藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 24日

ビルボードライブtokyo

b0094826_11321050.jpg
ジル・デコイ・アソシエーション(ジルデコ)のライブが終了しました。六本木ミッドタウン内にあり、都内でも最大規模のライブハウス、ビルボードライブtokyoでのコンサート。2回の公演はどちらもほぼ満杯で多くのジルデコファンで会場は熱気に溢れます。
主役はヴォーカルのchihiRo。心の琴線に沁み込んでくる優しい声と、的確な音程表現にリズムの良さを併せ持つ素晴らしいシンガーです。また詩の創作に関しても、人間に対する優しい眼差しと臆することなく等身大の自己を包み隠さない作品はファンの心を掴みます。ギターのkubotaは殆ど全作品の作曲と編曲を担当していると思われますが、その作品の範囲の広さに関わらずどれもが魅力的で表面上のカラーに留まっていないことは、このバンドの深さに大きく寄与しています。そしてギターの演奏が会うたびに進化していることに驚きます。リーダーのtowadaはバンドの方向性に関しての的確なポリシーを持ち、非常に男気に満ちた存在です。ステージの進行の細かいことを殆ど指図しないのは、既に基礎的なことができがあっている自信のためで、このことは有能なリーダーの重要な条件のひとつであることは間違えありません。そしてJ-popのポピュリズムに流されることなく、ライブではこちらが心配するほどにアグレッシヴな(ある意味ジャズバンドにおいても崩壊の危険のある)ドラミングを選択することに躊躇を感じません。

僕は11歳の頃からジャズに魅せられましたが、中学高校の頃にはポピュラーも大好きでした。限定的ですがCHICAGOやBST,そしてS&Gです。そのためジルデコのアンサンブルに参加することは、ノスタルジックな楽しみという側面もあったのです。しかしながら良くある考え違いです。その程度の考えではこのバンドに有益な音楽的協力を提供したとは全くもって言い難い。具体的には変拍子に対する適応が、若い演奏家に想像以上に立ち遅れていたこと。これは喫緊の課題であり、今回のステージで知らされた自分に対する警鐘です。

多くを教えてくれた若いミュージシャンたちに感謝し、もっと自己を研鑽して彼らに返さねばなりません。


by sunrisek6 | 2014-03-24 12:10 | ライブ
2014年 03月 24日

ジョリーフェローズのクリニック

今年も日本で最も古いい歴史を持つ社会人ビッグバンドであるジョリー・フェローズのクリニックが始まりました。7月のリサイタルは目黒パーシモン・小ホールでの開催です。
例年リサイタルのほぼ半年前からのクリニックを依頼されているため、メンバーの皆さんにお会いするのは半年ぶりでしたが去年の本番後の状態を維持されていたことに驚きました。

b0094826_1126276.jpg

(画像は過去のリサイタル)



この調子で行けば、このバンドは毎年確実に上手くなって行くでしょう。平均年齢は僕と同じぐらいになるでしょうが、音楽の向上に年齢が無関係であることをジョリー・フェローズは今後も証明していくことでしょう
b0094826_11244062.jpg


by sunrisek6 | 2014-03-24 11:27 | クリニック・レッスン
2014年 03月 19日

ジル・デコイ・アソシエーションのリハーサル

今月23日(日)にジル・デコイ・アソシエーション(ジルデコ)がビルボードライブtokyoに出演しますが、僕もゲストとして参加するためにリハーサルに加わりました。chihiRo(vo)、kubota(gt)、towada(ds)という3人のグループでカテゴリーとしてはJ-popの中に入るのでしょうが、この音楽的な緻密さと爆発力は10年一日のごとく演奏しているジャズバンドなどをはるかに凌駕するものでしょう。僕は3度目の共演となりますがメンバーの進化に目を瞠ります。楽譜を渡されたのが前日だったこともありますが、多少の練習で演奏できる音楽ではありません。特にアップテンポの5拍子などは一部のジャズマンしか演奏できない困難な技術の一つですが、サポートのミュージシャンも含め皆さんは完璧なのです。chihiRoさんに尋ねたら物凄い練習量だったとのこと、大いに見習わねばならないでしょう。僕としては大変な仕事を引き受けたことに大きなプレッシャーを感じてはいますが、実に魅力的な新たな知識を獲得するチャンスでもあります。昨夜もアップテンポの5拍子が夢に出てきましたが、その中では上手く吹いていました。ということは僕も練習すれば可能かもしれません。この素晴らしい音楽の足を引っ張らないように努力します。写真は屈託なく笑って見えますが・・・・(+o+)
b0094826_11231435.jpg


by sunrisek6 | 2014-03-19 11:24 | リハーサル
2014年 03月 19日

宇都宮ジャズ協会主催 スペシャルコンサート

この数年、ある友人のお招きで宇都宮市に良く赴きます。
ジャズの街と言われる宇都宮市は、年に2回のジャズクルージングというイヴェントを行っていますが、これに出演させていただいています。今回はこれとは別に、宇都宮ジャズ協会の依頼で、コンサートが企画されました。宇都宮在住のプロと、この街にゆかりの深いミュージシャンで編成されたバンドは、レベルの高いものでした。僕は最年長と言うことでリーダーを務めました。
b0094826_1056855.jpg

メンバーは岡田嘉満(ts)、倉澤大樹(p)、生沼邦夫(b)、高橋幹夫(ds)、そしてヴォーカルの遠藤さやが加わりました。
b0094826_10581710.jpg

皆さんそれぞれに手堅い演奏で、会場は大いに沸きました。
b0094826_105935.jpg

最後は時間をオーバーしてアンコール。熱い宇都宮の夜となりました。会長をはじめ、多くのスタッフの方に感謝です。特に老舗ジャズクラブ「近代人」のマスターにはお世話になりました!

by sunrisek6 | 2014-03-19 11:01 | コンサート
2014年 03月 17日

赤坂JOE

僕が在籍する以前の#&♭のピアニストだった蒲池猛氏。
当時の流行歌に「わたしの城下町」という曲があり、シャレが大好きな同バンドにおいてジョー蒲池という綽名が付き、そのまま芸名となりました。
オーソドックスな芸風ながら非常にワイルドな演奏です。しかしジャズのブルースフィーリングと生きの良さには見習うべき点があり、今日は氏の経営するお店でのセッションでした。
b0094826_22504479.jpg

ヴォーカルのKAORUさんとも数曲セッション。
そして今夜は生徒さんが二人参加してくれました。
このようなことはあまり無いことです。ライブハウスで彼女たちの演奏を客観的に聴くと、随分上手くなったな~と感じます。特に音色を褒められたりしていたようで、これは僕にとって嬉しいことです。
b0094826_22541830.jpg
b0094826_22545679.jpg

次回チャンスがあれば、今度はピアノの生徒さん達にも声を掛けてセッションにするのも楽しいかもしれません。

by sunrisek6 | 2014-03-17 22:59 | ライブ
2014年 03月 14日

studio Dedé

ジャズヴォーカリストの西村知恵さんのレコーディングが、池袋studio Dedéで行われました。
彼女は経験は長いのですが、今回がファーストCDとなります。
エラ・フィッツジェラルドを敬愛し、彼女の音楽的な歌い方を深く理解していますが、声質は全く異なるためにイミテーターに陥る愚は冒していませんし、またそのことを本人は良く熟知しています。とかく音程の悪さが気になるヴォーカルが多い中、濃いブルースフィーリンが漂う彼女の歌唱はそのことに目を向けさせませんし僕はそうであるべきだと考えています。またリズムも正しい位置を保つ能力があり、ジャズのリズムに関しては器楽奏者であっても勘違いしているプロが多い中、賞賛すべきことのひとつだと感じています。
b0094826_13545841.jpg

そしてこのアルバムに最大の貢献したのは、独自の世界観でアレンジと音楽の方向を決定づけたトランペットの高瀬龍一であることに間違えありません。とかく時代遅れのスタイルでヴォーカルを立てtる傾向にある日本のジャズ界において、自己の考えるジャズを通したことは高い評価を受けるべきでしょう。例えば美術において写実主義が最上だという狭量な批評家に、超現実主義の芸術作品について公の場で語る資格はありません。あくまで一個人の考え方としてのみ尊重されることは許されるのです。
b0094826_1415475.jpg

ピアノは続木徹、ベースは高瀬裕。
b0094826_145166.jpgb0094826_1444653.jpg
ベテランの流暢な演奏を披露していました。

ドラムスは小山太郎。
b0094826_147932.jpg

総合的に音楽を理解している彼は、的確なドラミングでバンドを引き締めます。
個人的にも広瀬潤次や安藤正則と同じように、そのシンバル・レガートだけで僕はソロをインスパイアされるのですが、それは今日の録音の「I can't give you anything but love」で実現しています。

この録音の成功した大きな理由に、Studio Dedeの録音技術の高さは決して忘れることはできません。
社長の吉川昭二氏はドラマーでもありますが、我が国最高のレコーディングとマスタリング・エンジニアです。
b0094826_14124668.jpg

ジャズを音として残し、多くの人々にその素晴らしさを伝えることは想像以上に重要なことです。また音楽家、演奏家も自分の本当の姿を客観的に見る機会を与えるのが録音です。もし稚拙な写真家が撮った写真ばかり見せられていれば、どんな俳優もモデルも自分に自信を保つことが困難でしょう。同じように楽器演奏家も粗悪な録音を聴いていると、自分の演奏技術の中で足りないものと正しい方向性の区別を付けようがありません。下手な録音は、音楽家に対する傷害罪を犯しているようなものです。メディアも同等の罪が適用されますが、ここでは割愛します。
とにかくstudio Dedeの録音は素晴らしい。プレイバックを聴きながら、モチベーションが上がって行くことは作品の出来に大きく影響します。昨年に椎名豊とのデュオの録音も評判が良かったのですが、今回も録音に関して素晴らしい作品となることは間違えありません。
b0094826_1421502.jpg

録音の岡本司氏。良い作品のために労を厭わない素晴らしいレコーディング・エンジニアです。吉川氏も彼がきっちり録ってくれるからミックス・マスタリングが可能だと教えてくれました。彼は音の良さは機材が良いからだと謙遜していましたが、耳と腕が良くなければこのような音には成りえないでしょう。最終的にメイクアップと魅力的な衣装を身にまとってのリリースは来月です。お楽しみに。

by sunrisek6 | 2014-03-14 16:05 | 録音
2014年 03月 11日

あれから3年

今もあの日の記憶は鮮明です。
他のことは随分前のことに感じますが、3月11日は昨日のことように記憶が甦ります。
b0094826_19463065.jpg

この思いを風化させてはならないという意見がありますが、悲しい思いは風化させて忘れることも一つの考え方です。
なぜなら、大事なことは決して記憶から消去することなどできないからです。
日本人はこの空前の巨大な災害に見舞われそのために多くを失いましたが、忘れてはならない我々の存在している理由と価値を再認識しました。
この災害で命を喪った膨大な数の魂に心から追悼の意を表すると共に、我が国が誤った方向に舵を切らないことを現実的に応援することがお亡くなりになられた方々の一番の供養になると信じます。

by sunrisek6 | 2014-03-11 20:00 | 社会
2014年 03月 09日

三鷹・ブルームーン

来週レコーディングがあります。
ジャズ歌手の西村知恵さんのファースト・アルバムの録音です。
彼女は高瀬龍一セクステットのライブは必ずと言ってよいほど聴きに来る熱心なジャズファンでもありますが、これまでステージで共演したことはありません。レコーディング前に是非一度彼女の歌を聴き、できれば少し吹きながら音楽的な呼吸を合わせてみようと思い立ち三鷹の駅へ向かいました。バンド用語で「遊びに行く」という言い回しをしますが、決して楽しみのためだけに遊びに行くのではなく若いころは大きな緊張を伴いながら先輩ミュージシャンのステージへ「遊びに」行ったものものです。シット・イン(飛び入りでの共演)はジャズの一つの醍醐味でもありますが、最近遊びに来る若手ミュージシャンも減り寂しく感じます。
b0094826_88452.jpg

さて彼女の歌を聴いて驚いたのは、僕の想うジャズの歌い方だっからに他なりません。最近素晴らしく可能性のある若手シンガーに出会いましたが、西村さんは経験も積んでいるだけ多くの表現方法を獲得しています。ジャズ・ヴォイスはジャズの核心ですが、そのブルース・フィーリングは人間そのものが滲み出てしまうものですから、ステージでは自分を音楽のみに捧げる敬虔な心理状態に自然に入らねばなりません。自分が魅力的に見えるように振舞うことはポップミュージックであって、ジャズの本質ではないのです。この夜は半分以上の曲目で共演して、刺激を受けたのは僕の方だったかもしれません。池袋の録音スタジオ dede は先日もデュオのレコーディングを行った場所で、実に腕の良いエンジニアがいるために二重の意味で楽しみです。しかしながらこのようなことを言った手前、底の浅い演奏にならぬように緊張するところでもあります。

by sunrisek6 | 2014-03-09 08:24 | ライブ
2014年 03月 07日

六本木・サテンドール

クインテットでの演奏でしたが、ここ六本木サテンドールでは初めてのことです。岡崎好朗とフロントを組み、トランペットとサキソフォンのサウンドのブレンドを演奏者自身が楽しむ結果となりました。
b0094826_1234136.jpg

昨年の暮れから修正してきたサキソフォンの吹き方が、ようやく実をつけ始めた感があります。その効果として最も大きいことは、頭の中で響く音楽を現実に表現すことがこれまでに比べて可能性を帯びてきたことでしょう。今泉正明の前向きな音楽性にも刺激され、過去のフレージングを繰り返す愚を犯すことが回避できました。またベースの生沼邦夫のヘビーなビートは安定したリズムを供与し、アイデアを表出する助けとなりました。
b0094826_1239385.jpg

ドラムスの安藤正則は音楽に対して実に謙虚で、自己の向上へと努力を惜しみません。先月は一カ月ほどニューヨークに滞在し、ジャズを研鑽してきました。その姿勢と人間性が彼のドラミングに聴き取ることができます。
ドラマーといえば、ジル・デコイ・アソシエーション(ジルデコ)のリーダー、ドラマーのtowadaが遊びに来てくれました。彼とジャズクラブで共演するのは久々のことでしたが、ソリストに語りながら寄り添ってくる演奏スタイルはエルヴィン・ジョーンズやジャック・ディジョネットなどのやり方です。
b0094826_1247199.jpg

ジルデコは今月、東京ミッドタウン内、ビルボードライブTOKYOに出演しますが、僕もゲストとして数曲共演する予定です。
お客様は少なかったのですが、音楽を心から楽しむ方が多かったのでバンドの演奏は快調でした。さてそろそろレパートリに新しい風を吹き入れなければなりません。

by sunrisek6 | 2014-03-07 12:53 | ライブ
2014年 03月 02日

浅草・スマイル

浅草のスマイルでトリオ。サックス・ピアノ・ベースの編成です。
b0094826_14543446.jpg

ピアノと今泉正明とベースの生沼邦夫とのトリオは初めてですが、個人的に非常に楽しく有意義な演奏になったことを嬉しく思います。
このところご無沙汰していたビリ・ストレイホーンの「Chelsea Bridge」を吹きましたが、昔よりも発見することが多くて我ながら驚きます。そして「Invitation」にも多くの汲み取るべき要素があることを再確認して、音楽的に新たな道が開かれていることに安堵しました。

b0094826_15061723.jpg
お店のママさんでもあるヴォーカルの高橋エミ。 彼女の誕生日は2月29日なのでオリンピックと同じです。4年に一回しか年を取らないのは羨ましいですね。
彼女は小学ぐらいの年齢ということになります。 今日は3月1日ですが、一曲美声を披露してくれました。
雪の予報に懲りたせいかお客さんは少なかったのですが、音楽的な内容は充実していて幸せな気分で帰途につきました。
(画像は《かちゃくちゃねえラビリンス》http://cachanee.exblog.jp/より戴きました)


by sunrisek6 | 2014-03-02 15:14 | ライブ