藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 27日

六本木・サテンドール

サテンドール・スペシャルセッション。
もちろん今年最後です。
今回のメンバーは、篠原正樹(tp)、佐藤達哉(ts)、椎名豊(p)、本川悠平(b)、藤井学(ds)。
b0094826_18325852.jpg

篠原氏は初対面。
深い音を持ったトランペットで、これからが期待できます。
何度も色んな場所で共演してきた佐藤達哉氏は、最近音が太くなったような気がします。
ますますテナーらしい暖かいサウンドを感じます。
本川君と藤井君の的確なプレイは揺るぎません。
久々に共演した椎名豊氏は、日本を代表するピアニストの一人であることに誰も異論を唱えることはできないでしょう。
剛柔両面の顔を存分に見せてもらいました。
来年は共演の機会があるかもしれません。
b0094826_1839053.jpg

今年最後のステージとなりましたが、非常に暖かいお客さま方に囲まれて最後を終えることができて実に嬉しく感じています。
今年の最後は体調不良などの厄災もあり、大変だったことは事実ですが、そのことによって突然に見えたものもあります。
今週のサムデイの演奏辺りから、また新たな感覚が掴めました。
音の焦点は自分から遠くにあるのですが、楽器のベルの直前で音楽を完成させて、それを遠くへ飛ばすという感覚です。
これまではその両方が共存し難かったのですが、今は具体的に、また肉体的に把握できます。
これは演奏時の精神面、あるいは集中力に影響を及ぼします。
まあ短簡に言えば、転んでもただでは起きないということでしょうか。

by sunrisek6 | 2011-12-27 18:56 | ライブ
2011年 12月 27日

辻堂・風音(カノン)

このお店とは十数年以来のお付き合いです。
3回ほど店舗は移動しましたが、いつもセンスの良いお店のインテリアは共通しています。
今回は辻堂です。
17名ほどで満員ですが、サキソフォンとピアノの生演奏(電気を使用しない)にはぴったりです。
b0094826_1812346.jpg

観客の皆さんは趣味が良く、JAZZという音楽そのものを楽しんで頂けたようです。
ピアノは今年多くを共演した田中裕士氏。
彼とのデュオは初めてでしたが、素晴らしいアカンパニオンで面白い演奏になりました。
b0094826_1817647.jpg

終了後はママの佐藤悦子さんを交え、ワインをご馳走になり楽しい打ち上げになりました。
b0094826_18185420.jpg

撮影は娘さんの未歩さん。
良い写真が撮れました。
このような形のライブは非常に楽しいです。
僕も含めて、文化を楽しむ大人たちの場は貴重だと思います。
またやりたいですね。

by sunrisek6 | 2011-12-27 18:21 | ライブ
2011年 12月 23日

新宿・サムデイ

今日は久振りで、盤石の体調で臨むライブです。
演奏時の頸筋の痛みも無くなり、音楽に集中できます。
このところの体調不良は、サックスの音を出すために新たなイメージを生みました。
年に一、二回あることですが、急に何かを理解できることがあります。
今回は音の圧縮を、一段階進めて、メロディーを奏でるニュアンスをより鮮明にし得る方法を見出しました。
b0094826_0593375.jpg


また共演した音楽家たちの力量も、このことを理解できる大きな助力となりました。
少なくとも今年一番の演奏ができたことは、この日の録音を聴いても分かります。

NPO音楽同好会の方々が、大挙していらしてくれました。
さすがにマナーの良い音楽鑑賞。
そのことも僕たちの演奏の集中力を高めてくださいました。

b0094826_162585.jpg


いつも思うことですが、この歳になるまで分からなかった自分の愚かさを悔いるのではなく、理解して演奏すことができた幸せを感謝したいと思います。
多分、まだまだ発見すること、あるいはせねばならないことは多く存在するでしょう。
それを音楽を続けるうえでの魅力的な楽しみとしたい、そのように感じます。

by sunrisek6 | 2011-12-23 01:10 | ライブ
2011年 12月 20日

生徒と懇親会

この時期には毎年懇親会を開きます。
まあ、忘年会ですね。
月曜日にしたので来られない生徒も多かったのですが、それでも賑やかな会になりました。
b0094826_23194791.jpg

プロとして活動している元生徒も参加。
時間が短かったので全員とゆっくり話すことができなかったのは残念でしたが、元気でやっている顔を見られたことが嬉しい。
皆さん、頑張ってください!

by sunrisek6 | 2011-12-20 23:23 | クリニック・レッスン
2011年 12月 19日

浜松・ジャズクリニック

このところブログが更新されず、多くの方々にご心配を掛けました。
記事的には色々あったのですが、写真が無かったのがひとつの理由。
もうひとつは正直言って、あまり体調が芳しくなかったからです。

吹く度に痛みがあった頸も、もうすっかり治りました。
このところ滞っていた新しいフレージングの練習も再開できました。

さて、もう3年目となるジャズクリニック。
浜松アクトシティ音楽院主催のクリニックは、原信夫氏を中心としたものです。
毎年3回、年末から新年にかけて同じ学校(単独高、あるいは合同)をまわります。
一回のクリニックは二日間で4団体。
ひとつの団体は、必ず3年の間継続して次の3年間はまた新たな団体へと変わって行きます。
そうすると、どの学校の生徒もすくなくとも一回はクリニックを受けられます。
タイミングが良ければ3年間経験できる訳です。

浜松市も広いので、市の端から端に移動することもあります。
また合奏は体育館で火の気がない。
またパート練習は場合によって4階までの上り下り。
これを4回やるのですから楽ではありません。

しかし子供達は熱心で、3年目ともなると随分と慣れてきます。
b0094826_1743280.jpg

皆良い子たちで、クリニック中は疲れなど忘れます。

今回はこれまでの基礎的な指導から一転。
ジャズのニュアンスの付け方自体を教えました。
b0094826_1761766.jpg

驚くことに、このようなテクニックや表現の吸収が速い。
見違えるように面白いアンサンブルになりました。
子供たちの柔軟な姿勢は大きく参考になります。
僕も音楽や芸術にいつまでも先入観なしに、自然に接して行きたいと思います。
b0094826_1728404.jpg


by sunrisek6 | 2011-12-19 17:10 | クリニック・レッスン
2011年 12月 06日

Hot in jazz

今日は横浜市でのコンサート。
金沢区にあるホテルでの演奏です。
ここは根岸線の新杉田からシーサイドラインという電車で15分ほど。
海のそばで、非常に美しい景観です。
天気が良かったために、内陸側には富士山が見えています。
b0094826_1124490.jpg


このコンサートは15年も続いています。
小学校時代のPTAのお母様方の集まりが、子供たちの卒業後も続いているという稀有な例です。
年に何度か生涯学習教室として会を開かれていますが、毎年年末はJazzのコンサート。
僕は第2回目から、何度も演奏しています。

今回は田中裕士、本川悠平、広瀬潤次のカルテットでジャズナンバーを披露しました。
観客の皆さんは熟年の世代が中心。
アンコールも含めて、最後まで楽しんでいらっしゃったようです。

個人的には、最近の体調不良で首の痛みと頭痛があります。
ストラップを急遽、タスキ掛けのモデルに変更して何とか終了しました。
僕は大病したことがないし、入院経験もありません。
このぐらいはあっても人生経験上よろしいかと思っています。

終了後に「なみき」の皆さんとお茶会。
いつもながら細かいご配慮に感謝します。
b0094826_11131151.jpg


by sunrisek6 | 2011-12-06 11:13 | コンサート
2011年 12月 02日

町田市古淵・オールドヒッコリー

本当は直前まで断ろうかと考えていた、今日のライブ。
しかし大事を取って家で休んでいても、あまり回復にはならない。
また久しぶりのギターリスト、ピーター・モンゴメリーは共演を楽しみにしているよう。
思い切って行くことにしました。
場所は町田の本格的ピザハウス、オールドヒッコリー。
b0094826_10213082.jpg
普通のピザ屋さんですが、ジャズを聴くために前列に陣取るお客さんでいっぱい。
ステージ前のテーブルは埋まってしまいました。
そんな中、ピーターはPat Metheny の「Better days ahead」やJonatan Kreisbergの「Shadowless」など、非常に演奏が困難な曲などを気にせず選曲。

彼は器用なプレイヤーではありません。
譜面も読まないので、レパートリーは全て暗譜。
フレーズも独特です。
これがアメリカ人演奏家の良い部分の一つでしょう。

柳原達夫氏のベースとトミカワ マサシ氏のドラムも素晴らしい。
自宅からは遠い場所でしたが、来て良かったと思える一夜でした。

by sunrisek6 | 2011-12-02 10:34 | ライブ
2011年 12月 02日

新宿・サムデイ

新宿サムデイでの僕のセクステットでした。
目眩の回復が完全では無かったため、演奏しない時はなるべく楽器をおろすようにしました。
サキソフォンはネックストラップが頸動脈の血流を阻害して、血行を悪くすることもあります。
普段は何ということも無いのですが、このような時は注意せねばなりません。

驚いたのは、僕と同じ症状を経験した方の多いこと。
皆さんのお話を総合すると、自然治癒しかないそうです。

さて演奏は、特に復帰したドラムの広瀬潤次の好サポートに助けられました。
b0094826_1010842.jpg


このバンドも少し再編成する時期に来ました。
次回は盤石の態勢で、もう一度原点に帰りたいと考えています。

by sunrisek6 | 2011-12-02 10:12 | ライブ
2011年 12月 01日

今年最後の復興支援(その1)

15か所目となる復興支援コンサート。
今回は大崎市古川第一小学校と、仙台市立戦災復興会館へ行って来ました。
朝早く東京を出発。
11時からリハーサル。
現地で地元のビッグバンドと共演をするためです。
話すと長くなるのですが、仙台で活躍するサックス奏者の安田智彦氏から応援の要請がありました。
せっかくこちらで演奏するのだったら、彼のビッグバンドと共演できないかと。
さすがに16人編成のバンドはリハーサルが必要。
お馴染みの曲を準備して、13:30から本番。
僕の左隣りのアルトが安田智彦氏。
物腰が柔らかい紳士で、演奏も素晴らしい。
今後も長く付き合いたい人物です。

b0094826_1171749.jpg


会場は児童と父兄でいっぱいです。
b0094826_1182132.jpg


子供たちは非常に純粋に音楽を感じています。
彼らの目を見ていると、演奏側にも何かの力が伝わってきます。
b0094826_11102031.jpg


至近距離で生の楽器の音を聴かせてあげたいと考え、客席の中へ入ったりもしました。
児童たちは大喜びです。

b0094826_11123591.jpg


最後は大いに盛り上がり、彼らも立ち上がり踊ります。
この時は「A 列車で行こう」を演奏していました。

大歓声に包まれてステージを降ります。
この盛り上がりのきっかけは、奥田会長。
「児童を扇動されましたね?」と尋ねたら、「子供は自由が一番。静かに音楽を聞かせる必要は無い」
とおっしゃっていました。
さすがに人を動かすことは超一流です。

最後に安田智彦ビッグバンドの素晴らしい演奏能力を称え、仙台市から機材と共に手弁当で大崎市まで(新幹線で仙台からひとつ先の距離)まで来て頂いたことに感謝します。
またこのような形で共演したいものです。
今回はこの後にすぐに夜のコンサートの準備で仙台に向かいうため、懇親会ができませんでした。
次回を楽しみにしております。

その2に続く。

by sunrisek6 | 2011-12-01 10:48 | 復興支援
2011年 12月 01日

今年最後の復興支援(その2)

古川第一小学校を後にして、高速道路で仙台へ市へ移動。
18:30から始まる戦災復興会館でのチャリティーコンサートをやるためです。
この会館は300名ほどのキャパシティですが、本番には満員になりました。
b0094826_1135106.jpg


夜のコンサートは7人編成。
フロントは佐久間勲に片岡雄三。
b0094826_11362141.jpg

リズムセクションは宮崎カポネ信義、初めて参加して頂く中村新太郎に稲垣貴庸。
b0094826_11373893.jpg

ピアノは今泉正明。

b0094826_11381215.jpg
皆さんいつもながらの素晴らしい演奏。
会場のお客さまも大いに喜んでいます。
個人的にはリハーサルから妙に身体のふらつきが気になったのですが、ステージに出たらそんなことは言っていられないし、また殆ど忘れてしまいます。

b0094826_114240100.jpg


このコンサートは仙台市の皆様にお聞かせすると同時に、義援金も集めます。
この日は30万円弱の(奥田会長も10万ほど寄付)の義援金が集まり、早速直接仙台市長へ届けられました。
義援金はこうでなくてはなりません。
日本赤十字などは分配に時間がかかり過ぎる。
また者の運営費に回される懸念があり、不透明感は否めません。

さてこれで今年の東北への復興支援は終了です。
最後は最もヘビーなスケジュールでしたが、最も充実したコンサートになりました。
改めまして奥田会長を始め、奥田建設幹部の方々へ感謝の意を申し上げると共に、東北の一日も早い復興
を祈って止みません。

by sunrisek6 | 2011-12-01 10:24 | 復興支援