藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 06月 12日

菊川・ナージュ

都営新宿線で西へと向かうと、ここも東京の下町。
錦糸町の少し南に「菊川」という駅があります。
ナージュはここにあるライブハウス。

小奇麗な店とは言えませんが、僕たちが若い頃からやってきたジャズハウスの感じがあります。
だいたいにおいて吹きやすい音響を持っていて、ここも例外ではありません。

バンドは75歳のベテラン、原田イサムのグループ。
ちょっと元気が良すぎるぐらいですね。
ジャンルを問わず白熱した演奏。



ピアノは立野みちこ。
このピアニストは上手ですよ!
もっとたくさんライブをやるべき人です。
無難に古いスタイルへと固まってしまう人が多い中、彼女はオーソドックスでしかもオリジナリティーを持っています。
近辺にお住まいの方、ぜひ一度いらっしゃってください。

# by sunrisek6 | 2006-06-12 15:41
2006年 06月 10日

大山日出男セクステット

新橋・サムデイでのセクステットのライブ。
今日はメンバーなどを紹介します。


バリトンサックスは宮本大路。
18歳で上京したときからの友人です。
この日は正確なオリジナリティーが揺るぎません。

ドラムスは田鹿雅裕です。
同郷人、この潜在能力はまだ未知数。


片岡雄三、トロンボーン。
超売れっ子のプレーヤー。
超絶技巧に加えて歌心も迫ってくるものがあります。

ベース、高瀬裕。
最近の進歩には目を見張ります。
とても信頼しているベースです。



ピアニスト、西直樹は僕にとってなくてはならないプレーヤー。
音楽理論、リズム、ブルースフィール、精神性、どれも参考にしています。




この日は新旧取り混ぜての演奏。
質的にはこれまでのステージの中で最も高いものとなりました。
まずアンサンブルが気持ち良い。
このサウンドは、是非聴いていただきたいと思います。



カルフォルニアの大学からたくさんの学生さんが来てくれました。
台湾系アメリカ人がほとんど。
僕は台湾の人たちが大好きです。
ステージで記念撮影をしました。

# by sunrisek6 | 2006-06-10 09:13
2006年 06月 08日

水上まりレコーディング

池袋のヤマハミュージック・センターのスタジオでの録音。
リハーサルも入れて三日間で10曲ほど録り終えました。
水上まりのファースト・アルバムとなります。

水上まりレコーディング_b0094826_914830.jpg


彼女には最近、達人ヴォーカリストのマリア・エバを先生として紹介しました。
これはかなり正解。
プレイバックを聴いても確実に実績が上がっています。

演奏者にとっても刺激の多い録音となりました。
曲の種類が多岐に及んでいるためもあります。
しかし、なかなか良いプレイで終了したのではないでしょうか。

水上まりレコーディング_b0094826_973175.jpg


あとはマスタリングで音の化粧をして終わり。
この作業には参加する予定です。

# by sunrisek6 | 2006-06-08 09:09
2006年 06月 02日

サントリー・ホール

今日の演奏が無事に終了したので、この記事を書き込むことにしました。
先週の土曜日に、朝起きると左足のアキレス腱に軽い痛みがあります。
そのまま足を引きずるようにして仕事に行ったのですが、とんでもないことになりました。
痛みがどんどん増してきて、帰りには自力では歩行困難に。
整骨医院に飛び込んで足首を固定。



その夜は一年分の痛みを味わいました。

問題は数日後に控えた#&♭の55周年コンサート。
歩けないのではセンターマイクでソロを取ることができません。
幸いに理解のある腕の良い先生に恵まれて、松葉杖無しで歩けるようになりました。
本番はこの器具をすべて外さなければなりません。
靴が履けないからです。



結果的には満員のお客さんの前で、恥ずかしくない演奏ができました。
メンバーは皆、素晴らしいソロとアンサンブルを展開。
このバンドの底力が発揮されました。
一部のキューバンボーイズも名前に恥じない伝説のサウンドを披露。
原信夫の偉大さですね。

色々あったけれど、終わりよければすべて良し。
ご心配くださった皆さん、この場を借りて感謝をいたします。
ありがとうございました。

# by sunrisek6 | 2006-06-02 01:47
2006年 05月 18日

再度渋谷・KOKO

今日の渋谷・KOKOは山岸笙子4です。
この日の曲目も興味深いものが多かった。
バラードのNever let me go は新しいアイデアを表現するのによい素材です。
またコード進行の見方が変わったために、方法論が発展した曲も多くあります。

再度渋谷・KOKO_b0094826_12111615.jpg


しかし面白い曲が多いために、僕はついついやりすぎるきらいがあります。
もう少しオーソドックスな演奏を心がける必要があるかもしれません。

# by sunrisek6 | 2006-05-18 13:52
2006年 05月 18日

新宿・パークハイアット・ホテル

月に一度ほどお誘いのかかる、ピアノの大沢香織さんのカルテット。
このホテルのパーティーの使用料は日本一だそうです。
演奏するのはご覧のとおり、中二階に設置されたバルコニー。
新宿・パークハイアット・ホテル_b0094826_13385651.jpg



こういう演奏の場合は、観客と隔たっているほうが圧倒的にやりやすい。
また音響もよく、自然なPAシステムも好感が持てます。

しかい、ついつい考えている音列の実験をしてしまうのはいけませんね。
気をつけないと。

# by sunrisek6 | 2006-05-18 13:40
2006年 05月 18日

渋谷・KOKO

二ヶ月ぶりのレギュラー・カルテットでの渋谷・kokoです。
今日でピアノの西君とは3日間一緒です。
面白かった。
このバンドはみんな素晴らしい。
僕も変わっていきますが、メンバーも進化しています。

渋谷・KOKO_b0094826_13214247.jpg


またお客さんもすごく熱心に聴いてくれます。
やはりステージと客席の一体感は良いものです。

次回はトリオでの演奏となります。
また違った色合いになります。
どうぞいらしてください。

# by sunrisek6 | 2006-05-18 13:25
2006年 05月 18日

ブログを開設しました!

これまでの日記と掲示板を、このブログにまとめます。
題して「藍色の研究」!

自分の血に従って、ジャズを演奏していく気持ちを表しています。
英訳すると「STUDY IN BLUE」。
僕にとってのBLUEは単に青色ではなく藍なんです。

後日知ったのですが、台湾でのブルーノートの翻訳は「藍調」。
民族を超えても同じ感覚の人っているものですね。
ブログを開設しました!_b0094826_12231675.jpg


# by sunrisek6 | 2006-05-18 12:23