、リーダーと一緒だから大丈夫かな~?



最終日は、このホテルに隣接する大阪国際会議場。
ここが一番大きく、2700人の満員御礼。
b0094826_12484366.jpg


さあ、後はNHKホールと神奈川県民ホールを残すのみ。
これで終わるのも寂しいような気がしますが・・・?

by sunrisek6 | 2009-07-23 12:56 | ツアー
2009年 07月 11日

関西シリーズパート1

b0094826_10315913.jpg

ファイナルツアーは、いよいよ大詰め。
今週、来週と関西方面五か所で演奏します。
京都東急ホテルに宿泊中。京都らしい美しいホテルです。
そういえば、最近利用するホテルが高級になってきたような…。
メンバーへの御褒美でしょうか?

今朝は湯葉の朝粥定食。
小さな食材の一品々が、丁寧に作ってあります。
こんなものを適量頂いていれば、適正な体型になるのでしょうね~。
さあ、これから大阪へ移動です。

by sunrisek6 | 2009-07-11 10:31 | ツアー
2009年 07月 05日

ファイナルツアー北陸2

二日目は、朝もゆっくりの移動。
b0094826_2048235.jpg

21Fのホテルの部屋から金沢駅を臨みます。

北陸自動車道を走ること一時間。
富山市に到着。

今日の会場は北陸一の大きさを誇る、オーバードホール。
b0094826_20524673.gif
客席数は2.200。
完売で満員御礼でした。
ここは原さんの故郷です。
特に暖かい声援が飛んでいました。
b0094826_20544057.gif

今日のゲストは東京キューバンボーイズ。
二つのビッグバンドで、一部を盛り上げます。
第二部は#&♭の単独公演。
広いけど響きの良いホールと、音響スタッフの皆さん方に助けられました。

また嬉しかったのは、芸大時代のビッグバンドの仲間が来てくれたこと。
このトランペッターはなんと美校の方でしたが、アドリブが上手だったのです。
現在は富山大学、芸術家の教授。
すごいですね~。

演奏終了後に、原さんの招待で市内の有名寿司店へ。
ここのご店主も原さんのファン。
b0094826_20585539.jpg


サービスのフルーツケーキを振る舞われ、司会の石尾和子さんとご機嫌の原さん。
後ろに蟹の食べすぎでひっくり返りそうな西直樹も写ってますが・・・・。
あっ、そういえば西君をフューチャーした「マラゲーニャ」は今日も圧巻。
やはり普通のピアニストではありません。

この後、原さんの弟さんのお店「かみふうせん」で二次会。
富山のジャズファンの方がたと、楽しい時間を過ごしました。
最後はテキーラを頂いて、気が付いたら僕以外のメンバーは誰も残っていない!
しかし上等のお酒だったらしく、翌日は爽快。

b0094826_2131068.jpg


富山城址がホテルの部屋から見えます。
美しい北陸には、近々再訪したいものです。

by sunrisek6 | 2009-07-05 21:17 | コンサート
2009年 07月 05日

ファイナルツアー北陸1

今回の原信夫と#&♭のファイナルツアーは北陸。
一日目は石川県金沢市。
電車は時間がかかるので、空路で金沢へ。
ここは加賀の国、独特の情緒があります。

金沢文化会館も美しい建築。
b0094826_20334237.jpg

また会館の裏には尾山神社。
少し時間があったので、散策してみました。
b0094826_20392420.jpg


ここは前田利家が祀ってある神社。
何年か前にNHKの大河ドラマでも取り上げられていたようです。
b0094826_20371141.jpg
日本庭園などもあり、ここから600メートルの兼六園にも行きたくなってしまいました。
b0094826_20383790.jpg


小ぶりなホールでしたが、音響が良く質の高い演奏になりました。
今回からフューチャーされている「白夜のセレナーデ」のカデンツァ部分をリニューアル。
まだ完ぺきではありませんが、けっこう上手くいきました。

驚いたのは、福岡県からいらしてくれたファンの方がいらっしゃったこと。
会場から団体で移動するために、ゆっくりお話ができなくて残念!
8月14日の大橋でのライブや、15日のアクロス福岡での母校吹奏楽団演奏会のゲスト出演でお会いできるとよいのですが。

この日は久々に禁酒。
広い日航ホテルの部屋でくつろぎました。

by sunrisek6 | 2009-07-05 20:39 | コンサート