藍色の研究

sunrisek6.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 07日

高槻ジャズストリート

今年も高槻ジャズストリートに出演しました。
高槻市は大阪と京都の中間にある都市です。
今回で18回を迎えるこのジャズ・フェスティバルは、ボランティア・スタッフによる営利を目的としない理想的な運営の全国的な先駆けとなったものです。

今回も昨年同様に椎名豊をリーダーとするバンドで演奏しました。今年は本川悠平(b)と広瀬潤次(ds)に加え、片岡雄三(tb)が参加してクインテットの編成です。
高槻ジャズストリート_b0094826_8471976.jpg

全曲が椎名豊のオリジナルだったために、個人的には気の抜けないステージとなりましたが、このことが幸いしてか、大ホール、中ホールとも大盛況のうちに終了。

深夜のジャムセッションにおいては、地元のミュージシャンとの交流を含め、朝の3時まで演奏しました。
毎年恒例のジャズの関する講義では、まったく楽器を吹かずに45分間話をしました。生まれてこの方、これほど一人で長く喋ったことはありません。ほとんど筋書きを考えずに話をしましたが、これはジャズのソロと同じく即興性を重んじてみたかったからです。まあ、喋りの専門家ではありませんから大した話はできません。

最後の夜に、最大の感謝をしているフェスティバルの顔、(高槻の顔といっても過言ではないでしょう)北川潤一郎氏と二人でゆっくり話せたことが有り難い。
高槻ジャズストリート_b0094826_902710.jpg

17年前に人気のない高槻市のゴールデン・ウィークは、彼の発案で数十万人の人々で溢れる街へと変貌したのです。
このフェスティバルがずっと続くことを希っています。

# by sunrisek6 | 2016-05-07 09:03 | コンサート
2016年 04月 26日

ジャズ史に残る名盤トリビュート編

第二弾が出版されました。
演奏内容は悪くないと思うのですが、少しサックスの音が鋭く加工されています。まあ僕の責任ですが、それでも興味のある方はどうぞお聴きください。
詳細はリットー・ミュージックのページから引用いたします。
ジャズ史に残る名盤トリビュート編_b0094826_9142073.jpg


ジャズ・サックス吹きなら誰でも耳にしたことのあるアルト奏者の名盤/名演。オリジナルの雰囲気をそのままに、アルト・サックスとピアノのデュオ編成で楽しめる楽譜集が登場しました。ジャズ・ジャイアンツの言葉とも言える各奏者のオリジナル・フレーズを巧みに取り入れたアドリブ部分も大きな見どころです。本書のピアノ伴奏譜を使ってピアニストと2人で演奏するも良し、ピアノ伴奏が収録されたカラオケCDを使って1人で演奏するも良し、お好みの方法でお使いください。演奏は前作「ジャズ・スタンダード編」に引き続き大山日出男(as)と椎名豊(p)の2人が担当。国内最高峰のプレイヤーによる息のあった演奏は、鑑賞や勉強の対象としてもピッタリです。

【収録曲】
◎ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
◎ラヴ・ウォクト・イン
◎イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ
◎ザ・マン・アイ・ラヴ
◎レフト・アローン
◎ライク・サムワン・イン・ラヴ
◎スターダスト
◎ワーク・ソング
◎ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
◎エンブレイサブル・ユー
◎グリーンスリー ヴス
◎クインテッセンス
◎ザ・マスカレード・イズ・オーヴァー
◎ドナ・リー
◎ナウズ・ザ・タイム
◎コンファメーション
◎マイ・フーリッシュ・ハート
◎ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー
◎ジャスト・フレンズ
◎ワルツ・フォー・デビイ

# by sunrisek6 | 2016-04-26 09:10 | 文化芸術
2016年 03月 28日

レコード鑑賞会

ホームレッスンの生徒さん方を集めて、上野陽一氏のオーディオルームでレコード鑑賞会をしました。
上野氏はパイオニアにお勤めのときからの知己で、ジャズライブへ足繁く通われジャズへの造詣も深い。長年の経験からお造りになった、独自の最高水準のセットを聴かせていただき、4時間弱はあっという間でした。あたかもライブステージを感じさせる音に僕も生徒さんも、ジャズの歴史的名演を堪能しました。
レコード鑑賞会_b0094826_8305339.jpg
レコード鑑賞会_b0094826_831336.jpg

少なくともジャズという音楽は、データやウェッブサイトの貧しい音で理解などできません。まずベーシストの雄弁さを聴き取るべきで、これはPCのスピーカーや圧縮した音源では無理です。ライブを聴くのが最も良いことですが、既に鬼籍に入った名演奏家たちの音楽的遺産は良い条件で再生するほかに方法がありません。そしてかっこの遺産に耳で触れることで、新しい音楽の方向性も生まれます。
非常に有意義な時間を過ごせたことを感謝します。
左から上野恒子さん、上野陽一さん。

# by sunrisek6 | 2016-03-28 08:38 | 文化芸術
2016年 03月 25日

六本木・サテンドール

六本木サテンドール・スペシャルセッションでした。
六本木・サテンドール_b0094826_9552432.jpg

今日のメンバーはルイス・パジェ(tp)、岡淳(ts)、片倉真由子(p)、伊藤勇司(b)、濱田省吾(ds)
初顔合わせでもあり、新鮮な気持ちでのセッションとなりました。
演奏曲目はジャズメッセンジャーズのライブラリーを中心にしたのですが、このようなセクステットのセッションではオーガナイズされたアレンジメントが必要で、またジャズメッセンジャーズならば演奏者もイメージを共通することができるからです。
このセッションは毎回演奏者を特定せずに、様々なジャズミュージシャンを出演させる方向で考えられていますから、短時間のリハーサルでアンサンブルをまとめなければなりません。
いつも共演者たちにはその意味で感謝しておりますが、今日は一人のミュージシャンからそのことについての賛意を知らされました。
六本木・サテンドール_b0094826_15255828.jpg

ジャズクラブのセッションが完全にリハーサルなしで行われることも多々あります。それぞれのミュージシャンはその場において音楽的な技量を試されるわけですが、これはジャズのだいご味でもある半面、準備なしのいい加減さが露呈することもあります。あまりに恣意的な演奏は面白くなく、これができ得るのは一部の天才でしょう。世界に目を向け見れば、さも自然発生的に演奏しているように見えながら、事前には綿密な意思の疎通と集中的な音楽上の権力の行使があります。音楽は生半可な民主主義など児戯に等しいのです。
六本木・サテンドール_b0094826_10124335.jpg

久しぶりに練習の重要さと、ジャズという音楽への絶対的な信頼を思い出しました。この熱い気持ちが一生を通して燃え尽きないようにすることのみが、僕のような音楽的凡人の唯一の道です。

# by sunrisek6 | 2016-03-25 10:16 | ライブ
2016年 03月 07日

町田・ニカス

10年ほど前まで僕のカルテットのレギュラー・ピアニストを勤めて頂いた元岡一英氏。
氏が週末にマスターを買って出られた、町田のジャズハウスの老舗である「ニカス」でのライブ。
僕のカルテットとしては初出演です。

このお店は何と言っても、まずレコードの音響が抜群です。
セットも非常に秀逸なものですが、音はお店の空気にも影響されます。
珍しく超自然的な物言いをしていますが、僕は唯物論者ではないので、このようなことは充分に起こりえることと普段から考えているのです。

町田・ニカス_b0094826_13242631.jpg


それは実際に演奏しても同じことが言えます。
このお店のお客さんも含めて、実にジャズらしい良い音がするのです。
アップライト・ピアノでしたが、椎名豊はいつも通りのエネルギッシュでジャズへの愛に満ちた演奏。
急遽お願いしたベースの高瀬裕は、さすがなプレイでカルテットに重厚さを寄与。
ドラムの広瀬潤次は、全体を包むビートで、さながら音楽の方向舵を握る操縦士のようでした。
町田・ニカス_b0094826_133007.jpg

その興味深いソロは複雑で、良く聞いていないとロストしてしまいます。
今宵も危ない瞬間がいろいろあった、の図です。

次回の出演は、7月30日(土)。
小田急町田駅から徒歩2分。
どうぞお越しください。

# by sunrisek6 | 2016-03-07 13:34 | ライブ
2016年 02月 26日

原信夫氏を囲んで

僕が在団したのリーダーである原信夫氏は、今年で90歳を迎えられます。卒寿、これは凄いことで、お祝いをせねばなりません。
慈恵医大で長く日本のジャズミュージシャンの主治医を買って出て頂いた赤羽先生の主導で、11月にパーティーを開催することになりました。前田憲男、北村英治、ペギー・葉山、阿川泰子(敬称略)他、日本のジャズ会を牽引した方が一同に会します。ごく内輪の会ではありますが、200人にはなるでしょうか。そして#&♭のファイナル・コンサート当時の最終メンバーもステージに控え(僕もその中に入りますが)、かなり豪華な「祝う会」になりそうです。今日はその第一回目の会合を原さんのご自宅近くの広尾で開きました。
原信夫氏を囲んで_b0094826_22334820.jpg

写真右から、原信夫、五十嵐明要(アルト・サックス)、原田忠幸(バリトン・サックス)、赤羽紀武(医学博士)、僕、大原基良(クライテリア社長)、服部セイコーの代表取締役、服部真二氏は所用で途中退席されました。

人数に限りがあるため、こちらの会で招待状を発想いたします。
しかし皆様に朗報です!

11月19日〔土曜)の昼に、浜松アクトホールにおいて、原信夫とシャープス&フラッツの一夜限りの復活コンサートが決定しました。浜松での開催は西日本からも、東日本からも便が良いためベストな選択です。チケットの売り出しは追ってご連絡いたします。
紆余曲折ありましたが、実現できたことを幸せに思います。

# by sunrisek6 | 2016-02-26 22:51 | 友人
2016年 02月 22日

六本木・サテンドール

毎月の恒例となりつつある、六本木・サテンドールで行われるスペシャルセッションでした。
今回も日本ジャズ界の俊英を集めました。
六本木・サテンドール_b0094826_10203940.png

赤塚謙一(tp)、佐藤達哉(ts)、福田重男(p)、生沼邦夫(b)そして広瀬潤次。

今宵のメニューは、
On green dolphin street
Watermelon man
Record a me
One by one
Desert moonlight
I remember Clliford
In case you missed it
With hunt
The cape Verdean blues
Nutville

これにバラードで
Central park west,Quintessenceが加わりました。

2時間以上前に会場に集まりリハーサルを行いますが、それでも毎回始めてのバンドが出来上がります。
良くジャズはぶっつけ本番のセッションで成立する音楽で、これhがジャズの醍醐味であると言われます。
この意見に反論するものではありませんが、リハーサル無しでは音楽的なグループスンドは期待できません。アンサンブルは即興演奏へと続く重要なカタパルトなのです。テーマの提示が心もとない演奏など、最初から観客との理解の接点を拒んでいるかのようです。
僕は一般のリスナーに迎合したジャズには興味がありませんが、観客を無視した演奏もやりたくは無いのです。
また雰囲気が優先され、音楽家の技量を忘れて能書きだけ言っても仕方ありません。
ジャズミュージシャンは一種の職人でもあり、自分の人生観から形而上学的に音楽を演繹することが仕事ではありません。そんなことで観客に満足を要求するのは、子供じみた考え方です。

来月は3月17日〔木曜日)。
ルイス・パジェ(tp)、岡まこと(ts)、片倉真由子(p)、伊藤勇司(b)、濱田省吾(ds)。
この初顔合わせセッションは、かなり期待できます。
どうぞサテンドールへお越しください。

# by sunrisek6 | 2016-02-22 10:44 | ライブ
2016年 02月 21日

オペレッタ鑑賞

東京の王子駅そば、北とぴあ・つつじホールで行われたオペレッタを観にいきました。
オペレッタ作家として有名なエメリッヒ・カールマンの作品で、「伯爵家令嬢マリツァ」です。
以前にシュトラウスの「こうもり」などをDVDで見たことはありますが、オペレッタを生で観るのは初めてでした。

オペラに似ているのですが、少し形式に違いがあります。
パリのコミック座などでの一部の演目には台詞部分がありますが(ビゼーのカルメンなど)、一般的には台詞部分をレチタティーボという形式で歌います。
ところがオペレッタは演劇と同じく、台詞つきの芝居部分が頻繁に挿入されます。
この形が現在のミュージカルの基盤となってるといっても良いでしょう。

オペレッタ鑑賞_b0094826_10102638.jpg


主役はマリツァ役に柳澤涼子、タシロ役に田代誠。
僕はこの世界に詳しくは無いのですが、お二人とも高い評価を得ている声楽家です。
また脇を固める共演者も実に充実。
3時間の上演でしたが、心から楽しめました。
ジャズを教えているヴァイオリンの生徒さんが出演されていたのが鑑賞のきっかけでしたが、機会があればまた観行きたいと思いました。
皆さんもいかがでしょうか。

# by sunrisek6 | 2016-02-21 10:20 | コンサート
2016年 02月 20日

同窓会

出身高校は福岡市(博多)の公立高校です。
その高校の同窓会がありました。部活などではなく、同期の同窓会。
一学年に600人弱の生徒数でしたから、3年間一度も同じクラスにならない同窓生も数多くいます。
福岡から東京に居を構えた学友は、殆どが大企業に勤めています。
僕の年齢だと、役付きが多いですね。

実に40年ぶりの再会となりました。
高校時代の僅か一年間の思い出を共有しているに過ぎず、彼らの人生の重要な部分は全く分からないという事実に関わらず、なぜ急に40年間の時が融解するのか不思議なことです。

同窓会_b0094826_22165273.jpg


この日は27人の参加でしたが、残念ながら集合写真を撮り忘れました。
僕は高校入学直後に落ちこぼれて劣等生として3年間を過ごしましたが、彼らは一流国立大から大手電気会社の研究室の主幹や建設会社の一級建築士です。
自分の人生とそれぞれの人生観を俯瞰し、相手の気持ちを忖度できる歳になってきたのかもしれません。

# by sunrisek6 | 2016-02-20 22:30 | 友人
2016年 02月 14日

蕨・Our Delight

昨年の暮れにオープンした、JR蕨駅前のOur Delightというお店でのライブでした。
新しいお店は、いつも新鮮な気持ちで仄かな期待感も生まれます。
まあ大概の場合は何も変わらないものですが。
蕨・Our Delight_b0094826_1711627.jpg


レギュラー・カルテット(椎名豊、本川悠平、広瀬潤次)による演奏は水準に達するもので、この水準とは僕が考えるジャズの合格点なのですが、現在も少しずつ上がっているようです。学校の試験ではありませんから、合格点を取って喜んでいるわけにはいきません。しかしこの基準に満たないと感じる演奏に堕ちる可能性はいつも孕んでおり、安心などできないのです。

蕨・Our Delight_b0094826_1782913.jpg


# by sunrisek6 | 2016-02-14 17:09 | ライブ