藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 13日

リディアン

リディアン_b0094826_10345626.jpg
リディアン_b0094826_10350416.jpg
リディアン_b0094826_10350934.jpg
リディアン_b0094826_10351339.jpg
新しいお店、リディアンでのカルテットでした。「リディアン・クロマティック・コンセプト」はジョージ・ラッセルが著わしたジャズの古典的理論の名著です。この近代的なスケールをお店の名前であることとは大きく関係しないのですが、この日もスタンダードを50年前の語法で演奏することはせず、いつも通りの近代のジャズ話法で終始吹きました。
観客の皆さんは何かを感じていただけたように思います。この日もファーストセットで席をお立ちになった方はいらっしゃいませんでした。皆さんは音楽に理解しやすい単純さよりも、何らかの強い表現を求めてくださいます。これは音楽家にとって最も感謝すべきことの一つです。
またこの日は片倉真由子という稀有なピアニストとの共演でした。彼女とカルテットで一晩ステージを共にするのは初めてですが、想像していた以上の高揚感を与えてくれました。
終了後に来ていただいたお客様と歓談し、その方々の目の表情から一定の水準に達したことを感じ安堵しました。初めてジャズのライブをお聴きになった方々も少なからずいらっしゃったのですが、暖かい感想メールを受け取り感謝しております。この日は広瀬潤次の秀逸なドラミングに、今更ながら舌を巻く結果ともなりました。ベースの本川悠平はいつもながら、奮闘してくれます。
個人的なことですが、高校時代の吹奏楽部の友人でトランペット(現在は日航の国際線の機長)である瓜生研一氏と幸せな邂逅も僕にとって大きなご褒美でした。

# by sunrisek6 | 2017-08-13 10:40 | ライブ
2016年 09月 11日

2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー

今年も無事に終了しました。
今回特筆すべきことは、音楽的に過去の呪縛から逃れられたことかもしれません。ジャズは過去の遺産、また信じられないほどの高みに達した先達が多く存在するため、概してその形を踏襲する魅力に負けてしまいます。しかしながら、ジャズはいつの世にも現在進行形の音楽であり、過去を振り返るとジャズそのものの定義に反することも屡々なのです。音楽的にジャズの歴史の上に自分のスタイルを立脚させることは当然ですが、模倣には思想がありません。

各会場での写真をご紹介します。
大山日出男カルテット
大山日出男(as)
椎名豊(p)
本川悠平(b)
広瀬潤次(ds)
ゲスト:片岡雄三(tb)
共演:ニュー・スイング・ドルフィンズ
福山市立中学高等学校

2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_114682.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11461875.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11463085.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11463861.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11464619.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11465779.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_114789.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11472685.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11473339.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11474284.jpg
2016年、大山日出男カルテット西日本ツアー_b0094826_11503295.png


このツアーの実現のためにご尽力頂いた多くの方々、貴重な時間を僕らの演奏会のためにお使いいただいたお客様に心より御礼申し上げます。

# by sunrisek6 | 2016-09-11 11:52 | ライブ
2016年 08月 07日

スカパー収録とDVD撮影

スカイパーフェクTVの公開収録が、新宿サムデイにおいて無事に終了しました。
スカパー収録とDVD撮影_b0094826_2355770.jpg

9月の第4日曜の12時より、ミュージック・ラボという番組で45分間放送されます。そしてここに数曲のボーナストラックを加えてDVD化され、これも9月にリリース予定です。3千円台での小売りになると思います。
スカパー収録とDVD撮影_b0094826_2361711.jpg

収録されるという状況下でも、現在考える最も新しいメロディーを可能性のある限り吹いてみました。このようなことができたのも、会場にいらしてくれた多くの皆様のお陰です。この場を借りて感謝申し上げます。
そして椎名豊を始め、トリオの類稀な演奏には大いに助けられました。
スカパー収録とDVD撮影_b0094826_2373237.jpg


# by sunrisek6 | 2016-08-07 23:07 | ライブ
2016年 07月 01日

【CD紹介】Joe Henderson In Japan

【CD紹介】Joe Henderson In Japan_b0094826_9343143.jpg

ジャズの名門レーベル、リバーサイドのライナーには次のように、「1970年前半のジャズシーンは、それを生んだ国においても低調であった。しかし日本においては話が違ってくる。日本の聴衆は完全な理解と深い知識でジョー・ヘンダーソンを認識していた。決して若いとは言えないジャズミュージシャンの創造する音楽は彼らに更なる熱狂を与えた。(後略)」
リズムセクションは市川秀男、稲葉国光、日野元彦。1971年、銀座「ジャンク」での実況録音。4曲目の[Junk Blues]をまず聴いていただきたい。聴衆を含めた我が国の音楽文化の高さに驚かれることだろう。

# by sunrisek6 | 2016-07-01 09:34 | 文化芸術
2016年 07月 01日

新宿・サムデイ

新宿サムデイでは珍しく、ヴォーカルセッションでした。
CDにも演奏で参加した西村知恵のリーダーライブ。
新宿・サムデイ_b0094826_9215788.jpg

彼女の歌はジャズ的に実にストレートな歌唱と言えます。
僕らが初心のころにチャーリー・パーカーなど先達の演奏をコピーし、そのビブラートや細かいニュアンスを真似したのと同様に、彼女もエラ・フィッツジェラルドのニュアンスをビブラートの速度まで模写したそうです。
そこがないと音楽家の独自性に磨きがかかりません。

また今宵は盟友の吉岡秀晃とも久々の共演。現在は異なるスタイルを歩む僕らですが、彼の音楽はスタイルなどという小さな枠組みなど超えています。だから僕も安心して現在の考えを示すことができました。
小学生の頃から知っているベースの小林航太朗の成長も忘れてはなりません。

# by sunrisek6 | 2016-07-01 09:30 | ライブ
2016年 06月 16日

池袋インデイペンデンス

池袋駅西口、東京芸術劇場の近くにあるインデイペンデンス。
決して広いとは言えないスペースですが、ジャズを演奏することと聴くことにはうってつけの場所ともいえます。
マスターのジャズを多くの人々に楽しんでもらいたい情熱が感じられます。
不思議なことですが、このようなことはお店の壁などに想いとして滲み込んでいるものなのです。

池袋インデイペンデンス_b0094826_995193.jpg


今日は若手とベテランのコラボレーションという構図です。アグレッシブに吹きました。
現在の僕は安定よりも開拓をしています。気を緩めると演奏に破綻が生じます。
ベテランの今泉正明(p)は要所を締め、濱田省吾(ds)は僕のフレーズの言葉尻を正当化させます。
伊藤勇司のベースは驚異的なビートを絶えず送り出して、僕を支えてくれました。

久々に録音して客観的に演奏を俯瞰します。音色にも若干の変化を加えているため、再生するときは正しいイコライジングに調整します。そうしないと良いところも否定してしまうし、悪いところを見逃してしまうからです。
結果として方向性は正しく、精度の問題であることが分かりました。
これには今まで以上の練習が必要です。
気力はあるので、体力が持つかどうかが成否を分かつことでしょう。
池袋インデイペンデンス_b0094826_1439111.jpg


# by sunrisek6 | 2016-06-16 09:23 | ライブ
2016年 06月 10日

新宿・サムデイ

カルテットは僕が最も力を入れる、音楽活動です。
この演奏が上手くいかなければ、他のどんなセッションも僕にとって意味のあるものではありません。
だからこのライブに来ていただける方々には、最大の感謝の気持ちを持っています。
新宿・サムデイ_b0094826_23253542.jpg

レギュラードラマーの広瀬潤次の代役として、安藤正則。もともと繊細なドラミングに大きな信頼を寄せていましたが、今日は強いパワーを感じました。
全体的な演奏も、このところないほどアグレッシブです。僕は今年還暦を迎えますが、そのことと音楽的に安定した完成との関係は全くありません。最後まで、前に進むだけです。今宵は新たなオリジナルと、少し冒険をしたアレンジメントを加えたレパートリ。
まだまだこなれているとは言えませんが、自分の中では可能性を期待してワクワクしています。

# by sunrisek6 | 2016-06-10 23:32 | ライブ
2016年 06月 08日

六本木・サテンドール

月に一度のサテンドール・スペシャル・セッション。
今宵のミュージシャンは、松島啓之(tp)、岡崎正典(ts)、椎名豊(p)、楠井五月(b)、マイク・レズニコフ(ds)でした。
ミュージシャンは共演者によってインスパイヤされます。会話に近いものですが、より内面の交流といったほうが良いでしょう。だから嘘は通じないのです。
六本木・サテンドール_b0094826_9451137.jpg

六本木・サテンドール_b0094826_9474753.jpg

自分の中でも何か一つ変わることができる予感を感じた一夜になりました。

# by sunrisek6 | 2016-06-08 09:49 | ライブ
2016年 05月 30日

浅草・SMILE

高橋エミのヴォーカルを中心としたセッションでした。
浅草ロックスの向かいにある、SMILEというお店です。
高橋エミはこのお店のオーナーで、ママさんでもあります。このご時世にお店を存続させるのは簡単なことではありません。それでもジャズ歌手としての想いを忘れずに前を見ている姿は立派です。

浅草・SMILE_b0094826_11171824.jpg

(ピアノ・出口誠)

曲間のトークはとにかく明るい。僕はあまり多すぎるトークは好まないのですが、彼女の素直な人柄が反映されているせいか、聞いていても楽しい。
彼女のトークの合間に、「ラブソングを演奏するときに、特定の女性を考えていますか?」という質問を受けました。僕は演奏してるタイトルの情景を思い浮かべて演奏しているのではなく、あくまでメロディーを美しく表現できるように努力している、と答えました。これは彼女も同じ意見でした。
普段と違う雰囲気でのステージでしたが、演奏に集中できました。このようなやり方も悪くありませんね。

# by sunrisek6 | 2016-05-30 11:25 | ライブ
2016年 05月 18日

六本木・サテンドール

サテンドール・スペシャル・セッションでした。
今宵のメンバーは三木俊雄、駒野逸美、関根敏行、吉野弘志、安藤正則。
六本木・サテンドール_b0094826_2321242.jpg


この企画はお店の心意気とも言える企画です。
何故ならチャージを通常の半額に抑え、ミュージシャンにはギャランティを支払っているからです。チャージバックにすれば、お店の赤字は軽減されます。ある意味、ミュージシャンに集客の責任を投げれば良いのです。

元来ミュージシャンが営業活動をするのは甚だ不本意なことではありますが、この状況下では協力したい気持ちになります。

そのことで、僕はいつもこのセッションの前には憂鬱な気分になります。まず毎回変わるメンバー一人ひとりのキャラクターと楽器の特性を考え、アレンジメントに修正を加えます。曲の選択と曲順も試行錯誤を重ねて決定します。ある程度広報しますが、最大の広告は良い演奏をすることだと思っているからです。
演奏前の不安は、大概の場合終了後に雲散霧消します。しかし次回はすぐにやってきます。
僕自身多くの秀逸なジャズマンと共演するわけですから、非常に勉強にはなります。この感謝すべき状態を維持するためには、今後も本番前の憂鬱な気分に負けず前を向いていかなければなりません。
最も有り難いことは、聴きに来てくれる方々です。

# by sunrisek6 | 2016-05-18 23:16 | ライブ