藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 25日

映画鑑賞


 台湾映画「KANO」を観てきた。これは日本統治時代の台湾にあった嘉義農林学校(かのう)野球部が台湾代表として甲子園で決勝戦まで勝ち残っていく実話を映画化したものである。部員は日本人、漢人(大陸から渡来した民族)、蕃人(台湾先住民族)の混成による。決して映画製作の技法が優れているとは言えないし、多くのサイドストーリーを盛り込み過ぎたことで上映時間が長い。しかしながら高校野球がその技量においてはプロ野球に及ばずとも、スポーツとしての本質が多くのファンを虜とすることと同様に「KANO」もまた私達の心に強く訴えるものがある。大上段に振りかぶった物言いはとかく批判の対象とされがちではあるが、真意を語れない世の中のどこが自由で文明的なのだろうか。

b0094826_1712451.jpg

 この作品は日本の企業がスポンサーになって製作したものではないし、日本政府の外交政策のひとつでもない。1995年の下関講和条約において日本は台湾を割譲した。無論台湾内に全く反対が無かった訳で無く、様々な抗日戦線も存在した。しかしそれにも関わらず、多くの台湾人は現在も当時の日本人に対して強い友愛と感謝の気持ちを持ち続けている。私の父は1917年に台湾の台南市で生れ、終戦の1945年まで9人の家族はこの地に住んだ。長男は南方戦線で帰らぬ人となり、父も中国戦線に従軍した。叔母たちから聞かされた話の中には、台湾人と日本人の間に強い友情が散見する。
 この作品はその意味で日本統治を美化してなどいない。これが歴史の事実であろう。台湾人自らが撮り、そして台湾国内で最高の評価を得ていることはその証左である。作品中に八田ダムを造った八田与一も登場する。いまだに台湾の英雄であり続ける八田と同じ血を受け継ぐ現代の日本人は、彼の偉業をどのように感じるであろう。
 歴史修正主義という言葉が横行しているが、この作品は修正では無い。これこそが台湾人の真実であり、映画というものは本質が抽象されている限り脚色は虚偽ではない。決勝戦に導いた松山市出身の近藤兵太郎監督の言葉が心に残る。「勝とうと思うな、何が何でも負けぬようにしろ。」これは音楽に携わるわが身にはこのように聞こえてくる。「良い演奏をしようと思うな。嘘の無い演奏をしろ。」
 馬志翔監督作品、永瀬正敏主演。180分。殆どが日本語で進行。新宿バルト9、こうのすシネマなどで上映中。

by sunrisek6 | 2015-02-25 17:01 | 文化芸術
2015年 02月 22日

最近のステージ

まず2月16日の大塚ドンファンのライブ。
リーダーはギタリストのピーター・モンゴメリー。ピーターとは2年ぶりの共演でしたが、20年来の知己の間柄です。彼と話をしていると自分の英語力の無さに愕然としますが、勉強していないのであるから致し方ない事です。

彼から学ぶべき点は大きく二つ。演奏曲目に何らかの形で自分なりに大きく変更を加えること。例えばベニー・ゴルソンの「Along came Betty」はファンクビートでのアレンジ。シャウトコーラスはやらないのか、と尋ねたらやらないとの返事。知らないのか、と思っていたら曲想に合わないとのこと。この簡単なやり取りが英語では難しい。ともあれ演奏してみれば、当該の曲に新しいニュアンスを吹きこんだようで感服。大いに教えられました。なかなか自分では踏み切れないところです。
b0094826_10154789.jpg


もうひとつは練習して獲得したフレーズを飽きずに何度も演奏すること。これは前々から考えていたことですが、日本人よりも欧米人の方が反復練習が得意ですね。彼らは気に行ったフレーズがあれば、実に飽きもせず何度も何度も演奏する。このことがフレーズを深化させることにも繋がり、当然のように譜面は必要なくなります。日本人は譜面に頼りすぎでしょう。音大出身の僕が言うのも変ですが、読譜力など知性には入りません。

次のライブは西荻窪アケタの店。
ここはベースの紙上理リーダーによる、エリントンナンバーを中心としたセプテット。題してエリントニアン・Seven。エリントニアンとはデューク・エリントンの伝説的なバンドに在籍していたミュージシャンを指すのですが、拡大解釈してこのバンドに深い尊敬の念を持つ音楽家の集団と言うところでしょうか。
b0094826_10251383.jpg


メンバーは実に興味深い。このバンドの音楽監督はピアノの元岡一英氏。秀逸なアレンジメントで在米期間が長かった方だけあって、どの楽曲も単なるコピーや真似には終わりません。その上、ジャズの本質を損なうことなく独自性を表現するところは多いに参考にせねばなりますまい。テナーの高橋知己氏は僕がこの世界に入ったころのスターであり並んで吹けることに感謝しますが、さすがに隙の無い即興演奏に感服します。もうベテランの域に入った松島啓之はジャズトランペットを益々究めつつつあり、この楽器のブルースフィーリングをいかんなく発揮していました。
意外なゲストも参加。ドラムの巨匠、渡部文男氏。どうも日取りを間違えていらっしゃったらしく、ご本人はがっかりされていましたが、僕としては数曲でも共演できたことが幸運な出来事でした。
b0094826_10365221.jpg

諸先輩方の演奏を聴き共演すると、実に実直な魂の吐露を感じずにはいられません。功利的な音楽は微塵も感じず、これはそうでないとジャズとして人前で演奏する価値はないのでしょう。
次回はスケジュールが合いませんでしたが、また参加できることを期待しています。

by sunrisek6 | 2015-02-22 10:38 | ライブ
2015年 02月 13日

T.N.Swing Jazz

今ジャズファンの間で話題になっている秋葉原駅近くの岩本町に開店した「T.N.Swing Jazz」。
この店は毎日フルバンドでのライブを繰り広げる、現在の日本のジャズの状況には考えられない豪華な空間です。
b0094826_9483762.jpg


珍しく純粋に観客として行ってきました。もちろん楽器も持たずに手ぶらです。
ニューヨークのジャズクラブのインテリアを想わせる店内は、ビッグバンドの音響なども考えられていて適度な残響音で、生音で充分に楽しめる環境にあります。今日は客ですから、無責任にギムレットを片手にジャズを楽しんでいれば良い訳です。そして本当に楽しめました。
これまでも数多くのアメリカやヨーロッパのビッグバンドを聴きに行きましたが、日本人のバンド、それもこれまで何度も共演してきたバンド仲間の集合された音楽を聴くのは初めてです。共演バンドのリハーサルを客席で聴くことはあっても、お金を払って聴きに行くのは初めてです。

レパートリは比較的古いアレンジが大半を占めていました。ビバップ以前のビッグバンドの形態で、ブルースフィーリングよりもハリウッド的ビッグバンドとも言えるでしょうか。その中でも定番のカウント・ベイシー・ビッグバンドのナンバーは特に楽しめました。僕としても、曲によっては本番で100回ぐらい吹いている曲もあります。

客観と主観とは厳密に考えれば区別できるものではないのですが、客席で聴くことは客観性を多分に経験することになります。能楽で「離見の見」というものがあり、これは観世流の秘儀ですが、客観と主観の世界に同時に存在しうる態度はミュージシャンに必要でしょう。それができれば反面教師などと了見の狭いことは考えずに、自分にできない何か重要な音楽的なアイディアが飛び込んでも来る訳で、4杯のカクテルの力だけではなく素直に音楽が楽しめる訳です。
しかしながらステージの方々はやりにくかったでしょう。僕も逆の立場なら同業者の視線を意識してしまうでしょうが、ニューヨークなどでは日常です。ミュージシャンは仲間の演奏を実に良くチェックします。その意味でも幸せな気分になるライブでした。
残念ながら僕はどのビッグバンドにも参加する気持ちはありません。理由は色々あるのですが、もう卒業を許されても良い時期であろうと考えます。もし長年お世話になった卒寿を迎えるリーダーのワンナイトスタンドがあるなら、その時だけは楽器を持って駆けつけようと思っています。

by sunrisek6 | 2015-02-13 10:13 | ライブ
2015年 02月 07日

四谷天窓

ヴァイオリンのSaoriさんの1stジャズライブへ行ってきました。

彼女は音楽大学を卒業したヴァイオリニストですが、ニューヨークでジャズに触れて音楽的な方向を変えるべく努力しています。実は僕のところへ習いに来ている生徒さんの一人ですが、最初はヴァイオリンでのレッスンはお断りしようと思っていました。理由は二つあり、まずジャズの味付けにしかなっていない事象ジャズヴァイオリンが巷間には多く存在し、そのようなレッスンをしても詰らないから。もうひとつは当然ですが、僕は鑑賞する以外にこの楽器の知識が殆ど無いに等しいことです。

b0094826_9405386.jpg

ところが彼女はジャズヴァイオリニストに関しては僕と意見を同じにするところであり、またこれまでもピアノやフルート、ヴォーカルの生徒さんもいたことを考えれば、ジャズを伝えることに楽器の種類は関係ないと思いました。最初に選んだ曲はチャーリー・パーカーの演奏する「Donna Lee」で、彼のソロもフルコピー。その後はブルースを勉強して現在に至っています。

b0094826_9412378.jpg

四谷天窓は元々四谷にあったのですが、高田馬場に移転しました。エレガントな夜を演出するセンスの良いライブハウスは、彼女のお客さんんで満席でした。若手のミュージシャンと共に、選ばれたジャズの名曲の演奏は進んでいきます。レッスンを初めて一年余りということを考えると、その成長は非常に速いと言わざるを得ません。そして何よりも感心したのは、全ての曲がジャズの本質に向かうべく設定されていたからです。

観客は知ってる曲があれば単純に喜ぶという考え方は間違えています。彼らは質の高い音楽を理解したいという知的欲求に溢れています。そうじゃない人は、何を演奏しようが決してリピーターにはなりません。ポップス中心に演奏しているバンドのライブハウスを覗けば、ことの真実はおのずと分かります。根本的には演奏する側が、実は本格的なジャズを好まない、或いは演奏する自信も、前進的で先鋭的なジャズを本心からは理解していない理由に因るのでしょう。そのようなことを考えると、今夜のステージは立派なものです。

b0094826_9413515.jpg

最後に2曲ほど共演しました。ローチ・ブラウンの傑作「Jordu」とハンコックの「Cantaloupe Island」です。今後の益々の発展を期待します。

by sunrisek6 | 2015-02-07 08:56 | ライブ
2015年 02月 04日

新宿・サムデイ

考えてみたら、この店でのレギュラーカルテットでの演奏は初めてでした。
新宿サムデイでのライブです。
やはり彼ら(椎名豊・本川悠平・広瀬潤次)のトリオと共に演奏することは、自分の音楽を表出するために非常に重要です。しかしいつも自分の実力が、頭の中にあるサウンドに不十分だと感じています。その差異を少しでも均衡させることが課題なのですが、昨年末からの音色の変更は大きな変化に繋がりました。
b0094826_23542826.jpg


何が不満だったかと言うと、音楽が始まる1秒か2秒後に感じる音の出方、その瞬間の色としか言えません。
そして何をどのように修正したかと問われれば、軟口蓋の拡大と、倍音の発生へのアンブシュアの自由な権利の行使容認です。これまでは意識的、無意識的に制限を加えていました。この方法での賛成できない音を多く耳にしてきたからです。そのため若年の頃の渡米後もこのやり方を選択しなかった訳ですが、これは誤りでした。今は五割増しの排気量の車に乗り換えたような気分です。速度も出せますが、低速走行の安定性こそ求めていた音像に近いものを感じます。

b0094826_0133786.jpg


またひとつ記憶に残るライブとなりました。お聴きになられた方からも同様なフィードバックがあり、このことは観客の皆さんの音楽性の高さを示すものでしょう。

by sunrisek6 | 2015-02-04 00:11 | ライブ