藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

ムーンライト・ジャズクルーズ

早いもので6回目となる、ムーンライト・ジャズクルーズ。
満月の夜に、東京湾はお台場の海の真ん中に停泊しながらジャズを聴くという趣向です。
主催はハウスボートクラブ(株)。
僕たちもゲストの方々と同じ食事をしながら、東京湾の夜景を楽しみました。
b0094826_10214346.jpg


生憎の曇り空で月は見えなかったのですが、やはり船上からの眺望は美しい。
b0094826_10232178.jpg


残念がら今晩は気温が低く、また小雨がぱらつく危険がるので初めてのキャビン(室内の客席)での演奏となりました。
b0094826_10233189.jpg


今回のメンバーはギターに岩見淳三、ベースに佐瀬正。
二人とも#&♭のメンバーで、たくさんのステージを共にしてきた仲間です。
岩見さんのギターは、オーソドックスで安定したアコースティックサウンドで、お客さんを楽しませました。
佐瀬君のベースは、これまで多くの#&♭の演奏を、根底から支えてきた実績があります。
僕は彼のベースがどれだけの困難の中で、決して前面にスポットライトが当たるとは限らない部分で多くの努力を払ってきたことを知っています。
僕は個人的に、一番多くのサポートは彼から貰いました。
今日のスティックベースの演奏も見事でした。
b0094826_10254433.jpg

キャビンの音響と船窓からの景色、またゲストの皆さんがジャズを楽しんでいる姿を見ながらの演奏。
非常に良いステージとなりました。
次回は10月、中秋の名月辺りに企画されます。
皆さんもいかがですか。

by sunrisek6 | 2010-05-30 10:21 | ライブ
2010年 05月 22日

ビッグバンドのクリニック

毎月行なっている、アマチュアビッグバンドのジョリー・フェローズのクリニックでした。
僕より年配の方々も多数いらっしゃっいます。
皆さん、僕の意見を興味深く聞いてくれます。
実に頭が下がります。
またバンドの雰囲気も凄く良い。
b0094826_3312046.jpg

このバンドの専属ヴォーカルは、ランデル洋子さん。
昨年には彼女の初アルバムに参加しました。英語の発音に関しては、オーソリティです。実は今日も少し教えて頂いたのですが、全然ダメですね〜。
もっと自分の発音を聞き取らねば。

このバンドは7月10日に新大久保のスペースDOでリサイタルを催します。
入場無料、興味のある方はどうぞお越しください。
僕もサウンドチェックから付き合います。

by sunrisek6 | 2010-05-22 23:49 | クリニック・レッスン
2010年 05月 22日

六本木・サテンドール

b0094826_10163870.jpg
今日のサテンドール・スペシャルセッションも、素晴らしいメンバーに恵まれました。
久々の共演、岡崎好朗。
滑らかで豊かな音色。
それに加えてメロディーの美しさと、リズムの良さ。
わが国を代表するトランペッターです。


b0094826_1021728.jpg
ドラムスの大坂昌彦とも久々でした。
前から卓越した技量は、後進のドラマーに多大な影響を与えてきました。
今回はそれに加え、音楽的なエネルギーを多く感じました。
ダイナミクスのうねりが、ソリストの音楽を多彩なものへと変換させます。


b0094826_10244810.jpg



ピアノの関根敏行氏。
氏のHPを観ると、これまで人生において多くの試練を乗り越えられたことが分かります。
その経験の重さは、確実に音楽へと昇華されているようです。
それにしても、あの多彩なヴォイシングを一瞬で繰り出す頭脳には驚愕です。

b0094826_10301214.jpg


向井滋春氏は、あえて説明の必要はないでしょう。
このような尊敬できるプレイヤーが、僕たちの心の支えです。
その多くは、音楽に対する考え方によります。
先輩方の中には、残念ながら思慮が足りない方もいらっしゃいます。
向井さんの真摯な演奏は、観客の心に直接語りかけてきます。
これを学ばずして、何が重要なのでしょう。



ベースは納浩一。
この安定したビート。
また、それだけでは無い独創性。
それらがバランス良く存在しています。
非常に熱いのですが、深い知性を感じます。

b0094826_10374953.jpg


個人的にも、楽器を吹くことが急激に楽になりました。
この歳になって初めての経験です。

現在はふたつのことを勉強しています。
どちらも脳みそがチリチリするほど頭を使います。
脳の伝達方法が電気を使う、というjことを実感します。
(気のせいかもしれませんが・・・)

by sunrisek6 | 2010-05-22 10:42 | ライブ
2010年 05月 21日

Sako's Bar

初めてのお店です。
安ヶ川真理カルテットとして演奏してきました。
場所は大宮駅から徒歩3分。
決して広いお店ではありませんが、大宮東口のデパートや美容院、レストランなどが並ぶおしゃれな通りに面しています。
ドアを開放することもあるので、通りにも音楽が流れて行きます。
地下室で演奏する感覚とは、また違った解放感があります。
b0094826_1212115.jpg

このお店のもうひとつの特徴は、僕たちにギャラが無いことです。
お客さんがたの心付けで、その日のチャージが決まるわけです。
「投げ銭ライブ」と言われてますが、もう少しセンスの良いネーミングは無いものでしょか?
通常のチャージバックシステムよりも、こちらへのリターンは多いのですが、その程度のお金のために演奏している訳ではありません。

しかしお客さんの質は良く、理屈無く楽しんで演奏できました。
若干一名、大声でしゃべる酔客がいたのが残念です。
b0094826_1214720.jpg


自宅が近いこともあり、演奏後にメンバーと飲みながら音楽の話になりました。
皆、熱心ですね!
嬉しいことです。
次回からは、自分の考えを少しずつ伝えて行こうと思います。
気付いたら電車が終わり、真理さん夫妻に車で送って頂きました。

このバンドは7月に川越のスイート・キャデラック、8月にはここSako's Barで演奏します。

by sunrisek6 | 2010-05-21 12:09 | ライブ
2010年 05月 20日

銀座・スイング

今日の銀座スイングはいつもの北村さんのバンドではなく、ドラムの猪俣猛さんを中心としたセッションでした。
若手のトランペットも加わり、クインテットです。
b0094826_14572367.jpg


ピアノは尊敬する市川秀男氏。
ジャズ界を支えてこられた、多くの先輩方がいらっしゃいます。
その方々のお陰で、今の状況があります。

その中で市川氏は、演奏面でいまだに多くの音楽的価値観、また精神的な純粋さを与えて頂ける貴重な存在です。

市川さんと、日本のジャズ誌についての話をしました。
「僕が若い頃は、あちらからライブ会場に取材に来たよ。今は、お金を払わないと来ないけどね。いつから商業主義になったのかは分からないけど、音楽はそれじゃいけないんだよね。」
まさしくその通りです。
尊敬できる先輩のありがたさを、強く感じた次第です。

by sunrisek6 | 2010-05-20 15:13 | ライブ
2010年 05月 09日

六本木・オール・オブ・ミー

初めて出演するお店、All Of Me。
六本木にある東京ミッドタウンの傍。
ここは東京でも一等地になります。
b0094826_10103287.jpg


久しぶりに演奏する原田イサム・カルテット。
原田さんは来年に傘寿のお祝いです。

今まで共演してきた中で、今日のこのカルテットはベストのプレイでした。
イサムさんは、ますます盛んです。
ピアノの小谷さん、ベースの谷口さんも素晴らしいサポート。
小谷さんの的確なアイディアと着実で動じない姿勢は、もっと評価されるべきピアニストの一人です。

b0094826_10154642.jpg


ヴォーカルの紗野葉子さんも共演。
僕が好きな女性ヴォーカルと演奏する機会は、決して多くありません。
彼女の歌には、即興演奏できる十分なスペースがあります。

原田イサムさんの好調なドラミングと共に、印象に残る一夜となりました。

by sunrisek6 | 2010-05-09 10:21 | ライブ
2010年 05月 02日

新宿・サムデイ

今夜のサムデイは、東京リーダーズビッグバンド。
お客さんの中には、連休を利用して遠距離からいらっしゃった方々も多く見受けられました。
僕の前の方は、なんと鹿児島から。
#&♭の鹿児島公演で、僕たちの存在を知り興味を持たれたそうです。

そのような方々に、僕らは何を提供できるでしょう。
勿論、音楽です。
ビッグバンドは、まずアンサンブル。
次に質の高いアドリブソロ。

b0094826_930279.jpg


ドラムスはこのバンド初めての、久米雅之。
彼とは18歳の頃からの知り合いです。
ビッグバンドのアンサンブルは大変なのですが、彼はさすがですね。
本番になると、決して引くことなく積極的に演奏していました。
素晴らしいリズム・セクションでした。

終了後にトロンボーンのフレッド・シモンズを交え、楽しく会話。
彼はL.A.から来たミュージシャン。
少しだけ英語の勉強をさせていただきました。

本日の曲目の中で、サド・ジョーンズの名曲「Don't Git Sassy」。
このGitが分からなかったのですが、単にGetのスラングだと教えてもらいました。
今日のキーワードです。

by sunrisek6 | 2010-05-02 09:40 | ライブ