藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 26日

NHKセッション2012

NHK-FMのジャズ番組「セッション2012」の収録でした。
僕は初めてこの番組に出演したのは1981年。
ニューブリードというビッグバンド、当時は俳優の鹿内タケシさんが司会をされていました。
505スタジオでの収録で、完全に生放送。
確か週末のゴールデンタイムのオンエアだったと記憶しています。

今は敷地内にある「ふれあいホール」での公開収録です。
b0094826_12381947.jpg

左がNHKホールです。
ふれあいホールは小劇場とうい感じで、ジャズの演奏会や演劇などに良いでしょう。
演じる人間の息遣いや、表情がわかる距離感は重要ですから。

b0094826_12442676.jpg


当日のスケジュール。
テレビとは違い、カメリハ(カメラリハーサル)が無いので楽です。

b0094826_12444174.jpg


今回は演奏中の写真がありません。
当たり前ですが、NHKに著作権があるためです。

肝心の演奏はとういと、これはなかなか良かったのではないでしょうか。
岡崎好朗(TP)、椎名豊(P)、川村竜(B),安藤正則(DS)という秀逸な演奏家が揃ったことが大きな要因ですが、それだけではありません。

まずNHKのスタッフが素晴らしい。
比較しては申し訳ないのですが、全員が真摯な姿勢で番組制作に取り組んでいらっしゃいます。
ディレクターの三浦こずえさんは、モスクワ音楽院に学んだピアニスト。
音楽と演奏家のことを理解されているため、僕らも音楽に集中できました。
録音はラジオという媒体としてもっと重要な要素となりますが、副調整室で聴いたリハーサルの録音は久々に自分のプレイバックを聴いて違和感のないものでした。
数十年ぶりかもしれません。
そのようなスタッフの姿勢が、観客の皆さんのカラーを決定します。
今日の会場は、上品なお客さま方で埋まりました。
僕は日本人が世界で最も上品な民族だと信じています。
取り澄まして格好つけているのではありません。
このような場所での悪ふざけや、から騒ぎが嫌いなだけなのです。
幸せな時間を過ごすことができて幸せです。
共演者、スタッフ、お客さま方に深く感謝します。

個人的にはいつもながら反省しきり。
しかしながら、全体的には上々の出来であったと自負しております。

放送日はNHK-FM、7月22日(日)23:00~24:00
再放送は7月27日(金)10:00~11:00です。
セットリストは
1.C Jam Blues
2.Riverside Jump
3.しのだづま
4.Desert Moonlight
5.Black Orfeus
6.IN Case You Missed It

お聴きになって頂けると幸いです。

by sunrisek6 | 2012-06-26 13:05 | コンサート
2012年 06月 23日

新宿・サムデイ

新宿サムデイでのセクステット。
強力なメンバーに囲まれて、大きな高揚感を持ちます。
ドラムの広瀬潤次やトランペットの岡崎好朗など、何度も演奏を共にしてきたプレーヤーにも新たな一面を発見します。
それだけ彼らが日毎に音楽を前へ進めているからでしょう。

b0094826_1021876.jpg


久しぶりの共演となる中路英明のトロンボーンも、一段と安定感を感じます。

ピアニストの椎名豊は数々のプロジェクトを積極的にこなし、質の高いジャズを音楽界に提供するリーダーです。
僕のバンドへの加入を、快く引き受けてくれたことに感謝します。

また29歳のベース、川村竜は驚異的です。
彼のベースに乗って吹いてみれば、その凄さが分かります。
昔ジャッキー・マクリーンがポール・チェンバースを次のように評しました
「彼のベースで吹けば、何でもできそうな気がする。」
僕は何でもできるほどの次元にはいないのですが、ジャッキーの感想には同感です。

b0094826_10302222.jpg

聴きにいただいた多くのお客さま方に感謝します。
このバンドは秋にショートツアーを行います。
定期的にライブをやりたいのですが、皆さん実に忙しい。
なかなかスケジュールを合わせるのが難しい。
日本の音楽的状況が良くなれば、このようなバンドは増加します。
政治に期待しいところです。

by sunrisek6 | 2012-06-23 10:35 | ライブ
2012年 06月 22日

リハーサル

来週の月曜日、NHK放送局内「ふれあいホール」においてNHK-FMのジャズ番組「SESSION 2012」の公開収録を行います。
今日はそのリハーサルをNHKのスタジオで持ちました。

大山日出男クインテットとしての出演。
トランペットに岡崎好朗を迎え、ピアノは椎名豊。
ベースに川村竜、ドラムスに安藤正則。
僕としては、実にワクワクする布陣となりました。

この番組には何度も出演してはいますが、リーダーとしての演奏は決して多くありません。

b0094826_02209.jpg


椎名豊の左隣りが、この番組の三浦こずえプロデューサーです。
三浦さんと多くの打ち合わせを、メールでやり取りしました。
最近、これほど美しく正しい国語を使用できる方がいらっしゃることに驚きました。
また音楽に造詣が深く、番組制作への真摯なお考えが伝わります。
今日のリハーサルも、2時間ずっと聴いていらっしゃいました。
この番組の質が上がるはずです。
当日の演奏を楽しみにしております。
またコンサートにいらっしゃれなかった皆さまは、7月の放送をお聴きになって頂けると幸いです。

by sunrisek6 | 2012-06-22 00:14 | リハーサル
2012年 06月 11日

五十嵐明要さんのお祝い

日本を代表するアルトサックスの一人、五十嵐明要(あきとし)さんの傘寿(80歳)のお祝いです。
築地にある聖路加タワーの47Fレストランで開かれました。
五十嵐さんのファンが多数列席。
100名のところ、最終的には演奏するミュージシャンも含め150名ほど集まりました。

b0094826_17563430.jpg


最初は原田イサムさんの挨拶からスタート。
そして五十嵐さんカルテットによる演奏へと続きました。

b0094826_1758833.jpg


日本において、これほどアルトの甘い華麗な音色を出す奏者は五十嵐さんの他には見当たりません。
これからも出現しないかもしれません。
僕などは早くに見切りを付けたから良いようなもの、こんな凄い人を追いかけていたら自分のスタイルに到達するまでに息切れしています。
まだ気付かない若手は可哀想ですね~。

b0094826_1811142.jpg


盟友の森サカエさんとの共演。
この後にマウストゥーマウスでキスされていましたが、もう許されるお歳です。(失敬な!)

b0094826_184953.jpg


最後は五十嵐さん主催のバンドKKB.
何とこれは後期高齢者バンドの略です。
ついでならKKB48にして欲しかった。

久振りに聴いたテナーの杉原淳さん、さすがでした。
この演奏が終わっても会場の熱気は冷めやらず、これまでに演奏した全員が舞台に上がり「Take the A train」でジャム。
ラッキーにも五十嵐さんと杉原さんに挟まれ、ピアノは前田憲男さん。
一夜の楽しい夢です。

それにしても80歳とは考えられない五十嵐さんのプレイ。
帰がけに、「五十嵐さん、ベニー・カーターを越えるんじゃないですか?」
「いや~、あれは化けものだからな~」
「五十嵐さんなら、張り合えますよ。」
「コラッ!、ハハハ」
b0094826_9205262.jpg

まだまだ美しいアルトサックスの音は聴けそうです。
秀麗な音色とは、こういう音のことを言うのでしょう。

by sunrisek6 | 2012-06-11 18:17 | コンサート
2012年 06月 08日

草加・シュガーヒル

草加シュガーヒル、続木徹さんとのデュオでした。

b0094826_12333082.jpg

新しい楽器には日毎慣れて行きます。
極端に言えば、1セットと2セット目でも音が変わります。
息の入れ方やマウスピースを咥える角度も違ってくるのでしょうが、楽器も徐々に反応し始めます。
新しい楽器はマウスピースやリードの好みにも影響があります。

全ては音楽のためです。
2月から取り組んでいるSuperimpose。
最初は暴力的な程に調整からの離脱を感じましたが、今は自然な音型に聴こえます。
まだまだですが、この道で良かったように思います。
しばらくは急な上り坂ですが、すこしずつ登って行くしかないようです。

現在の一断面が記録されています。
よろしかったら↓ご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=PIN73o4homY&feature=youtu.be

by sunrisek6 | 2012-06-08 12:41 | ライブ
2012年 06月 07日

サックス・アン・ドブラスマガジン

リットーミュージックから出版されている、特にジャズの管楽器を愛好する読者のための雑誌「Sax&Brass magazine」。
今回のVol.23に僕も記事を書いています。

b0094826_1157393.jpg


専門的ですが、アルトサックスの最も重要なマウスピースである「メイヤー」。
このマウスピースの流れを受け継ぐ新製品を検証しようという企画です。
僕と渡辺ファイアー、藤田淳之介の両氏との座談会形式です。

付録には僕が実際に録音した音源も収録されております。
興味のある方はどうぞご覧ください。

by sunrisek6 | 2012-06-07 12:01 | 取材
2012年 06月 07日

日向市交流館

今年で5回目を迎える、宮崎県日向市での「大山日出男カルテット」のコンサート。
日向市交流館で、満席のお客さま方を前にしての演奏でした。

主催者は僕の従姉妹達です。
子供の頃、博多に暮らしていた僕は、夏休みに良く従姉妹達の住む日向へ行き、良く遊びました。
従姉妹である中野家の家族構成は一男三女。
年齢的には三女と長男の間に位置する僕は、急に兄弟ができたようで嬉しかったのです。
50年後に、その従姉妹達の主催でコンサートをやるなどとは誰も想像すらしなかったことでしょう。

世の中の景気は今一つですが、日向市交流館は文化を求める方々で埋まりました。

b0094826_7535075.jpg


ポピュラーな曲も演奏しましたが、W.Syorter,J.Coltraneのレパートリなどにも熱い反応が帰ってきました。
b0094826_7584711.jpg

勿論この日のリズムセクション、西直樹(P)、高瀬裕(B),広瀬潤次(DS)の力も大きいのですが、お客のレベルの高さにも助けられたように感じます。

当初予想していたよりも当日券がたくさん出たため、急遽花束贈呈を企画。
ここが素人の手作り感があって良いところです。
b0094826_874398.jpg

従姉妹達の孫に白羽の矢が当り、少し緊張気味の9歳、4歳、3歳、2歳。(でもないか・・・)

b0094826_823041.jpg


ハグ付きが条件でしたが、僕担当の3歳の孫は花束を渡すのがやっと。
後はお母さんの陰に隠れてしまいました。
他のメンバーには、しっかりハグ付き。

こうなるとアンコールをやらない訳には行かなく、めったにやらない「Fly Me To The Moon」を演奏。吹き始めるまでキーも分かっていませんでしたが。

b0094826_87514.jpg


終わってみれば前回にも増して大成功。
たくさんの方々と握手をしました。

終了後お世話になった親族と、その仲間と打ち上げです。
b0094826_8102037.jpg

いつもはコンサート後に来年の話は出ません。
このような企画は想像以上の心労があるため、すぐに来年もやるとは考えにくいのです。
しかし何となく来年、第6回目も決まりのような雰囲気でした。
6年前から比べると、結婚と出産で親族の数はほぼ2倍。
来年も増えているのでしょうね~。
楽しみです。
こような機会を与えてくれた従姉妹達始め、そのお嫁さん方に感謝します。

個人的な演奏の話も少し。
新しい楽器が快調です。
マウスピースを咥える角度に変化が出て、セッティングも変わりました。
何より自分の頭の中にある、ブルースフィーリングの理想に進んで行けそうです。

by sunrisek6 | 2012-06-07 07:51 | コンサート