藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

第16回書友会展

今年も谷山忠男氏の書道展に行って参りました。
「書友会展」というのは、谷山さんが指示された先生のお弟子さんが出品する書展です。

また僕自身も5回目くらいになりますが、もう一度谷山さんを紹介いたします。
氏は長らく#&♭にリード・トロンボーンとして在席されました。
わが国のトロンボーンの水準を、大きく引き上げた功績は永遠に日本ジャズ史に刻まれるでしょう。
予科練において終戦を迎えられた谷山さんは、郷里の土佐へ帰る石炭の積まれた貨車のの上で、日本刀を片手に米兵を斬り自害して散ることをお考えになっていたそうです。
さて前置きはこの辺りにして、素晴らしい作品の数々をご紹介いたします。

     【つかれた足うら念じて洗う
b0094826_18594743.jpg

谷山さんの書は、全てご本人の創作された文章です。
短い言葉の中に、様々な思いが凝縮されています。
毎日長くお歩きのなりますが、このことがとても81歳には決して見えない若々しい身体を保っていらっしゃるようです。




      【戴いて 刻一刻 歩◇一歩
b0094826_1934242.jpg

「戴いて・・」とあるのは、命のことです。
昨年にお祝いとして木の枝でできた筆を差し上げたのですが、その筆を使って書いてくださいました。
非常に感激しています。



      【明けの星 今日の一歩の 響き合う
b0094826_1911313.jpg

まだ暗いうちからお歩きなるようですが、未明の空に星が一つ。
「おはよう!」と声を掛けられたような気がして、この作品が出来上がったそうです。




      【笑顔 ハ 寶(たから)
b0094826_1914272.jpg

今回の作品集の中で最もユニークな書は、なんと寶の字が笑っています。
氏は絵画的な遊び心もお持ちで、このような自由な発想は音楽を演奏する上でも重要なものだと感じました。




   【雨にうたれ 白い花はより美しく 黒い石は磨かれて さらに深く 光を放つ
b0094826_19184974.jpg

美しい文章ですが、白い花は紙、黒い石は墨。
つまり書の芸術、そのもののことをおっしゃっています。





      【今日只今の一呼吸
b0094826_19213564.jpg

仏教の研究家でもある谷山氏は、良く呼吸の事をお話になります。
たくさん吸って、ゆっくりと吐く。
なんと座禅の時は、1分間の呼吸回数はたったの4回。
またこの書の構成の素晴らしいことは、シュールリアリズムの絵画を観ているようです。





      【此処にきて 頭打つやらころぶやら どんな着地になるのやら
b0094826_1926965.jpg

駐車場で天井に頭をぶつけた谷山氏、その時の心情を語った一枚。
お友達のバリトン・サックスの名手である森川伸幸氏は、大笑いされていました。





      【捨てて得る身軽さこそが宝物 と云ってはみたものの
b0094826_19295131.jpg

最後の文章が谷山さんらしい。
そんな堅いことを言ってはみたものの、どんなもんか?
この飄々とした次元に達するのは、僕にとってはまだまだ先の事のようです。

銀座4丁目大黒屋ギャラリー7Fにおいて開催中。
5月1日まで、10:00~19:00(最終日は17:00まで)
どうぞ皆さん、ご覧になってください。

by sunrisek6 | 2011-04-29 19:36 | 文化芸術
2011年 04月 25日

ペンタトニック アプローチ セミナー

アルソ出版の「THE SAX」に、2年ほど連載しているペンタトニックに関する講座。
最近は難しすぎる、という意見もあり、この辺りでこれまでの講座の復習をするという意味合いでセミナーを開催しました。
月に2度ほどレッスンを行っている、a_note+。
ここでセミナーを行ったのですが、広さの関係で14名定員としました。

b0094826_1044657.jpg


今日は4時間の長丁場。
大きく三つのセクションに区切り、このスケールの説明を試みました。
やってみると、情報量の多さに我ながら驚きます。
このスケールを系統立てて、4時間でマスターすることは不可能です。
理解できさえすれば、あとは反復練習あるのみ。

僕の場合は新しい響きが実に面白くて、苦労した記憶があまりありません。
けど、気が付いたら6時間ぐらい吹いていたこともありました。
姿勢を気にせずに長時間吹きすぎて、しっかり頸を痛めてしまいましたが(笑)

b0094826_10125337.jpg


楽器をお持ちの受講生もいらっしゃいました。
一人はまだ中学生。
楽譜に書かれていない、新しいペンタトニックをその場で考えながら吹く練習。
受講生は二人とも、良く吹いてくださいました。

最後の時間は、オルタード・スケールをいかにペンタトニックで表現するか。
この辺りになると、かなり話が込み入ってきます。
しかしながら聴講生の皆さんは、最後まで理解しながら熱心に聞いていらっしゃいました。
この複雑な内容を考えると、これは稀なことではないでしょうか。
日本人の明晰さと、勤勉さに改めて感心いたしました。

自分としては、まだまだ講師としての未熟さを感じます。
これも回数をこなさないと、本当には上手くはならないものなのでしょう。

正直に申し上げると、4時間はかなり疲れました。
終わった後は、しばらく頭が回りませんでした。
けれど充実感があります。

最後まで聞いて頂いた皆さん方に、深く感謝いたします。

by sunrisek6 | 2011-04-25 10:28 | クリニック・レッスン
2011年 04月 22日

金井英人氏永眠

ベース奏者の金井英人が2011年4月8日、訪問先の愛知県豊橋市内のホテルで逝去されました。
死因は不明です。
前日には豊橋市内でライブを行い、四国ツアーも控えていたそうです。

実は僕のところへ、連絡が入っていませんでした。
今朝聞いて驚いているところです。
生前からミステリアスな部分が魅力的な方だったので、金井さんらしいかもしれません。

僕はフリーフォーム系の音楽は得意としないため、たまにしかご一緒で来ませんでしたが、山陰で一週間近くの旅を共にさせて頂いたこともあります。

謹んでこれまでお世話になったことを感謝し、ご冥福をお祈りいたします。

b0094826_135862.jpg


金井さんのご逝去にともない、明日予定されていた「アジアン・カルチャー・センター」でのコンサートは中止となりました。

1931年5月17日東京にてお生まれ。
79歳におなりでした。

by sunrisek6 | 2011-04-22 14:08 | 社会
2011年 04月 21日

新橋演舞場

日頃お世話になっている先生から、歌舞伎のチケットを頂きました。
「四月大歌舞伎」、新橋演舞場です。

たまには明るい記事をお伝えします。
こんな時こそライブへ!と言っておきながら、自分がどこにも行かないんじゃ話になりません。

b0094826_2053132.jpg


演目は3つ。
最初は「お江戸みやげ」、坂東三津五郎さんが素晴らしい。
日立の国から反物の流し売りに来た、お辻(三津五郎)が初めて惚れた男の為に全財産を投げ打つというお話。
惚れられる男は、人気役者の坂東栄紫(錦之助)。
栄紫は田舎から出て来たお辻を大切に遇し、「役者冥利に尽きます。」と言います。
その姿勢が、お辻の心を動かすのでしょう。

二つ目は「一條大蔵譚(いちじょうおおくら・ものがたり)」。b0094826_21164166.jpg
これは平家の世に、源氏に忠誠を誓う人々の物語。
僕でも知っている常磐御前など、歴史上の人物が登場。
主役は尾上菊五郎丈。
阿呆を演ずる殿様から、打って変わった勇壮な大蔵卿への変わり身が見事。
また忠臣、吉岡鬼次郎の妻、お京役の尾上菊之助が凄い。
その舞には、ゾクッときました。
全体的にそうですが、日本人のリズムや身のこなしに対する美意識が、自分の中で育っていたことを実感しました。

b0094826_21191615.jpg

(新橋演舞場の正面です)

最後は藤十郎さんが締めました。
「封印切」という上方歌舞伎です。
惚れた花魁の身請けに、公金を横領してしまうお店者の話です。
ユーモラスな部分も多かったのですが、最後のシーンが圧巻。
僕の席は有難いことに、花道のすぐ傍。
まじかで坂田藤十郎丈の迫真の演技。
恐ろしいほどに大それた罪を犯してしまった男の心情を、これほど上手く表現することに驚きました。

高価なものなので、そうそう歌舞伎などを観賞する訳にはいきませんが、実に楽しめました。
一寸した仕草に、これほど自分が敏感に反応することにも驚きましたが、ここのところの能楽鑑賞も影響しているものかと思います。
いや~、また行きたい!
b0094826_21363584.jpg

帰りには「お江戸みやげ」の舞台となった湯島天神へ詣で、手を合わせてきました。
役者冥利につきる、とは音楽家冥利につきると言い替えることもできます。

しかしながら、どこかの無能な首相のように「復興に力を寄与できれば政治家の本懐である。(政治家冥利につきる)」などと、自分の力を勘違いされても困ります。

by sunrisek6 | 2011-04-21 21:36 | 文化芸術
2011年 04月 19日

支援コンサートの写真

先日の若林体育館での写真です。
奥田建設の役員の方が、お撮りになったものです。
避難所の状態がわかります。

b0094826_2026477.jpg


今日はアルソ出版社が経営する、a-note+でのレッスンでした。
この雑誌では、ジャズ理論の講座を担当しています。
その関係で、この度の支援コンサートを雑誌で取り上げるよう要請しました。

このコンサートの真の立役者は僕らではなく、奥田建設の会長以下役員の皆さまです。
会長は、ステージで挨拶を一切することはありませんでした。
しかし、これだけはお願いされました。
「皆さんが東京に帰りステージを務められた時には、仙台で演奏してきたと言ってもらいたい。」
これが、支援に繋がるのです。

奥田会長から、御礼状が届きました。
有難い内容です。
次の手を考えてみようと思っています。

by sunrisek6 | 2011-04-19 21:54 | 復興支援
2011年 04月 17日

仙台市若林体育館

今回は、今のところ写真がありません。
それどころでは無いほど時間に余裕がなかったこと、(これは記事をお読みになればわかります)それと報道カメラマンでも無い僕は、カメラが向けられなかったことです。

今回の経緯からお話致しましょう。
仙台に本社のある奥田建設。
多くの建築物から、架橋や護岸工事まで。
例えば、宮城県庁、仙台市宮城総合支所、仙台市宮城消防署、開成橋、宮城大橋、広瀬川護岸、宮城県立宮城野高校、宮城県立利府高校そしてユアテックスタジアム仙台(J.V)。
数えるときりがありません。
東北の街を創る、重要な会社です。
現会長の奥田和男氏は、仙台、いや東北の為に尽力されてきました。
それは建造物に留まらず、文化、教育にまで及びます。

某音楽事務所の副社長が、コンサートの企画を高飛車な態度で頼みに来たことがあります。
会長は(当時社長)はこれを一喝。
塩を撒かれて追い出された事務所の副社長は、ほうほうの体で逃げ帰りました。
事務所のトップからお詫びの電話も受け付けず、結局直々に謝罪にこさせたのです。

最近は、こんな日本人が少なくなりました。

そんなこともあり、非常に信頼している奥田会長に、この度の震災のお見舞い状を送りました。
その中に、早い時期の現地での演奏を依頼しました。
こちらからの押しかけです。

最終的には、奥田会長が原さんを始め僕らにお願いをした形でコンサートが企画されました。
ここが偉い。
あくまで奥田建設側の依頼として(精神的な意味を含め)、計画を進められたのです。

16日がコンサートなのですが、僕が奥田会長と電話で話ができたのは」、なんと5日前の11日。
原さんと僕で手分けしてメンバーを招集。
元#&♭のメンバー6人をピックアップしました。
これで決まったと思ったら大型の余震。
これでせっかく仙台までつながっていた新幹線はストップ。

急遽空路に変更するも、航空券の手配は困難な状況。
これを会長の力で自民党に働きかけ、席を確保。

ところがベースは載せられない為、佐瀬正は車での移動。
ギターのカポネさんも同様の理由で、福島から在来線で。
またトロンボーンの片岡雄三は、その日に帰京せねばなりません。
しかも彼の車は使えない。
こうなると僕が車を出して、コンサート終了後に彼を中野まで送り届ける。
なんとしてもやらねばならないことなので、この段取りでスタート。

ところが当日11:09に栃木で大きな余震。
佐瀬正の車は、通行止めに。
そしてカポネさんの新幹線は大宮でストップ。
追い打ちをかけるように、福島~仙台間の在来線は強風のため運転中止。

佐瀬正の車は強風の中、カポネさんは高速バスに乗り換えての移動。

全員が揃ったのは、予定よりも2時間ほど後です。

ここからが大変。
とにかく譜面の打ち合わせが難しい。
リクエストに応えるため、フルバンドノ譜面を使って再アレンジ。
こんな綱渡りは、シャープスで数え切れない本番をやった仲間だからです。
その中でカポネさんは凄かった。
彼の耳と感性で、この難局を支えてくれました。
もちろん、全員が良い演奏をしました。

会場は避難場所になっています。
ダンボールであちらこちらに仕切りがあります。
もう40日近くの避難生活。
疲れが無い訳がありません。
それでも、皆さんは手拍子などして楽しんでくれました。
全員が近くにこられるスペースはありません。
殆どの方は、それぞれの居住空間で聴くことになります。

演奏曲目は殆どがリクエスト。
「A列車で行こう」「リンゴ追分」「上を向いて歩こう」など。」「ふるさと」
フロントのマイク・プライスは、音楽の流れを把握して居場所を掴みます。
片岡雄三は、暖かくそしてエキサイティングに。
稲垣貴庸はアンサンブルの要所を締め、佐瀬正は最後まで豊かなビートを寄与。

ソーラン節では稲垣氏の叩いたリズムを、お客さんが模倣するコール・アンドレ・スポンスもあり、アップテンポで演奏された「真っ赤な太陽」では身体を動かしてのっている方も。

原さんは最初や曲間のスピーチで、お客さんに多くを語りかけます。
進行を締めてくれたのは、ファイナルコンサートでの秀逸な進行が評判だった石尾和子さん。
僕はコンダクトで、精神が混濁しそうでしたが(すみません)、なんとか無事に終了。

アンコールの「ふるさと」。
これは心を無にして、出来る限り美しい音楽を演奏するように努力していても、つい感極まりそうになります。

会長を始め奥のお客さま方は、泣いていらっしゃったそうです。
3番の歌詞には「いつの日にかかえらん・・」という部分があります。
帰る場所が無い方も、いや多くの方が帰るべき場所を失ってしまったのです。

仙台到着後、食事時間以外は全く余裕が無く、本番。
ステージ衣装はシャープスのユニフォーム。
こんな時には制服です。
僕らにとっては戦闘服です。
僕のアイディアを、メンバー皆が二つ返事で賛成してくれました。
また奥田会長からのギャラを、皆の取り決めで固辞。
「日本人なら当然です」というカポネさんの言葉が力強い。
会長も快く理解してくれました。
原さんからは、寸志を頂きました。
これは昔のボスからの気持ちです。


ひとつ残念だったことは、避難場所におられる方以外が入場できなかったことです。
僕もブログで呼びかけてしまった責任があり、交渉いたしました。
しかし東北新聞に記事が大きく掲載されたために、多くの方が訪れ、避難所の職員方だけでは誘導しきれなかったことが原因です。
申し訳ありません。
ご迷惑を掛けた方々には、心からお詫び致します。

状況が許せば、何度でも仙台やその他の場所へ行きたいと考えております。
震災後に、日本人の素晴らしさを誇らしく思います。
庶民には、まだ日本人の良さが十分残っているようです。
それに比べ、政界のトップの質の劣化はどうしたことでしょう。
国難を乗り越えるには、国民のよりどころとなる指導者が必要です。
日本の二次災害は、現内閣が無能だということに他なりません。

終了後、片岡雄三を送って帰宅。
家を出て17時間、9時間以上の運転。
トリップメーターは700km近くに迫っていました。
しかし、今年最も充実した意味のある一日となりました。
また奥田会長始め、幹部の方々自らが僕らのお世話をして頂き、心から有難く感じております。

by sunrisek6 | 2011-04-17 18:00 | 復興支援
2011年 04月 17日

赤坂・ビーフラット

マイク・プライス・ジャズ・オーケストラのライブ公演。
東京赤坂のジャズクラブ、ビーフラットで行われました。
震災後は各クラブの集客が決して良いとは言えませんが、お客さんの意識は高くなっているような気がします。
b0094826_11121178.jpg


今日は多くのお客様にいらして頂けました。
日本の観客のノリは、外国に比し今一つだと意見もあります。
僕はそうは思いません。
米国は確かに音楽を楽しむことに優れています。
けれど楽しむということと、何かを自分に取り込みながら理解することとは違います。
韓国では聴衆の熱い声援に迎えられますが、眼を見ていると、その熱狂は一過性のもののように感じます。

日本の観衆は外向的自己表現は上手くは無いのですが、それぞれの懐に音楽の温もりをしのばせることには長けています。

本日の演奏も、マイク・プライスの選曲でエリントン・ナンバーが殆どでした。
今回は、このバンドのライブの中でも最も良い演奏と言えるでしょう。

b0094826_11222955.jpg

バンドメンバーには、元#&♭の音楽家がなんと半分を占めます。
明日は仙台の避難所で演奏です。
シャープスのピックアップ6人とリーダーの原信夫氏で赴きます。
そのため原さんも、ここビーフラットにいらっしゃいました。
ライブハウスに顔を出されるのは極めて珍しいことですが、明日の事もあるし、なんといっても半分は自分のバンドメンバーです。
大きな拍手をされていたことが印象的でした。

さて明日は車で東北道を北上。
いざ仙台へ。

by sunrisek6 | 2011-04-17 11:34 | ライブ
2011年 04月 12日

被災地コンサート

仙台市の建設業界の重鎮、奥田和男氏。
奥田会長の奥田建設は、これまでも地域の為に貢献されてきました。
原信夫とシャープス&フラッツを何度も仙台に招聘してくださり、地元仙台の文化と教育に多大な貢献をされました。
今や、その奥田会長以下社員の皆さまも被災者です。

震災後から奥田会長に支援コンサートを打診しておりましたが、この土曜日に演奏が決定しました。
場所は仙台市若林体育館、19:00からのコンサートです。

b0094826_21254689.jpg


メンバーは、元シャープスのピックアップ。
マイク・プライス(トランペット)、片岡雄三(トロンボーン)、宮崎信義(ギター)、佐瀬正(ベース)、稲垣貴庸(ドラムス)、それと僕でセクステットの編成です。
ピアノは津波で流されたために、楽器そのものが無いのです。
そこに進行と全員のまとめ役としてシャープのリーダー原信夫氏と、司会として石尾和子さんが同行します。
全員、ボランティアとしての有志です。
「日本人なら当然です。」と言ってくれた方も多くいます。
原発事故に臆することなく、日本にとどまる米国人もいますが・・・・(笑)

心して良い音楽を奏で、何らかのお役に立てればと思います。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」において、正岡子規が病身をおして従軍を希望する描写がありました。
その願いが叶った時に、子規は非常に喜びます。
今の僕には、その気持ちが非常に良く理解できます。

当日は、皆さんが良く知っていらっしゃる曲目でまとめる予定です。
お近くにお住まいの方、またお近くにお住まいの知人がいらっしゃる方、ご連絡をお願いいたします。

by sunrisek6 | 2011-04-12 21:56 | 復興支援
2011年 04月 11日

震災後一か月

あれから、ひと月経ちました。
震災前と震災後は、色んなことに変化が起こりました。
物事に真摯に取り組む気持ちが強まったことも、その中の大きな一つではないでしょうか。

今週の金曜に予定されている、マイク・プライス・ジャズオーケストラのライブ。
今日は、そのリハーサルを行いました。

b0094826_1851432.jpg

今回はエリントン・バンドのレパートリーが中心。
デューク・エリントン・オーケストラは、誰が何と言おうがジャズ界の横綱です。
学生バンドや社会人バンドぼレパートリーに入りにくいのは、その正確なアレンジメントが一切手に入らないことと、組曲など一般受けし難い要因があるからでしょうか。

このバンドは、多くのスコアを入手してます。
上の写真はオリジナルの演奏を聴きながら、そのニュアンスを研究する音楽の姿です。
若手に辛辣すぎるアドヴァイスを与えたりして多少反省しておりますが、僕なんかも言われてきたことで、これはジャズへの恩返しでもあります。

さてリハーサルが早めに終了したため、乗り換えの上野駅で途中下車。
満開の桜を観るためです。

b0094826_191682.jpg


何だかんだとスケジュールをこなしていくと、なかなか花見には行けません。
一度書いたことがありますが、桜を観る回数はカウントダウンを感じます。
そのため最近は、このわが国の国花が非常に美しく見えるのです。

上は不忍池のほとりから、弁財天と参道の桜。
下は上野公園内の景色です。

b0094826_19195371.jpg


花見客はウイークデイの昼下がりということを差し引いても、かなり節度のある雰囲気でした。
このほうが、お花見っぽい。
桜を愛でながら、料理やお酒を頂く。
こんな風流は日本だけですね。

by sunrisek6 | 2011-04-11 19:23 | 社会
2011年 04月 10日

ジョリー・フェロー

社会人ビッグバンドのクリニックです。
去年もバンドのリサイタルの約半年前からレッスンを始めましたが、今年も同様です。
出席率の良さには驚かされます。
ほぼ毎回100%!
それだけ音楽に対して前向きで、しかもメンバーの人間的なアンサンブルも良いということでしょう。
なかなか無いことです。
b0094826_9592492.jpg


今回はハイノート・トランペットをフィーチャーした「Rockyのテーマ」や、サド・ジョーンズ、メル・ルイスバンドの名作「Big Dipper」、それにバディ・リッチ・オーケストラの定番「Big Swing Face」などを練習しました。

クリニックでは、その時は良くなっても、また元に戻ってしまうことは良くあります。
しかしこのバンドは、確実に良くなっています。
皆さんお仕事でお忙しい中、これは凄いことなのです。

b0094826_1051163.jpg


反省会と称する懇親会。
練習場の真上が韓国料理店。
毎回第二の練習場になっています。
こちらへの出席率の多さにも驚かされます。
ここでは僕が逆に皆さんからの情報を頂くことになります。
韓国料理店なために東北のお酒がなくて残念ですが、マッコリと焼酎で乾杯。
このバンドは、7月に新大久保のホールでリサイタルを開催します。
近くなったらご案内します。

b0094826_10111610.jpg


by sunrisek6 | 2011-04-10 10:11 | クリニック・レッスン